• 高知

第6回 四万十・足摺無限大チャレンジライド

開催月:

第6回 四万十・足摺無限大チャレンジライド.jpg

全国のサイクリストのみなさま、早春の四万十・足摺の大自然を楽しみながら己の限界に挑戦(チャレンジ)してみませんか。 今年で第6回となる「四万十・足摺無限大チャレンジライド」。清流として名高い四万十川の景色を楽しめる「四万十ロングコース」、森に囲まれた林道の澄んだ空気と土佐清水市・大月町の海岸線の美しさを堪能できる「足摺コース」は今回も健在で、西南高知の魅力あふれる景観と共に走りごたえのあるコースをたっぷり楽しんでいただける内容となっております。 今年はさらに、「志国高知 幕末維新博」とのコラボ企画としまして、ジョン万次郎をはじめとした偉人や歴史を感じられるような企画を予定しており、昨年も好評だったASでの提供食はさらにパワーアップ!豪華景品が当たるイベントも同時開催致します。 初めて参加する方も常連の方もきっと楽しんでいただけるものと思います。 是非ご参加ください!

開催概要

イベント名称
第6回 四万十・足摺無限大チャレンジライド
開催期間

2018年3月10日(土)、3月11日(日)

応募締切り
2018年2月10日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

高知県

参加資格

・高校生以上の男女で、制限時間内で完走できる走力を有する者。
・大会規則・交通規則・マナーを遵守できる者。
・大会規則の内容を了承した者。

開催種目・コース

●四万十ロングコース(3/10):
 宿毛市→四万十市→黒潮町→四万十町→四万十市→宿毛市(152.1km)
●足摺チャレンジコース(3/11):
 宿毛市→三原村→土佐清水市→大月町→宿毛市(130.4km)
●足摺ミドルコース(3/11):
 宿毛市→三原村→土佐清水市→大月町→宿毛市(108.4km)
●無限大コース(3/10、3/11):
 四万十ロングコース+足摺チャレンジコース(282.5km)
 四万十ロングコース+足摺ミドルコース(260.5km)

▪本大会は、タイムを競うレースではなく、早春の四万十・足摺の大自然を楽しむサイクリングイベントです。コース上は、一般車両の交通規制をしていませんので、一時停止、赤信号での停止などの基本的な交通規制を遵守してください。追走・並走・割り込みなどはできません。各ポイントに制限時間を設けています。制限時間を超えた場合はタイムオーバーとなり、走行を続行できません。

詳細・スケジュール

参加料

■四万十ロングコース/足摺チャレンジ or ミドルコース:8,000円
※団体割引:5~10名1組で一人あたり7,000円

■無限大コース(2日間):14,000円
※団体割引:5~10名1組で一人あたり13,000円

■幕末維新博コラボ割引
「薩長土肥」割、「土佐の偉人の〇〇さん」割
※1名申込みのみ対象。1,000円割引

参加定員

800名程度
※定員になり次第、締め切り

集合場所

高知県宿毛市総合運動公園(メイン会場)
〒788-0785 高知県宿毛市山奈町芳奈4024番地

受付・開催スケジュール

【出走時間】8:00~17:00(両日とも)
【スタート&フィニッシュ】宿毛市総合運動公園

■四万十ロングコース
午前8時に宿毛市総合運動公園をスタートし四万十市方面へ。四万十大橋を渡り黒潮町を抜け、四万十町を回って四万十市に帰ってくる全長152.1kmのコース。コース最大の標高差は224m。フィニッシュの制限時間は17時。

■足摺チャレンジコース(旧足摺ミドルコース)
午前8時に宿毛市総合運動公園をスタートし三原村方面へ、土佐清水市では足摺岬を回り、大月町を経て宿毛市に帰ってくる全長130.4kmのコース。コース最大の標高差は408m。フィニッシュの制限時間は17時。雨天時は、足摺スカイラインを通らず、半島の西回りに変更します。雨天時のコースはこちら(https://yahoo.jp/Xpk5ju)。

■足摺ミドルコース(旧足摺ショートコース)
午前8時30分に宿毛市総合運動公園をスタート。基本は上記足摺ミドルと同じですが、足摺岬回りをしないコースです。全長は108.4km。コース最大の標高差は188m。フィニッシュの制限時間は17時。

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

【大会規則】 1.コース走行時は、警察官の指示がないかぎり、下記を遵守すること。 ・一時停止場所、赤信号での確実な停止。 ・車道の左側走行。 ・並進走行の禁止(一列で走行すること)その他、交通事故を誘発するような危険な走行を禁止する。 ・主催者が定める追い越し禁止区間での追い越し禁止。 2.走行時は警察官、大会係員の指示に従うこと。 3.装備および自転車の形状について。 ・小径車・リカンベントを含む公道を走れる自転車で参加すること。 ・前後のブレーキが完備されていること。 ・DHバーの装着は禁止。 ・ヘルメットは必ず着用すること。 ・ライト(前照灯)の装着、トンネル内では必ずライトを点灯すること。 ・テールライトを装備してください(トンネルが多いため)。 ・タンデム車での走行はできません。 ・グローブを着用すること。 4.先頭を走る先導車を追い越さないこと。また、車両による伴走は禁止する。 5.何らかの理由でリタイアする場合は係員に申告し、指示に従うこと。 6.参加者同士または一般車両などとの交通事故が発生した場合は、直ちに大会本部、係員に連絡しその指示に従うこと。 7.途中ポイントで定める通過制限タイムを過ぎての走行はできません。 ※以上の大会規則を守らず、大会係員からの警告を受けても改善されない場合は参加を取りやめていただきます。

オフィシャル情報