• 島根

やまなみ街道クライムライド 2019

開催月:

このイベントは開催を終了しています。

やまなみ街道クライムライド 2019.jpg

自転車というツールを活かし、中国地方広域サイクリングコース「やまなみ街道(島根)」、三瓶山周回道路周辺の山岳路という2つのヒルクライムコースと、江ノ川の景観が素晴らしい375号線などを夏の暑さの中、一気に走破するヒルクライムサイクリング。夏の地産食材を使ったグルメを堪能しつつ、酷暑の中、クライマーの限界に挑戦する大会。 同時に、沿道の地域住民との交流を図る。合わせて同伴家族に向けた夏のアクティビティやグルメ、温泉、などをアピールし、飯南町の交流人口の増加とやまなみ街道サイクリングの認知向上、飯南町サイクリング事業、観光振興の発展に貢献する。

開催概要

イベント名称
やまなみ街道クライムライド 2019
開催期間

2019年8月18日(日)

応募締切り
2019年7月16日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

島根県

参加資格

健康な方。ただし16歳未満の未成年者および障害者は、成年の伴走を義務付けます。
また、すべての未成年者は保護者の同意を必要とします。
※上記に関わらず、熱中症対策として、事前に酷暑対策のトレーニングを行い、各自で体調管理を万全にして大会にご参加ください。

開催種目・コース

やまなみ街道を利用したヒルクライムサイクリング

▪140キロ「クライムライドロングコース」
▪110キロ「クライムライドミドルコース」
▪66キロ「クライムライドショートコース」

▪受付時間(前日)
15:00~17:00
▪受付時間(当日)
06:00~07:00

持ち物
【機材および携行品】
1)十分に整備された、安全装置を有する自転車に、ヘルメットとグローブを着用する。特に、車検はありません。(当日の整備サービス有)参加前にプロショップで整備を済ませてご来場ください。
2)コースの一部でトンネルを通過するので反射材、ライトを装着すること【必ず必要です!】。
3)パンク等のトラブルに対する修理は、参加者個人によるセルフリペアが原則です。対処できる工具、携帯ポンプ、予備チューブ等を携行すること。予備車輪などの機材サポートは行いません。
大会中は契約業者さんによる、コース場でのパンク修理サポートを実施予定(有料)。
4)長距離走行ですので、エイドステーションで補給食を提供します。しかし、大会当日の高気温や体調にあわせて、各自で充分に飲料や補給食を用意し、コース上でも自販機等を利用して任意に補給ができるよう、必要と思われる程度の金銭を携行することをお勧めします。
5)携帯電話を非常用に必ず携行してください。
6)雨の多い地域ですので、雨具は必ずご用意下さい。

詳細・スケジュール

参加料

[140キロ]7,500円、[110キロ]6,500円、[66キロ]5,000円

参加定員

[140キロ]200人、[110キロ]100人、[66キロ]100人(最大400人)
※定員になり次第、締め切り

集合場所

島根県飯石郡 道の駅 赤来高原

受付・開催スケジュール

07:15~ 出走受付:140キロ/110キロ/66キロ
08:30~ 出発時間:140キロ/110キロ
09:00~ 66キロ
最終時間 16:30

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

【事故防止に関する対策案】
◎事項防止対策は次のとおりです。
◎この大会規則に基づき、事前に大会参加者に安全で楽しいサイクリングができるよう大会規則同様に注意事項等の通知を行います。
コース関係
・コース上で原則の必要性がある箇所には路肩に▽マークの看板を設置する。コースルートの案内を間違いなくするほか、スピードを落とすことで危険を排除できる場所であることを意識してもらい、参加者に安全運転を徹底する。
・コースの危険箇所をより正確にピックアップし、大会全体の共有情報とする。
◎大会当日は次の点をブリーフィングにおいて説明し、安全指導を行います。
・スタート前のブリーフィングで、過去の事故発生を伝え、安全に対する啓蒙活動を強化する。
・サイクリストの自己責任をさらに徹底理解して貰うこと。
・体調等のセルフチェックを指導する。
・コースレイアウト・交通安全・体調管理に関するネットワークを構築すること。
・栄養、補給の仕方、サプリメントなど、体調を維持する情報の提供。
・前日に救急講習会を開催し、事故防止意識の強化に繋げる。
◎参加者は事故による怪我等に対応するため、主催者が準備する保険に加入していただきます。
(保険加入料は参加料に含まれる。)
◎酷暑の中での開催が予想されます。身体的負担増を考慮に入れた距離の選択をお願いします。
◎熱中症、脱水症の防止の為にダブルボトルを推奨します。

オフィシャル情報