「中学生以上」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

11/142ページ(全1411件)

  

第16回 ミッドナイトエンデューロ in OKAYAMA International Circuit.jpg

第16回 ミッドナイトエンデューロ in OKAYAMA International Circuit

このイベントは終了しています。

大人から子どもまで、ロードレーサーからままちゃりまで...夜のサーキットを疾走せよ! 4時間耐久・8時間耐久レース 真夜中のビックなサイクルイベント!!

     

ツアー・オブ・奈良・まほろば2018.jpg

ツアー・オブ・奈良・まほろば2018

基本コース周辺のチェックポイントを2人以上のチームで巡る、自由度の高いサイクリングイベントです。 必ずチーム全員が協力しながら一緒に走行してください。 下記の3つのコースをご用意しています。 ★Enjoyマウントライド 曽爾・御杖コース(約81km~102km) ★Enjoyレイクサイドライド 山添・奈良コース(約75km~120km) ★Enjoyカントリーライド 宇陀・東吉野コース(約48km~65km)

  

2018淡路島ロングライド150.jpg

2018淡路島ロングライド150

10時間で"アワイチ"に挑戦!  1周約150キロのサイクリング!  今年で9回目の開催です。  途中、4か所のエイドステーション(AS)ではウレシイ地元のおもてなしが待っています!  初心者から上級者まで楽しめます。皆様のチャレンジを心よりお待ちしています! 

  

2018 高島ロングライド100.jpg

2018 高島ロングライド100

今年のスタート&フィニッシュ地点は、高島トレイルの麓・マキノ高原。 まずは、山間ののどかな田舎道を走り、琵琶湖の源流を下って湖岸を目指します。 白砂青松の美しい松林、キラキラと輝く湖面を眺めながら快適に走ったあとは、脚試し区間の始まりです。 湖西の北海道とも称される広大な畑地が広がる泰山寺野へと続く、平均勾配6.2%・約1.7kmの通称 ″泰山寺クライム″、朽木へと続く緩やかなアップダウンが待ち受けます。 林間~湖岸~田園地帯を駆け抜ければ、感動のゴールまであと少し。 最後は、新・日本街路樹百景に選定された、延長約2.4kmのメタセコイア並木が織りなす深緑のアーケードがみなさんをお出迎えいたします。 山、川、そして、日本一の湖・琵琶湖。 高島ロングライド100のコースは、高島市が誇る豊かな自然を存分に感じながらストレスなく走っていただけるよう、極力信号のない道路を選び構成しています。 また、初心者の方にも安心してチャレンジしていただける、比較的アップダウンの少ない設定となっています。

  

Fun Ride 2018 in やまがたサイクルランド~今中大介と走ろう「やまがたサイクルランド」~.jpg

Fun Ride 2018 in やまがたサイクルランド~今中大介と走ろう「やまがたサイクルランド」~

このイベントは終了しています。

時間やスピードを競うのではなくやまがたの自然の中で安全な走行で完走を目指すサイクリング大会です。 安芸太田町・北広島町の自然あふれる西中国山地の景色を「ゲストライダー今中大介氏」と一緒に走行し、やまがたの景色を感じていただきます。 昼食会場ではゲストライダーとの交流会も楽しんでいただけます。

  

牧之原グリーンティーカップ2018【開幕戦】.png

牧之原グリーンティーカップ2018【開幕戦】

このイベントは終了しています。

〝聖地〟にCYCLOGが帰ってくる!! 2016年6月に「スマホアプリとSNSを駆使した「世界初」の自転車オリエンテーリング大会『牧之原グリーンティー・カップ2016』を開催した静岡県牧之原市で、2年ぶりにあの興奮と感動がよみがえります!! 公式マップ上に散りばめられた市内の名所、名跡、絶景地、グルメスポットを巡り、専用のアプリで写真を撮って自身のFacebookかTwitterにアップすることで自動的にポイントを獲得。制限時間内にゲットした総得点を競う21世紀の素敵なレクリーションイベントです。

       

松本ヒルクライム.jpg

松本ヒルクライム

このイベントは終了しています。

「松本ヒルクライム」 松本市の西・乗鞍岳を会場に、1986年より32回開催の「マウンテンサイクリングin乗鞍」。松本市の東・美ヶ原高原を会場に、2000年より18回開催の「ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会」。いずれもサイクリストの支持を得て個々に大会を実施している自転車のヒルクライムレース。2017年、同じ松本市内で開催される自転車のヒルクライムレース2大会を「松本ヒルクライム」と命名し、様々なコラボレーション事業、合同プロモーションを行い、未来に向けて両大会を盛り上げていくことの取り決めがなされました。 今年33回目を数えるヒルクライムのパイオニア。ゴール標高2,720mは国内レース最高所であり、空に一番近いバイシクルロードをコースとする「マウンテンサイクリングin乗鞍」。スタート地点から第1チェックポイントまでの約4km区間の標高差400m、国内屈指の激坂を擁する「ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会」。 この2大会をシリーズ化し男女チャンピオンを決めるのが、「松本ヒルクライムシリーズ」であり、優勝・入賞者を称えるとともに、シリーズ戦により各大会の更なるグレードアップを図り、【ヒルクライム=松本】のブランディングを行うものです。

11/142ページ(全1411件)