• 栃木

第5回 もてぎ7時間エンデューロGW

開催月:

このイベントは開催を終了しています。

第5回 もてぎ7時間エンデューロGW.png

速さや勝負を競う競技ではなく、楽しんだもの勝ちのイベント、それが、もてぎ7時間エンデューロ。 家族や友人との思いでづくりに参加する人、競技として記録にチャレンジする人、練習として参加する人。コスプレでとにかく目立ちたい人も。子供から大人、 初心者から上級者まで、とにかく誰でも楽しめるのがもてぎ7時間エンデューロ!

開催概要

イベント名称
第5回 もてぎ7時間エンデューロGW
開催期間

2017年05月03日(水)

応募締切り
2017年3月31日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

栃木県

参加資格

4歳以上

開催種目・コース

■種目について
・競技中の選手交代は、あらかじめ定められた各チームピット前のピットレーンにてチーム用計測タグの交換により行います。
選手交代のタイミングは、同一チーム内で自由に行えます。
・使用する自転車は同一チーム内であれば共有することができます。
・規定時間を過ぎてゴールラインを通過し、レースを終了した選手はピットロードに進入して各チームピットへ戻ってください。
※1 ロードウーマンについて:ロードウーマンは女性のみ参加できます。
※2 ファミリークラスについて:ファミリークラスは、成人女性1名と小学生以上中学生以下の子供1名を含むこと。
※3 ビギナークラスについて
・ビギナークラスは、初めて自転車のレースに参加する方を対象としています。
・2時間エンデューロに参加する前に、レースへ出場するためのクリニックを行います。
・ビギナークラスには表彰はありません。
※4 ひよこレースにはレース先導車が付きます。また、親の伴走(1名)も可能です。伴走ゼッケンは不要です。
※5 キッズレースは安全面上、親の伴走はできません
・「ロード以外」はロード以外の自転車
・「ロード他」はロードの他、MTB、クロスバイク、ミニベロなどのスポーツ車

詳細・スケジュール

参加料

2,000円~48,000円

参加定員

2017年1月12日(木)~3月31日(金)
※各種目定員になり次第締め切ります。
※全ての種目において当日エントリーはございません。

定員
■7時間エンデューロ 全カテゴリー合計600チーム
■4時間エンデューロ 全カテゴリー合計1200チーム
■2時間エンデューロ ロード、ハンドサイクル、リカンベント 合計600名
■2時間エンデューロ ビギナー200名
■ひよこレース1.5km 200名
■キッズレース3km 全カテゴリー合計200名
■キッズレース4.8km 全カテゴリー合計200名

集合場所

栃木県 ツインリンクもてぎ ロードコース

受付・開催スケジュール

5:00~ 受付開始(各カテゴリースタート時間の30分前まで対応)
7:00~7:50 コース試走
8:00 ひよこレース/キッズレーススタートセレモニー
8:00~8:40 初心者向けクリニック
8:10 ひよこレース
8:20 キッズレース低学年
8:21 キッズレース高学年
8:50 エンデューロスタートセレモニー
9:00 7時間エンデューロ
9:04 4時間エンデューロ
9:30 表彰式(ひよこレース/キッズレース)
12:45~13:50 2時間EDビギナークラス参加者向けレースクリニック ※メインステージ前集合
13:40 表彰式/抽選会(4時間エンデューロ)
14:04 2時間エンデューロ スタート
16:40 表彰式/抽選会(7時間エンデューロ)

