• 新潟

第17回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま

開催月:

第17回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま.jpg

第17回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま、枝折峠は『しおりとうげ』と読みます。

開催概要

イベント名称
第17回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま
開催期間

2020年7月12日(日)

応募締切り
2020年6月14日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

新潟県

参加資格

中学生以上の健康な男女(※中高生保護者の同意書必要)

開催種目・コース

【クラス区分】
(1)男子チャンピオン(中・高校生)
(1)男子チャンピオン(一般) 
(2)男子A(中・高校生)
(2)男子A(18歳~25歳) 
(3)男子B(26歳~35歳) 
(4)男子C(36歳~45歳)
(5)男子D(46歳~55歳) 
(6)男子E(56歳以上)  
(7)女子(中・高校生)
(7)女子(一般) 
(8)MTB男子(中・高校生)
(8)MTB男子(一般)
(9)MTB女子(中・高校生)
(9)MTB女子(一般) 
※各クラス毎の参加人数によって、スタートのグループ分けは変更することがあります。

▪コース詳細
国道352号大湯温泉ユピオ公園前(標高300m)をスタートし、枝折峠山頂(標高1,050m)をゴールとする
・最長コース距離14km
・標高差750m
・平均勾配7%

▪競技方法
【車両基準】
MTBは、タイヤ幅1.9インチ(約5cm)以上で、ドロップハンドルでないこと。
ランプなど競技上危険な部品を取り除いたスポーツ車を含むソードレーサーにして下さい。

詳細・スケジュール

参加料

一般/7,000円 中高生/6,000円
※納入された参加費は返却できません。

参加定員

(1)男子チャンピオン(中・高校生)
(1)男子チャンピオン(一般) ※定員50
(2)男子A(中・高校生)
(2)男子A(18歳~25歳) ※定員50
(3)男子B(26歳~35歳) ※定員100
(4)男子C(36歳~45歳) ※定員200
(5)男子D(46歳~55歳) ※定員250
(6)男子E(56歳以上)  ※定員150
(7)女子(中・高校生)
(7)女子(一般) ※定員50
(8)MTB男子(中・高校生)
(8)MTB男子(一般) ※定員50
(9)MTB女子(中・高校生)
(9)MTB女子(一般) ※定員50

集合場所

新潟県魚沼市大湯温泉 交流センターユピオ前

受付・開催スケジュール

▪前日
13:00~17:00 前日受付、ゼッケン交付(交流センターユピオにて)

▪当日
06:30~07:30 受付 ゼッケン交付
08:10~08:20 開会式
08:30~10:15 競技(最終組がスタートしてから90分間)
10:45~ 選手下山
12:00~ ライスパーティー、表彰式、大抽選会

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

▪特別注意事項
(1)真夏のレースであり熱中症・脱水症状・日射病等が心配されますので、各自体調には細心の注意を払い、体に不調を感じた人は競技出場を中止して下さい。
(2)熱中症対策として、競技中は数回に分けて早めに水分補給を勧めます。コ-ス内には給水ポイントが4ヶ所ありますが、各自ボトル(できれば2個)は必ず用意し早めに水分補給をお願いします。
(3)競技中に体調が思わしくなくなった人は、途中で競技を取りやめて下さい。最終走者の後を収容車と救護車が走ります。
(4)コ-ス内に危険箇所があり、係員が誘導しております。ここでは1列走行をお願いします。特に下山時は細心の注意を払って下さい。
(5)大湯温泉付近およびコ-ス内で練習中事故が起きますと、競技当日の道路使用許可が取り消される場合がありますので、事故防止に最大の注意をお願いします。

