• 東京

2019 東京夢舞いポタリング

開催月:

2019 東京夢舞いポタリング.jpg

今年は東京2020会場エリアを巡るコース 新国立競技場などが集まる「ヘリテッジゾーン」 様々な競技種目が開催される「東京ベイゾーン」 サイクリングで感動を先取りしましょう

開催概要

イベント名称
2019 東京夢舞いポタリング
開催期間

2019年10月13日(日)

応募締切り
2019年8月31日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

東京都

参加資格

・交通ルールを守り自己責任において安全にコースを走行・歩行出来る人であることを前提に、以下の条件を満たす人。障がいのある方も歓迎します。
(1)大会当日10歳以上で、制限時間内に設定されたコースを、スタッフの指示に従ってフィニッシュ地点に戻れる人。
(2)未成年者は、保護者の同意書提出。
(3)未成年者の内、小中学生2名に対して保護者1名以上の同伴。

開催種目・コース

【距離】42.195キロ
車道左側を交通規則を守って走行する

(2020年東京オリンピック会場を巡るコース)
戸山公園やくどうの広場スタート(明治通り)→新国立競技場→赤坂見附→汐留→勝どき陸橋(選手村)→有明地区(テニス、自転車、スケボ、体操、バレーボール会場)→東京辰巳国際水泳場、アクアティクスセンター→豊洲→月島→両国国技館(ボクシング)→江戸川橋→早稲田→高戸橋(明治通り)→戸山公園(やくどうの広場)
※コースは変更になることがございます。

【参加するための自転車や装備】
・前後にブレーキを装着し、前照灯と尾灯、ベルなどがついて公道を安全に走れる自転車であればロードバイク、小径車、リカンベント車、クロスバイク、軽快車、アシスト車、ハンドバイク(ハンドサイクル)など車種を問わずに参加することができます。
・なおどの車種も一人乗り自転車を条件としてタンデム自転車やチャイルドキャリヤ、トレーラーを取り付けた自転車は参加を遠慮いただきます。
・万が一の怪我を防ぐため、ヘルメットを装着して走る事が必須です。
・また、ヘルメットはハードシェル型とし、カスクなどのソフト型は不可です。
・あわせて、転倒などから手を保護するためグローブ、ゴミや飛び石から目を守るためサングラスなどのアイウエアの着用を推奨します。
・メンテナンスブースやサポートカーの準備はございません。
・パンク等のマシントラブルはご自身で対応していただくために、予備チューブなどの簡易部品と携帯工具等をご用意の上、参加をお願いします。

【走行方法や注意点】
・夢舞いポタリングは一般の公道を利用するサイクリングイベントです。交通規則、交通マナーを守り縦一列で車道左側を走ります。レース(競技)のように先を争わずお楽しみください。
・コースは概ね42キロあり、都心の一般道を走りますので起伏と渋滞があります。
・距離や坂道など当日の走行に不安がある場合は事前にご相談ください。ビギナー向けコースの提案などをさせていただきます。
・走行はスタートからゴールまでサイクリングスタッフ先導によりグループで走行をします。
・また、コース中のわかりにくい交差点や混雑する箇所には立哨スタッフを配置し誘導を行います。
・ゴールの制限時刻は17時です。それまでに会場にお戻りください。なお、回収車(サポートカー)はございませんので、途中でのコース短縮(ショートカット)は各自の判断で可能です。
・なお、コースを外れる場合はスタッフのサポートとは別になります。
・事故やトラブルに十分注意して会場にお戻りください。
・交通規則、交通マナーを守る事が第一のため、場合によりスタッフが指示を行うことがありますがご協力をお願いします。

詳細・スケジュール

参加料

高校生以上/4,000円
小・中学生(10歳以上)/1,000円

参加定員

500人(先着順)
※定員に達し次第締め切り

集合場所

【スタート・フィニッシュ】
東京都立戸山公園(大久保地区)・やくどうの広場
〒169-0072 新宿区大久保3-5-1 戸山公園サービスセンター(TEL03-3200-1702)

受付・開催スケジュール

9時より時差スタート

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

【保険や事故対応】
・イベント中の怪我につきましては主催者が加入した大会開催傷害保険による保険給付が受けられますが、原因の如何を問わず限度以上の補償には応じられません。
・また、万一に備え健康保険証(コピー可)の携帯もお願いします。
・イベント開始(スタート)前・解散(ゴール)後は大会開催傷害保険が適用されませんのでご注意ください。
・歩行者や自動車など、第三者および参加者同士等の賠償事故(交通事故)については必ず警察へ連絡を行い、参加者本人で対処いただきます。

【夢舞いポタリングの3つのルール】
1)バスや歩行者を待つゆとり
2)信号や危険と思ったら止まる勇気
3)ハンドサインや声で伝えるやさしさ
趣旨をご理解いただき大会の時はもちろんですが、日常でも実践くださるようお願いします。

オフィシャル情報