• 栃木

第2回 おおたわら丘ポタ2020

開催月:

第2回 おおたわら丘ポタ2020.JPG

「丘ポタとは?」 那須高原ロングライドが開催されてから10年が経ち、全国的にも認知された自転車。環境負荷が少なく、健康ツール、コミュニケーションツール、観光ツールとして活用される自転車に乗り、大田原市の自然、文化、歴史を堪能するライド企画です。 明治時代に品川開拓地として発展した大田原市湯津上エリアの丘陵地を走り福原のふれあいの丘や、那須野ヶ原CCにある戦時中に作られた掩体壕(えんたいごう・航空機格納庫・土木遺産)の場所をエイドとして、サイクリストに大田原市の自然や歴史と文化に触れて頂き、大田原市の観光振興と活性化に貢献します。 また、ツールドフランスでも頻繁に通過するラウンドアバウト交差点、栃木県初のラウンドアバウト交差点をコースに組み込み体験することにより、サイクリングを楽しみながら安全な自転車走行技術の習得と交通問題に対する意識の向上も目指しています。

開催概要

イベント名称
第2回 おおたわら丘ポタ2020
開催期間

2020年11月15日(日)

応募締切り
2020年10月15日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

栃木県

参加資格

○小学生以上の健康な男女で、各コースを完走できる走力を有する方。ただし、小学生の参加は保護者同伴とする。
○高校生以下の参加は、保護者の同意を必要とする。
○大会規則、交通規則、マナーを遵守できる方。
○大会規則の内容を了承した方。

開催種目・コース

(1)丘ポタ30(30.3km)
丘陵&田園を楽しむコース。八方の山並みを望みながら川幅270mの箒川を渡ると、一つ目のエイドがある「ふれあいの丘」へ。南下して再び箒川を渡り、1.2kmにわたり電柱のない広々としたお薦めの田園風景のビューポイントを走り、途中一部グラベル(農道)を通る。巻川のサイクリングコースを北上し、牧場を眺めながら二つ目のエイド「那須野ヶ原CC」へ。ここには戦時中に作られた掩体壕(えんたいごう・航空機格納庫)が現存する場所で土木遺産登録もされている。ここから栃木県初の設置となるラウンドアバウト交差点(ドーナツ状の信号機無し交差点)を通り、旧東野鉄道軌道敷(2018年ツール・ド・とちぎ 第3ステージコース)を進み、最後の丘を越えるとご馳走が待つゴールへ。獲得標高302m。7カ所の丘を堪能するコースとなります。 

(2)丘ポタファミリー20(20.3km)
丘ポタコースから「ふれあいの丘」を除いた、初心者の方や親子ライドに向いているコース設定。獲得標高は181m。丘の数は5ヶ所

詳細・スケジュール

参加料

(1)丘ポタ30(30.3km)
大人3,700円・子供(小5~6・中・高)3,200円

(2)丘ポタファミリー20(20.3km)
大人3,200円・子供(小1~6・中・高)3,000円

参加定員

[丘ポタ30]180名
[丘ポタファミリー20]60名
※定員になり次第、締め切り

集合場所

栃木県大田原市

受付・開催スケジュール

8:00~ 受付開始:大田原市湯津上支所駐車場
9:00~ 開会式 大会概要説明等
9:30~ 丘ポタ30コーススタート
9:45~ 丘ポタファミリー20コーススタート
12:00~ ゴール(ゴール後 ランチ)
13:00 閉会式

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

【参加資格・大会規則ほか】
○本大会は、自転車のマナー向上と自転車の普及を目的としたサイクリングイベントです。 コースとなっている一般道路では交通規制をしませんので、一時停止、赤信号での停止、左側一列走行など、基本的な交通規則を遵守し、並走、割り込み、無理な追い越しなどはしないこと。
○装備および自転車の形状について。
・道路交通法施行規則第9条の二に適合した普通自転車であること(小径車、リカンベントを含む)。
・DHバーの装備は禁止とする。
・チャイルドトレーラーを使用する場合は、周りに迷惑がかからないよう十分注意して走行してください。
・ヘルメットは必ず装備すること。
○何らかの理由でリタイヤする場合は、大会係員に申告し、支持に従うこと。
○参加者同士または一般車両当との交通事故が発生した場合は、ただちに大会本部・係員に連絡し、その指示に従うこと。
○大会出場中の映像、写真記事、記録のTV、新聞、雑誌、インターネットの掲載権は主催者に属します。
○参加料納入後の返金は、いかなる場合もいたしません。大会の中止、内容の変更、不参加の場合も返金しません。
○悪天候などにより大会が予定通り開催できない場合、主催者の判断で大会内容を変更、または中止とする場合があります。
○走行中の病気や怪我については、主催者側で応急処置をいたします。その後の処置や責任は、参加者自身が負うものとします。健康保険証を必ず持参してください。
○道路状況の変化などによりコースレイアウト等が変更となる場合があります。
○自転車の点検、整備について
近年、各サイクルイベントにおいて整備不良による故障や不具合が多発しており、大事故に至ることも懸念されます。事故を未然に防止し、皆様に安心してイベントを楽しんでいただくためにも、事前に当大会時に使用する自転車の点検、整備を実施し、下記チェック項目をすべてクリアした上で大会に参加すること。
<自転車点検・整備チェック項目>
・ブレーキ(ブレーキシュー摩耗、取付位置、ブレーキワイヤー、効き具合)
・変速ギア(フロント変速、リア変速、変速ワイヤー)
・タイヤ、ホイール(タイヤ摩耗、タイヤ損傷・劣化、ホイールの振れ・ガタ、スポークテンション、クイックレバーの固定)
・装備品(ベル、前ライト、後ライトまたは反射板、ライトの点灯)
・その他(フレーム破損・クラック、ハンドル固定、ステム固定、ヘッドのガタ、サドル固定、ペダルのガタ、クリートの摩耗、各ボルトの増し締め、注油(チェーン・メカ等))

※以上の大会規則を守らず、大会係員からの警告を受けても改善されない場合は参加を取り止めていただきます。

【 ※新型コロナウィルス感染症対策 】
1.参加者・大会関係者には健康チェックシートをダウンロードして記入の上、大会当日に提出していただきます。当日に健康チェックシートを提出できない場合は参加が出来なくなりますのでお気を付けください。また、大会当日健康に不安がある場合には参加をご遠慮ください。※健康チェックシートのダウンロードはこちら
2.大会会場及び駐車場ではマスクの着用を義務といたします。
3.エイド及び昼食時には、家族以外の方とは間隔を2m以上あけ飲食時以外はマスクの着用を義務とし、密にならないようにお願いいたします。
4.走行時にはマスクを外していただいて結構ですが、前後の間隔を10m以上あけ走行して下さい。スタート時と信号待ち等では2mの間隔をあけ(停止時にマスクをしていれば1m間隔も可)、並列で待たないようにしてください。

オフィシャル情報