▪その他
(1)地震・風水害・事故・疫病・道路破損等の不可効力により、主催者が安全な大会運営が困難と判断した場合、開催縮小・中止することがあります。その場合、参加料の返金は行いません。
(2)国道を交通規制して開催する自転車レ-スとして注目を集めておりますので、今後続く国道での自転車レ-スの模範となる様、参加者の規律ある行動と事故防止努力をお願いします。
(3)枝折峠より銀山平側へは自転車では行けません。シルバ-ラインはトンネルが長く自転車の通行は禁止されおり、銀山平へ下りた場合は帰る手段がありません。
(4)主催者では、参加者全員に参加料の中から傷害保険を掛けております。保険内容は、死亡850万円、入院:6,000円/日、通院:3,000円/日です。これは競技のみに適応されるもので、練習中などは対象になっておりませんので注意して下さい。又、負傷に関する治療費等の経費は、本人負担となりますので、競技参加者は必ず健康保険証かそのコピーの持参をお願い致します。競技中発生した事故については、大小にかかわらず大会本部へ届け出て下さい。
(5)本部付近にメンテナンス部を設置しますが、部品交換は実費負担をお願いします。簡単な修理は可能ですが、最初からの不良修理はできません。パ-ツ代は本人の負担となります。
(6)期間中の盗難や遺失について主催者では責任を負いかねますので、各自の責任で処理して下さい。又競技中の物損(自転車 ヘルメット等)の補償はしません。
(7)国道352号大湯温泉より枝折峠までの、時間による一方通行や二輪車禁止の交通規制は無くなりました。事前の練習は車両に注意して下さい。

※これらは諸般の都合で変更される場合がございますが、その節はご容赦ください。 10.特別注意事項 (1)真夏のレースであり熱中症・脱水症状・日射病等が心配されますので、各自体調には細心の注意を払い、体に不調を感じた人は競技出場を中止して下さい。 (2)熱中症対策として、競技中は数回に分けて早めに水分補給を勧めます。コ-ス内には給水ポイントが4ヶ所ありますが、各自ボトル(できれば2個)は必ず用意し早めに水分補給をお願いします。 (3)競技中に体調が思わしくなくなった人は、途中で競技を取りやめて下さい。最終走者の後を収容車と救護車が走ります。 (4)コ-ス内に危険箇所があり、係員が誘導しております。ここでは1列走行をお願いします。特に下山時は細心の注意を払って下さい。 (5)大湯温泉付近およびコ-ス内で練習中事故が起きますと、競技当日の道路使用許可が取り消される場合がありますので、事故防止に最大の注意をお願いします。

11.その他 (1)地震・風水害・事故・疫病・道路破損等の不可効力により、主催者が安全な大会運営が困難と判断した場合、開催縮小・中止することがあります。その場合、参加料の返金は行いません。 (2)国道を交通規制して開催する自転車レ-スとして注目を集めておりますので、今後続く国道での自転車レ-スの模範となる様、参加者の規律ある行動と事故防止努力をお願いします。 (3)枝折峠より銀山平側へは自転車では行けません。シルバ-ラインはトンネルが長く自転車の通行は禁止されおり、銀山平へ下りた場合は帰る手段がありません。 (4)主催者では、参加者全員に参加料の中から傷害保険を掛けております。保険内容は、死亡850万円、入院:6,000円/日、通院:3,000円/日です。これは競技のみに適応されるもので、練習中などは対象になっておりませんので注意して下さい。又、負傷に関する治療費等の経費は、本人負担となりますので、競技参加者は必ず健康保険証かそのコピーの持参をお願い致します。競技中発生した事故については、大小にかかわらず大会本部へ届け出て下さい。 (5)本部付近にメンテナンス部を設置しますが、部品交換は実費負担をお願いします。簡単な修理は可能ですが、最初からの不良修理はできません。パ-ツ代は本人の負担となります。 (6)期間中の盗難や遺失について主催者では責任を負いかねますので、各自の責任で処理して下さい。又競技中の物損(自転車 ヘルメット等)の補償はしません。 (7)国道352号大湯温泉より枝折峠までの、時間による一方通行や二輪車禁止の交通規制は無くなりました。事前の練習は車両に注意して下さい。

※これらは諸般の都合で変更される場合がございますが、その節はご容赦ください。

オフィシャル情報