• 岡山

ヒルクライムチャレンジシリーズ2018 第8回 高梁吹屋ふるさと村大会

開催月:

このイベントは開催を終了しています。

ヒルクライムチャレンジシリーズ2018 第8回 高梁吹屋ふるさと村大会.jpg

■自然・歴史・文化が融合した 新しいコンセプトのヒルクライムコース 町の中央部南北に高梁川が貫流し、その両側に吉備高原が東西に広がる豊かな自然と、古来「備中の国」として中核を占めていたことによる歴史・文化が残る高梁市ならではのコースです。あえて平均斜度を抑えて、初心者から本格的なサイクリストが楽しめるコースを設定しています。 ゴール付近の吹屋の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、 赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された風景は、選手の達成感をより特別なものにしてくれます。 近くには1909年に建てられた旧吹屋小学校の木造二階建て校舎(現在工事中)もあり、 タイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。

開催概要

イベント名称
ヒルクライムチャレンジシリーズ2018 第8回 高梁吹屋ふるさと村大会
開催期間

2018年9月30日(日)

応募締切り
2018年8月31日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

岡山県

参加資格

■健康で大会が定めるコース(パレードランを含む)を制限時間内に完走できる自信のある方
■当大会実行委員会の定めた「受付確認兼車検自己申告書」を提出した方
■「競技規定・注意事項」の記載内容について理解し、同意された方( http://hill-takahashi.jp/category/rules.pdf )
※チャンピオンクラスは15歳以上で30分程度で完走できる力のある方。
※チームエントリー「ファミリー」のジュニア選手は中学生以下の選手です。

開催種目・コース

フルクラス(15km)
▼ ロードレーサー
01.【ロードレーサー】チャンピオン:15歳以上
02.【ロードレーサー】男子A:15歳~30歳
03.【ロードレーサー】男子B:31歳~40歳
04.【ロードレーサー】男子C:41歳~50歳
05.【ロードレーサー】男子D:51歳~60歳
06.【ロードレーサー】男子E:61歳以上
07.【ロードレーサー】女子A:15歳~35歳
08.【ロードレーサー】女子B:36歳以上
▼ MTB
09.【MTB】男子:15歳以上
10.【MTB】女子:15歳以上
▼ ロードレーサー&MTB
11.【ロードレーサー&MTB】ジュニア:中学生
12.【ロードレーサー&MTB】ジュニア:小学5・6年生
ショートクラス(10km)
13.【ロードレーサー&MTB】男子:中学生以上(ショートクラス)
14.【ロードレーサー&MTB】女子:中学生以上(ショートクラス)
15.【ロードレーサー&MTB】ジュニア:小学5・6年生(ショートクラス)
16.【ロードレーサー&MTB】ジュニア:小学3・4年生(ショートクラス)※要伴走
【コース紹介】
会場である、(株)山陽オカムラグラウンドから市街地を通り抜けて、スタート地点の高倉荘横まで、11.5kmのパレードランでウォーミングアップ後、ゴールである吹屋ふるさと村まで15km、標高差398m、平均斜度2.6%のコースを走ります。
【エントリーのカテゴリー】
■MTBのレギュレーションについて
参加カテゴリーにつきましては、多くの方々に参加していただく事を目的としております。 「タイヤ幅1.9インチ以上の車両はMTB」という区分以外に、カテゴリー区分に対しての明確な条件規定は設けておりませんが、お使いの自転車のタイヤがトレッド付のブロックタイヤであれば、走行時の転がり抵抗が高くなり、スピードとしては通常のロードレーサーよりも不利となりますので、MTBカテゴリーでのご参加をお勧めいたします。 また、溝の無いスリックタイヤか、それに近い仕様のタイヤを使用されており、自転車もより高速性能の高いクロスバイクタイプである場合は、逆に通常のMTBよりも有利となりますので、ロードレーサーカテゴリーでお申込みください。

■クロスバイクでの参加について
クロスバイクでのご参加も可能です。 ロードレーサーのカテゴリーでエントリーしてください。

■ロードバイクではなく、一般のシティサイクル(ママチャリ)での参加について
シティサイクル(ママチャリ)であれば、ロードレーサーカテゴリーにエントリーしてください。

■ミニベロの参加について
ミニベロはロードレーサーのカテゴリーにてエントリーしてください。

■チームエントリー(ファミリー及びファミリーショート)の参加について
3名1チーム(うち1名もしくは2名はジュニア選手)にてエントリーしてください。
フルクラス(15km)の選手とショートクラス(10km)の選手でチームを組むことはできません。