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

■競技主管
・競技はもてぎ7時間エンデューロ実行委員会の主管のもと実施します。
・本大会規定に定める注意事項および規定を厳守せず万一事故が発生した場合、主催者及び競技主管は一切の責任を負いません。
■競技者の装備
・全ての競技者は、主催者が用意したゼッケン、および計測チップを指定の位置に取り付けることを義務付けます。
※レクリエーションメニューの参加者はこの限りではありません。
・計測チップはレンタル物です。未返却の場合は実費負担となりますので、必ず返却してください。
■公式記録
・競技記録は以下の手順にて公式記録となります。レース終了後、直ちに通告員より入賞対象選手またはチームを場内(ピットエリア)アナウンスします。同時にインフォメーションボードに全てのレース結果を掲示します。通告、掲示後10分経って異議申し立ての無い場合、競技結果は公式記録として確定します。
■競技規則
・競技規則および競技運営・管理上の規定を厳守してください。
・タイム計測はチップ使用による自動計測システムにて実施します。もし計測チップを装着せずに競技に参加した場合、成績が表示されませんので、ご注意ください。
・競技中、または試走中にコースを逆走することは、安全管理上一切禁止します。
・競技中、完走打ち切りは原則として実施しませんが、審判委員および医務員から、競技の中止を指示された競技者は、直ちに競技を中止してください。
・全ての競技参加者は、競技役員の指示に従ってください。
・大会開催中、参加者各自の自転車及び貴重品等は、各自の責任において管理してください。
・競技は参加申し込みにてエントリーした選手のみが出場できます。 なお募集期間内に事務局に、参加者変更の連絡を申し出ている場合は、代理人の出走を認めます。
■競技方法
・競技は定められた周回コースをリレー形式で走行します。周回を重ね、それぞれ所定時間を経過した後、競技を終了し、走行した周回数およびゴール着順により順位を決定します。
・使用する自転車は同一チーム内であれば共有する事が出来ます。
・カテゴリーは種目によりソロおよびチーム対抗とし、2時間・4時間・7時間の耐久レースを実施します。
・エンデューロのスタートはバイクの先導により誘導します。バイクからの合図で一斉にスタートする「ローリングスタート」で競技を開始します。
・スタート時間に遅れた競技者およびチームは、遅れた時間分をロスタイムとして計測します。
・競技中、参加者は他の参加者を追い抜く場合、原則的に右側から追い抜くものとします。
・競技時ピットレーン走行中、原則として他の走行中の競技者を追い抜くことを禁止します。
・競技中の選手交代は、あらかじめ定められた各チームピット前のピットレーンにてチーム用計測タグの交換により行います。選手交代はコーンの内側で行ってください。
・コース走行中、自分の走行ラインを斜めに変更する場合、必ず変更する側の後方確認を行い安全であるか確認することを義務付けます。
・競技者は、ボトル、スペアータイヤ、修理用具等を携帯できますが、ガラス容器その他危険物を携帯してはいけません。なお、携帯したものをコース上およびその周辺に破棄する事を禁止します。
・補給はチームピット前の交代エリアで行われるものとします。
・規定時間を過ぎてゴールラインを通過し、レースを終了した選手は速やかに各チームピットへ戻ってください。
・走行中はヘルメットの着用を義務付けます。
・計測チップの受け渡しは必ず停止して行ってください。走りながらの取り外しや装着、受け渡しは厳禁です。
・レース当日、参加者のアルコール類・違法薬物の飲用・服用を一切禁止します。
■車両規定・装備
・参加者が使用できる自転車のホイルはフリー式とし、ブレーキを装着してください。
・使用する自転車はサーキットでの高速走行に耐える強度を備え、整備された自転車である事を義務付けします。
・トライアスロンバー、DHバー、アタッチメントバー、ブルホーンバーを装着して競技には参加できません。
・フラットハンドルバーのエンドバーは認めます。
・電動アシスト自転車、タンデム車及びジョギングマシン(踏み台昇降型ペダルの自転車)での出場はできません。1本足スタンドは安全上必ず外して走行してください。
・自転車は自己の責任においてよく整備してください。整備不良の自転車では出場できません。
・全ての競技者はヘルメットの正しい着用を義務付けます。使用ヘルメットが、使用上安全と認められるものはJCF(日車連)公認の物でなくても使用を認めます。
・マウンテンバイク及びクロスバイクのタイヤ幅には制限はありません。
.参加者の家族・親族、保護者(参加者が未成年の場合)、またはチームメンバー(代表者エントリーの場合)は、本大会への参加を承諾しています。

オフィシャル情報