• 広島

やまなみ街道サイクル「道の駅」でん2020

開催月:

やまなみ街道サイクル「道の駅」でん2020.jpg

やまなみ街道サイクル「道の駅」でん2020

開催概要

イベント名称
やまなみ街道サイクル「道の駅」でん2020
開催期間

2020年6月6日(土)、7日(日)

応募締切り
2020年5月 1日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

広島県

参加資格

16歳以上の健康な方。また、すべての未成年者は保護者の同意を必要とします。

開催種目・コース

▼往復走破コース:ソロ部門(JR尾道駅⇔松江市役所)
▼往復走破コース:チーム部門(1チーム3~5名/JR尾道駅⇔松江市役所)
▼往路片道走破コース:ソロ部門(JR尾道駅→松江市役所)
▼往路片道走破コース:チーム部門(1チーム3~5名/JR尾道駅→松江市役所)
▼復路片道走破コース:ソロ部門(松江市役所→JR尾道駅)
▼復路片道走破コース:チーム部門(1チーム3~5名/松江市役所→JR尾道駅)

▪コースの特徴
やまなみ街道サイクリングコース(国道184号線、国道54号線、国道431号線その他)

[参加条件]
・参加者は「自転車保険(対人、対物、人身傷害)」への加入を推奨します。
・チーム部門は1チーム3~5名/組でのチーム参加とします。
・チーム部門はチーム内で「たすき」リレーする。同じ人が連続区間を走行することは認めません。
・チームの移動は各チーム車両のみ。移動に使用する車両は最大2台まで。
・また、極力エイドステーションの混雑を避けるため、2台で移動されるチームは1台を残し次エイドステーションへ移動をお願いします。
・トラブル等の対応は各自または各チームでお願いします。

[機材および携行品]
・十分に整備された、安全装置を有する自転車に、ヘルメットとグローブを着用する。特に、車検はありません。(当日の整備サービス有)
・参加前にプロショップで整備を済ませてご来場ください。
・反射材、ライトを必ず装着すること。
・パンク等のトラブルに対する修理は、参加者個人によるセルフリペアが原則。対処できる工具、携帯ポンプ、予備チューブ等を携行すること。
・予備車輪などの機材サポートは行いません。(必要な場合は各自での対応)
・大会中は契約業者による、コース場でのパンク修理サポートを実施予定(有料)。
・長距離走行ですので、エイドステーションで補給食を提供します。(但し、チーム部門は1箇所2名限定(到着者、出発者のみ)とします。)
・大会当日の気温や体調にあわせて、各自で充分に飲料や補給食を用意し、コース上でも自販機等を利用して任意に補給ができるよう、必要と思われる程度の金銭を携行することをお勧めします。
・携帯電話を非常用に必ず携行してください。
・雨の多い地域ですので、雨具は必ずご用意下さい。

詳細・スケジュール

参加料

[往復走破コース]ソロ部門:18,000円 チーム部門(1チーム3~5名):36,000円
[片道走破コース]ソロ部門:10,000円 チーム部門(1チーム3~5名):18,000円
※Eバイク試乗車を希望の場合は24,000円(チーム部門のみ、1チーム3名限定)
★チーム部門は、チームごとにお振込ください。
★参加費入金の先着による定数締切となりますので早めのご入金をお勧めいたします。

参加定員

[往復走破コース]ソロ部門:100人、チーム部門:30チーム
[片道走破コース]ソロ部門:1日100人、チーム部門:片道30チーム
※Eバイク試乗車チーム:各10チーム(尾道出発10チーム、松江出発10チーム/往復はなし)

集合場所

広島県・島根県
[往復走破コース]JR尾道駅⇔松江市役所
[往路片道走破コース]JR尾道駅→松江市役所
[復路片道走破コース]松江市役所→JR尾道駅

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

【大会中止の判断】
大会前日の午前6時段階で、明らかに台風の接近があり影響を受けると判断される場合は中止を判断します。
大会前日午後6時の気象予想において、強風、大雨等により警報が予想される場合は中止の判断をします。
最終の判断については、大会ホームページの掲示板に5日・6日の午後6時以降に記載します。