詳細・スケジュール

参加料

▪フルクラス(15km)
▼ ロードレーサー/7,000円
▼ MTB/7,000円
▼ ロードレーサー&MTBジュニア:中学生/4,000円
▼ ロードレーサー&MTBジュニア:小学5・6年生/3,500円
▪ショートクラス(10km)
▼ロードレーサー&MTB男子.女子:中学生以上/3,500円
▼ロードレーサー&MTBジュニア:小学5・6年生(ショートクラス)/2,000円
▼ロードレーサー&MTBジュニア:小学3・4年生(ショートクラス)※要伴走/3,500円

参加定員

[フルコース]1000人
[ショートコース]100人
※定員になり次第、締め切り

集合場所

岡山県高梁市間之町1 (株)山陽オカムラグラウンド

受付・開催スケジュール

2018年9月29日(土)
8:30 駐車場の開門
12:00~17:00 受付

2018年9月30日(日)
5:30~7:00 選手駐車場開門
5:45~6:30 当日受付
6:00~6:45 手荷物預かり・ジュニア自転車預かり・応援バス受付
7:00~7:15 開会式
7:15~ パレードランスタート
7:25~ 応援バス出発
8:00~8:30 計測スタート(スタート地点:高倉荘横)
10:10~ 選手下山
11:30~ 完走証発行
12:00~ 表彰式・閉会式

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

【エントリー上の注意事項】
◆チャンピオンクラスについて◆
チャンピオンクラスは、当大会の最高峰のクラスと位置づけており、15歳以上であれば男女問わずエント リーが可能です。ただし、試走や過去の大会などで30分以内でゴールできる方が対象となります。
◆年齢及び性別によるカテゴリー分け(チャンピオンクラス以外)◆
当大会では年齢、性別によるカテゴリー分けを行っています。
年齢については、大会当日の実年齢でエントリーを行ってください。
◆ショートクラス ジュニア(小学3・4年生)クラスについて◆
安全面の配慮から、ショートクラス ジュニア(小学3・4年生)クラスには、必ず20歳以上の伴走者が必要 になります。伴走者も安全管理、保険加入等の理由により申し込みが必要となります。
※伴走者のタイム計測は行いません。

◆チームエントリーについて◆
〇1チームの人数に満たない場合、チームエントリーは認められません。また、チームエントリー後のメンバー変更もできませんので、出場者でよくご確認の上、チームエントリーを行ってください。なお、チームエントリーが認められなかった場合のエントリー料金(追加料金一人500円)は一切返還致しません。
〇一人の選手が複数のチームにエントリーすることはできません。
〇エントリー終了時にチーム全員のエントリーが完了していない場合は、チームとして成立していないものとし、チーム競技の対象外とします。

◆自転車の違いによるカテゴリー分け◆
当大会では、使用する自転車によりカテゴリー分けをしています。それぞれの基準は下記の通りとします。
<MTBについて>
「タイヤ幅1.9インチ以上の車両」という区分以外に、カテゴリー区分に対しての明確な条件規定は設けておりませんが、お使いの自転車のタイヤがトレッド付のブロックタイヤであれば、走行時の転がり抵抗が高くなり、スピードとしては通常のロードレーサーよりも不利となりますので、MTBカテゴリーでのご参加をお 勧めいたします。 また、溝の無いスリックタイヤか、それに近い仕様のタイヤを使用されており、自転車もより高速性能の高いクロスバイクタイプである場合は、逆に通常のMTBよりも有利となりますので、ロードレーサーカテゴリーでお申込みください。
<クロスバイクの使用について>
ロードレーサーのカテゴリーでエントリーしてください。
<シティサイクル(いわゆるママチャリ)の使用について>
ロードレーサーカテゴリーにエントリーしてください。
<ミニベロの使用について>
ロードレーサーのカテゴリーにてエントリーしてください。

【大会の中止について】
◆大会の中止について◆
大雨や強風、各種警報の発令など、主催者が危険と判断する気象条件等生じた場合、もしくは予想される場合、選手の安全を第一に考え、大会を中止する場合があります。主催者からの発表に注意してください。
◆中止の発表◆
中止の場合のみ、大会当日のAM5:30までに、大会HPに発表いたします。
大会HP http://www.hill-takahashi.jp/
◆エントリー料金について◆
中止の場合でも、エントリー料金等は一切返還致しません。
◆緊急時の対応と大会中の中止◆
当大会は、一般公道を使用し開催しています。大会中にコース周辺等で緊急車両の通行などが必要になった場合、緊急車両を優先します。(緊急車両の通行等にご協力をお願いします。)
また、主催者の判断により競技中であっても大会を中止する場合があります。その場合、リザルトを発表しない、表彰を行わないなど予定していたサービスが提供できないことがあります。
自然災害の発生等、安全を確保できないと判断した場合も同様です。

オフィシャル情報