• 山梨

南アルプスロングライド 2017

開催月:

南アルプスロングライド 2017.jpg

2日間で191キロ、獲得標高2,900mを走破する国内屈指のロングライドイベント「南アルプスロングライド2017」開催!! 2日間でも、1日でも参加できます。 ゲストライダーは、今中大介さんとNHKチャリダー坂バカ部の佐藤綾衣さんに決定! 紅葉の山々を地元の味覚と坂道にてお楽しみください!!

開催概要

イベント名称
南アルプスロングライド 2017
開催期間

2017年11月18日(土)、19日(日)

応募締切り
2017年10月31日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

山梨県

参加資格

16歳以上又は、高校生以上で100キロ以上連続で走行する練習をしている方(プチ・南アルプスステージは、小学校4年生以上(小、中学生は原則保護者同伴))

開催種目・コース

<1日目> 11月18日(土)
■白州・韮崎ステージ(中級~上級者向け)
[距離]約81キロ
[獲得標高]約1,100m
[車種規定]ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクはオンロードタイヤ装着
[内容]北風に乗る高速巡行ステージ
農道を中心とした信号の少ない道をたどり、ウィスキーで有名な白州の森へ緩やかに上ります。昼食は、地元で選りすぐりの逸品の弁当。エイドステーションでは、「ほたるみ館」での地元のおばちゃんたちの手作り料理を堪能。帰路は、ゴールまで富士山を眺めながら、下り基調の道を八ヶ岳からの北風に追われながら、風を切る高速巡行を体験しましょう!

■プチ・南アルプスステージ(初心者向け)
[距離]約35キロ
[車種規定]ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク。ママチャリは不可。
[内容]紅葉を楽しみながらのほのぼのポタリング
女性や初心者、初めてイベントに出る方も大歓迎です。エイドステーションでは、地元の老舗「清月」のスイーツや「ほたるみ館」での地元のおばちゃんたちの手作り料理を堪能。ゴール地点では、郷土料理「みみ」も食べられます。天高く馬肥ゆる秋、走りも食も満喫しましょう!

<2日目> 11月19日(日)
■ツール・ド・富士川ステージ(中・上級向け)
[距離]約107キロ
[獲得標高]約1,800m
[車種規定]ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクはオンロードタイヤ装着
[内容]3つの坂を制覇する山岳ロングライド
激坂や長い峠の他、小さなアップダウンを繰り返すロングライド。紅葉の山々を走る景観は、プロモーション動画以上です。昼食は、地元の食材を使った「こしべんと」。今年も95キロ地点からのヒルクライムチャレンジを開催。ショートカットせず、上りきることが脚の見せどころ。さあ、全員で最後のエイドステーション「みさき耕舎」を目指しましょう!

<特別コース>
■15名限定プレミアム2日間コース(宿泊付、テレビ取材あり)
[参加費]未定(白州・韮崎ステージとツール・ド・富士川ステージの参加料+1泊2食宿泊料含む)
[内容]同一メンバーにて188キロを走破するプレミアムコース。サポートライダー、マル秘ゲストも帯同します。 宿泊先では地元料理を堪能、もちろん温泉付きとなります。
[注意事項]
2日間、テレビの取材班が同行します。また後日放映されますことをご了承ください。
宿泊先や詳細内容につきましては、お申し込み後、内容が確定次第、連絡致します。

▪受付場所
大会本部
※ゼッケンによるチェックインを行いますので、ゼッケンを着用の上、大会本部にお越しください。

▪競技方法
20人から30人の小グループによる集団走行。サポートライダーが、道案内、先導、後方等のサポートを実施します。サポートライダーやゲストライダー、他の参加者とスリップストリームを使い協力しながら完走を目指します。
交通規制は行わず、一般の交通ルールに従った道路利用を行います。

▪走行支援
サポートライダー、交通誘導員、メカニック車、収容車、最後尾車、大会本部車により参加者をサポートします。道路分岐点等の要所には、案内板を設置します。

詳細・スケジュール

参加料

▪白州・韮崎ステージ 7,000円
▪プチ・南アルプスステージ 4,000円
▪ツール・ド・富士川ステージ 8,000円

参加定員

[白州・韮崎ステージ]350名
[プチ・南アルプスステージ]150名
[ツール・ド・富士川ステージ]500名
[15名限定プレミアム2日間コース]15名

集合場所

山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1655-3
道の駅富士川

受付・開催スケジュール

▪白州・韮崎ステージ
11月18日(土)
8:00~チェックイン
9:00~スタート
16:00 全着
▪プチ・南アルプスステージ
11月18日(土)
8:00~チェックイン
9:30~スタート
13:30 全着

▪ツール・ド・富士川ステージ
11月19日(日)
7:00~チェックイン
8:00~スタート
17:00 全着(時間制限あり)

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

▪規則
1.主催者の指示に従うこと。
2.交通法規を遵守して走行すること。
3.縦列走行を守り、原則として並走はしないこと。
4.グローブとヘルメットは、全コースにおいて着用すること。
5.ライト、リフレクターを設置し、スイッチを入れて走行すること。
6.制限時間を越える場合は係員の誘導に従い、大会を終了すること。
7.主催指定の区間は、自転車から降りて手で押して通行すること。
▪細則
1.自転車の形状、装備
(1)原則としてロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクのみを使用可能とし、これ以外の一般車(シティサイクル・軽快車・ママチャリ)、ピストバイク、リカンベント、タンデム車は使用禁止とします。
(2)ヘルメット、グローブの着用を義務とします。
(3)主催者から配布されるゼッケンの着用を義務とします。
2.走行ルール
(1)原則として先頭を指導員が誘導し、縦列集団走行を行います。
(2)グループから遅れた場合は、コースマップ又は交通案内に従い走行します。
3.エイドステーション
(1)コース上の主要な個所にエイドステーションを設置し、補給食、ドリンクの提供を行います。エイドステーションでは、原則としてトイレが利用できます。
(2)エイドステーションには、ごみ箱を設置していますので、走行中に発生したごみはこちらに捨てるか、自身で持ち帰りください。
4.トラブル、リタイア
(1)事故を起こした場合や事故を目撃した場合は、主催者へ携帯電話等で連絡し、指導員又は関係車両の助けが来るまで待機してください。重大な事故の場合は、救急119に連絡し、近くの人に助けを求めてください。
(2)落車等による軽度な擦り傷等は、参加者自身において対応し、出血が止まらない等の場合は、主催者に連絡してください。
(3)自転車が故障した場合は、原則として参加者自身で修理を行い、修理ができない場合は巡回している指導員に連絡するか、大会修理車を待って下さい。消耗品等の供給は有償となります。
(4)リタイアする場合は、指導員又は主催者に携帯電話等で連絡してください。収容車によるゴール地点への移動を希望される場合は、ゴールへの到着が大会終了頃の時間になります。
5.傷害保険
参加者に対して傷害保険に加入しています。保険の内容につきまいては、ホームページに公開されている内容をご確認ください。

オフィシャル情報