【誓約事項≪必ずお読みください≫】
◎下記の誓約事項に基づき、全参加者に誓約書への署名をし、提出してもらいます。
※誓約書への署名・提出にあたっては、受付時に、下記内容を受付スタッフが説明します。
1)大会は交通ルールを遵守したサイクリングイベントであることを理解し安全に配慮いたします。
2)大会主催者側の定めた規則を守り、スタッフの指示に従います。
3)大会中に事故(落車を含む)が発生した場合、本人及び同伴者の責任において処理し、大会主催者に一切の責任を問いません。
4)大会中に撮影された写真、映像についてメディアに露出することを許可します。
5)気象条件、道路環境の激変により大会が中止又は延期になった場合、参加料の返金を求めません。
6)参加者の所有品についての盗難、破損等におよぶ管理責任は、参加者本人が負うものとします。

大会参加料の振込みをもって、上記を誓約したものとします。
当日、誓約書の署名も行いますので事前送付の資料にて誓約内容をご確認ください。

【大会規則:≪必ずお読みください≫】
1.サイクル道の駅でん大会方式
a)大会はマップリーディングを併用したサイクリングで、レースではなく完走を目的に行います。
b)コースの誘導は必要と思われる箇所に立哨誘導員を配置します。
c)運営上、エイドステーション到達に時間制限を設けますが、競争ではないことから交通規制は行いません。
そのためソロ部門は10秒ごと、チーム部門は3分ごとのスタートとします。
(顕著にスピードを出し、サイクリングを逸脱している走者はスタッフが注意します)
d)但し、エイドステーションの開設時間を設定し、その開設時間を過ぎてからのエイドステーションへの到着は、繰り上げスタートとします。
e)本大会では、走行コース上に誘導サイン、注意サイン等を一切掲示しません。
f)大会参加チームは、事前に大会公式サイトよりコース情報を把握しておき、サイクルコンピューター等にコース情報をプリセットしてください。
g)大会中はエイドステーション毎にチームで走行コースを確認しながら走行してください。

2.走行ルール
a)交通法規を遵守すること。(交通規制をしないので信号、交差点は必ず止まる。指定ルートを外れてはならず、エイドステーションにてたすきをリレーしゴールする。たすきがない場合、ゴールしても完走と扱わないこととする。
b)一般車両の交通阻害となるため、応援者等による自家用車での一切の伴走を禁止します。チームの方は、極力迂回ルート(無い場合は通常走行)にて次のエイドステーションまで先回りください。
c)特に交通量が多い区間も走行しますが、交通規制を行っていないので、突然の車を常に意識して、常にブレーキングできるよう心がける。その他スタッフの指示に従った走行を行ってください。

3.アクシデント
a)落車などにより軽傷を負われた場合は、スタッフが携行する救急道具での応急処置や、病院等の救護所での応急処置を受けられますが、その後は参加者本人の責任で適切な処理を受けてください。
b)落車を発見した場合、その大小にかかわらず声を掛け合い、無事を確認するなど相互扶助の精神で対応してください。
c)落車で頭部を打った場合、無理をして再スタートせず、スタッフを呼ぶ。
※上記に記載していない内容については、当日ブリーフィングにおいて説明します。

4.機材トラブル
a)予備車輪等のサポートは行わない。(チーム内での対応をお願いします。)
b)パンク修理(チューブ交換)の技能は習得しておくこと。
c)落車で頭部を打った場合、無理をして再スタートせず、スタッフを呼ぶ。著しい車体の破損が起きチーム内でたすきをリレー出来ない場合はリタイヤとして扱うので、大会前に整備を怠らないこと。

5.リタイヤについて
a)往路、復路共に「道の駅赤来高原」以降で制限時間内にエイドステーションを通過できなかった場合、身体、機材の問題で走行不能となった場合、リタイヤとします。 リタイヤした参加者は、以降スタッフの指示に従ってください。
b)全行程において自らリタイヤをされる場合はスタッフに申し出て下さい。
※リタイヤ後、ゴールまたは指定の場所まで自走する場合は、たすきを外して自走すること

6.詳細について
a)最新の詳細は、NPO法人サイクリストビュー公式Facebook pageを参照してください。
b)大会当日はブリーフィングにて注意事項を説明します。

オフィシャル情報