「高校生以上」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

4/166ページ(全1651件)

第3回 サイクルロゲイニングinかぬま.JPG

第3回 サイクルロゲイニングinかぬま

交通ルールを守って名所・名跡などのチェックポイントを巡る自転車を使ったロゲイニングです。チェックポイントには点数が割り当てられており、制限時間内にどれだけ点数を獲得できるかを競います。

  

第7回 十勝中札内グルメフォンド.png

第7回 十勝中札内グルメフォンド

「日本一美味しいサイクルイベントを目指して!」 第7回「十勝中札内グルメフォンド」は7月14日(13日は前夜祭などのイベント)に開催します。体力・気力・根性にあわせて選ぶ4つのコースはどれもが、夏の十勝らしい景色を味わうことができます。どのコースも縄文遺跡を廻り、車輪は気が付かないうちに、縄文人とナウマン象、アンモナイトなどの上を走っているかもしれません。そして空を見上げれば、大樹町多目的航空公園からは宇宙への夢が広がります。安全には「自転車サポートライダー」「サポートバイク隊」と「サポートカー」がお手伝いします。 第1回目(2013年)から旨いと評判のエイドステーションのメニューも「もっと十勝を」を合言葉にさらに充実。そして、ゴール後の「大BBQ大会」は食べきれないほどのボリュームと美味しさと抽選会が自慢です。走って、楽し、旨し。前泊、後泊など宿泊等、お早めにご予約、ご相談ください。 ★「愛の国から幸福へ」 ~あのブームをもう一度~ 80kmコースには新たに「愛国駅」がエイドステーションに加わります。 [お楽しみ抽選会]2020年「美ら島オキナワCenturyRun」、シュガーライド久米島の参加費をプレゼント! 自転車を愛する人たちに囲まれて、夏の十勝で永遠の愛を誓う。 GOURMET fond WEDDING 受付中!

  

第11回 うつのみやサイクルピクニック.jpg

第11回 うつのみやサイクルピクニック

ロードレースの聖地古賀志や日光連山から流れ出る鬼怒川沿いの自然豊かな地域である宇都宮を舞台にした、初心者から上級者まで楽しめるロングライド大会。キーワードは、『地域を食せ』と『ジャパンカップコース体験』。今年もエイドステーションやメイン会場では宇都宮餃子など、地域の美味しい『食』を堪能していただけると共に、ジャパンカップサイクルロードレース名物の古賀志林道激坂コースを宇都宮ブリッツェンの選手と一緒に走れます。 また、サイクリングを楽しみながら安全な自転車走行技術の習得と地球環境配慮に対する意識向上も目指します。

     

ヤビツ峠2019 グランフォンド丹沢&ヒルクライム丹沢.jpg

ヤビツ峠2019 グランフォンド丹沢&ヒルクライム丹沢

2019年大会は、知る人ぞ知るヤビツ峠へ上る裏コース・桜沢林道のヒルクライムを新たに加え、2日間連続開催! 4月13日(土)は平均斜度10%を越える激坂ヒルクラム 4月14日(日)はヤビツ峠を駆け上る、神奈川、山梨、静岡の3県にまたがる本格山岳ロングライド。スタート直後はヤビツ峠のヒルクライム。裏ヤビツを下って宮ケ瀬湖まで。そこから道志みちを走り、富士山の裾野に広がる山中湖を目指します。

  

ピンクリボンサイクリング2019 in 紀の川.jpg

ピンクリボンサイクリング2019 in 紀の川

ゲストの辻善光元プロ、よしもと芸人の女と男と一緒に、桃と桜の花が咲く紀の川エリアの各グルメポイントを巡るサイクリング。終了後は豪華賞品が当たる大抽選会を開催!

  

第13回 白浜エアポートクリテリウム.jpg

第13回 白浜エアポートクリテリウム

旧南紀白浜空港跡地を使用して行うクリテリウムレース。 ロードレース部門とチーム対抗ママチャリ耐久レースに分かれており、本格的なロードレーサーから小学生まで幅広く自転車を楽しんでいただけるレースイベントです。

     

飯南ヒルクライム2019.jpg

飯南ヒルクライム2019

絶景なる山並とハードコース。 抜群の達成感!! 中国地方最大級のヒルクライムが誇るコースはハードさが売り。全長は走りごたえ充分の13km、高低差は600m!スタート直後の9%の坂がまずは選手たちをセレクションにかけ、コンスタントに続く5~7%勾配の坂が選手たちの体力・精神力を問う。そしておよそ10km地点を過ぎると、飯南ヒルクライム最大の難所にして最大の勝負どころ荒鹿坂がサイクリストを待ち受ける。この難所を己の限界に打ち勝って克服した者は、ゴール地点で至上の達成感と素晴らしい絶景を味えることを約束します。また、昨年同様、ゴール後全参加者で頓原地区をパレード走行する予定です。

  

第2回 富士スプリングエンデューロ.jpg

第2回 富士スプリングエンデューロ

全長4,563m、コース幅15~25m、そしてホームストレートは1,475mという世界的にもエキサイティングなサーキットコース「富士スピードウェイ」を舞台に、2019年も「富士スプリングエンデューロ」を開催!優勝を目指して思いっきり駆けるもよし、ご家族や仲間とワイワイ走るもよし、ソロで自分の限界にチャレンジするのもあり、楽しみ方は人それぞれという大会です。 レース種目は前回大会に引き続き「6時間」と「4時間」のチーム戦エンデューロに加え、決められた時間&周回数に挑戦するソロ種目「アタック180・150・100」をご用意。 さらに「e-バイク」で参加できる新ソロ種目が登場します! 誰もが楽しめるレースに加え、本大会では様々なイベントも盛りだくさん!大会協賛各社のブースが並ぶ「バザール・試乗会」をはじめ、ラップタイムで最大賞金10万円が当たる「ロトラップでドン!」や、マトリックスパワータグの選手から安全走行のテクニックやサーキット攻略法を学べる「ロードレース講習会」、豪華賞品が続々登場する「大抽選会」など、ビギナーから上級者までみんなで楽しめる企画が満載です。 富士山の「絶景」を舞台に家族や仲間と思いっきり楽しめる「第2回富士スプリングエンデューロ」、皆さまのご参加をお待ちしております!

4/166ページ(全1651件)