「市街地を走る」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

2/105ページ(全1043件)

第3回 瀬戸内市福祉センチュリーライド.jpg

第3回 瀬戸内市福祉センチュリーライド

瀬戸内沿岸の素晴らしい自然環境を楽しんでいただくとともに、豊かな歴史文化に彩られたまちを感じていただけるイベントです。 メイン会場やエイドステーションでは、瀬戸内市及び近隣の障がい者施設が様々なおもてなしで瀬戸内の美味しい食文化、特に今年は瀬戸内市産のカキを味わいながら障がい者施設の取り組みを広く知っていただくよいチャンスと私共は考えています。 刀剣博物館、牛窓ヨットハーバー、孤児院発祥の地、等各名所をめぐりながらすがすがしい気持ちで瀬戸内のサイクリングを楽しんでいただければ幸いです。

  

CYCLOG in 神戸.png

CYCLOG in 神戸

『CYCLOG in 神戸(シクログ イン こうべ)』とは、神戸市内に設置されたチェックポイント(ログスポット)を専用スマホアプリ「CYCLOG(シクログ)」を使用し撮影してSNSに投稿、ポイントを獲得していく時間制限制自転車ポイントラリーイベント。 海あり山あり、美しくおしゃれな街並みにあふれる異国情緒、南京町の中華グルメに神戸スイーツなど、アプリに登録されたスポットを巡れば自然と神戸の歴史・風景・グルメを堪能できる自転車イベントです!

     

赤いサイクルフェスタ丸森2018byザミラ.jpg

「赤いサイクルフェスタ丸森2018 byザミラ」 同時開催「赤いもん祭り」in丸森 ~食欲の秋に赤いものを食べて元気になろう~

参加することで元気になるイベントです。「赤色」の力で、参加者に元気を届けます。 変化に富んだコースを走行しながら、美しい風景、地元の食材を楽しんでいただき、参加者に丸森町の魅力をPRします。また、東北の小さな町からユニークなイベントを開催することで丸森町の認知度向上、および、日本を元気にすることを目的にしています。

  

ツール・ド・みちのくおとぎ街道 グル麺ライド.png

ツール・ド・みちのくおとぎ街道 グル麺ライド

麺類はサイクリストのエネルギー! 山形県~宮城県の4地域を巡ってご当地麺を食べ尽くす、日本初の「麺をテーマにしたグルメロングライド」イベント 『ツール・ド・みちのくおとぎ街道 グル麺ライド』 「みちのくおとぎ街道」は、「鶴の恩返し」や「泣いた赤鬼」など様々なおとぎ話や童話の里であり、懐かしい田園風景や起伏に富んだ地形や豊かな自然など、サイクリングに最適のロケーションです。 エイドステーションでは、コース上の各地に根付くみちのくならではの4種類の「ご当地麺」をご提供いたします。 そんな「みちのくおとぎ街道」を自転車で巡りご当地「グル麺」を食べ尽くす新たな"グルメサイクリングイベント"を開催いたします。

        

「ClubLivツアー ビワイチ」.png

ClubLivツアー ビワイチ

初の女性限定ツアー型イベント 「ClubLivツアー ビワイチ」の開催が決定しました!2日間で琵琶湖北湖160kmを走ります。 サポートカー、ガイドスタッフ同行なので琵琶湖1周は初めてな方も安心して参加いただけます(*^▽^*)/ ぜひこの機会に、普段のイベントではなかなか会うことの出来ない全国のClub Livの方たちと一緒に走りませんか

  

縁結びRIDE in 出雲2018.jpg

縁結びRIDE in 出雲2018

"ご縁"を求める世の女性から絶大な人気を誇る神の国、出雲。安全走行を最優先に、環境にやさしいスポーツバイクを使って出雲市内の自転車道や交通量の少ない観光道路でサイクリングをお楽しみください。 ○女性向けのショートコースでは、出雲市西部を中心に観光要素をふんだんに盛り込んだサイクリングをゆったりと楽しみ、エイドステーションでは美味しいご当地スイーツに舌つづみ!地元サイクリストがサイクルリーダーを務め、安全・丁寧にサポートしますので、スポーツバイク初心者でも安心です。 ○男女不問・経験者向けのロングコースでは、交通量の少ない走りやすいコース設定で、出雲神話ゆかりの稲佐の浜や宍道湖、弥生の森博物館など、出雲の自然と歴史文化を満喫いただきます。 ○レンタルバイクのお申し込みも受け付けております(数に限りがございます) ○前日(9月8日土曜)午後に特別なミニツアーを企画しました。日御碕灯台からの夕陽の絶景と日本海の海の幸をサカナに、翌日のイベント参加者や出雲の運営スタッフとの和気あいあいの交流の場を用意いたします。ふるってご参加ください!

  

第2回 秩父美の山チャレンジヒルクライム.jpg

第2回 秩父美の山チャレンジヒルクライム

コースは、皆野町役場交差点から美の山公園(蓑山)山頂までの全行程6.8キロ、最大高低差396mで ジュニアから初心者向けのショートヒルクライムです。  初めてヒルクライムをする方には、ぴったりです。

2/105ページ(全1043件)