「名所を尋ねる」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

6/117ページ(全1165件)

第3回 サイクルロゲイニングinかぬま.JPG

第3回 サイクルロゲイニングinかぬま

交通ルールを守って名所・名跡などのチェックポイントを巡る自転車を使ったロゲイニングです。チェックポイントには点数が割り当てられており、制限時間内にどれだけ点数を獲得できるかを競います。

  

第7回 十勝中札内グルメフォンド.png

第7回 十勝中札内グルメフォンド

「日本一美味しいサイクルイベントを目指して!」 第7回「十勝中札内グルメフォンド」は7月14日(13日は前夜祭などのイベント)に開催します。体力・気力・根性にあわせて選ぶ4つのコースはどれもが、夏の十勝らしい景色を味わうことができます。どのコースも縄文遺跡を廻り、車輪は気が付かないうちに、縄文人とナウマン象、アンモナイトなどの上を走っているかもしれません。そして空を見上げれば、大樹町多目的航空公園からは宇宙への夢が広がります。安全には「自転車サポートライダー」「サポートバイク隊」と「サポートカー」がお手伝いします。 第1回目(2013年)から旨いと評判のエイドステーションのメニューも「もっと十勝を」を合言葉にさらに充実。そして、ゴール後の「大BBQ大会」は食べきれないほどのボリュームと美味しさと抽選会が自慢です。走って、楽し、旨し。前泊、後泊など宿泊等、お早めにご予約、ご相談ください。 ★「愛の国から幸福へ」 ~あのブームをもう一度~ 80kmコースには新たに「愛国駅」がエイドステーションに加わります。 [お楽しみ抽選会]2020年「美ら島オキナワCenturyRun」、シュガーライド久米島の参加費をプレゼント! 自転車を愛する人たちに囲まれて、夏の十勝で永遠の愛を誓う。 GOURMET fond WEDDING 受付中!

  

第11回 うつのみやサイクルピクニック.jpg

第11回 うつのみやサイクルピクニック

ロードレースの聖地古賀志や日光連山から流れ出る鬼怒川沿いの自然豊かな地域である宇都宮を舞台にした、初心者から上級者まで楽しめるロングライド大会。キーワードは、『地域を食せ』と『ジャパンカップコース体験』。今年もエイドステーションやメイン会場では宇都宮餃子など、地域の美味しい『食』を堪能していただけると共に、ジャパンカップサイクルロードレース名物の古賀志林道激坂コースを宇都宮ブリッツェンの選手と一緒に走れます。 また、サイクリングを楽しみながら安全な自転車走行技術の習得と地球環境配慮に対する意識向上も目指します。

  

ピンクリボンサイクリング2019 in 紀の川.jpg

ピンクリボンサイクリング2019 in 紀の川

ゲストの辻善光元プロ、よしもと芸人の女と男と一緒に、桃と桜の花が咲く紀の川エリアの各グルメポイントを巡るサイクリング。終了後は豪華賞品が当たる大抽選会を開催!

        

飯南ヒルクライム2019.jpg

飯南ヒルクライム2019

絶景なる山並とハードコース。 抜群の達成感!! 中国地方最大級のヒルクライムが誇るコースはハードさが売り。全長は走りごたえ充分の13km、高低差は600m!スタート直後の9%の坂がまずは選手たちをセレクションにかけ、コンスタントに続く5~7%勾配の坂が選手たちの体力・精神力を問う。そしておよそ10km地点を過ぎると、飯南ヒルクライム最大の難所にして最大の勝負どころ荒鹿坂がサイクリストを待ち受ける。この難所を己の限界に打ち勝って克服した者は、ゴール地点で至上の達成感と素晴らしい絶景を味えることを約束します。また、昨年同様、ゴール後全参加者で頓原地区をパレード走行する予定です。

  

第2回 相馬復興サイクリング.jpg

第2回 相馬復興サイクリング

東日本大震災の津波と原発事故で大きな被害を受けた相馬地方ですが、沿岸部は堤防や防災緑地などの整備も着々と進み、市道「大洲松川線」の再開や尾浜海水浴場も再開され、震災前のにぎわいを取り戻しつつあります。。 昨年の第1回大会は台風24号で堪能できませんでしたが、今年こそ福島県の復興最前線と言われる相馬地方の復興の様子を全国のサイクリストに肌で感じていただけると思います。 ※相馬地方とは、相馬市、南相馬市、新地町、飯舘村の4市町村を指します。

  

石見グランフォンド2019.jpg

石見グランフォンド2019

自然と一体に... 世界遺産石見銀山遺跡の地で歴史文化を体感する 旧石見ライドから石見グランフォンドに代わり、通算14回目となる大会。例年通り200kmの大周回による開催となります。スタート・ゴールは大田市の久手海水浴場。例年同様、今回もグランフォンドからイメージされる険しい峠道の連続が「200km・190km」コースで設定されており、累積標高は3000mをはるかに越えるハードなコースです。最後の難関である三瓶山へのアプローチは、例年通りハイレベルなレイアウトになります。制限時間に間に合わなければ足切りとなり、自動的に190kmに迂回していただく事になります。一方、140kmのコースは、毎年定番のコースです。前半部分からロングコースとは離れ、あくまでも初心者・中級者に向けたサイクリングコースとなっております。そして、家族・初心者向けの70kmコースも人気急上昇中!より多くの愛好者が初夏の石見路を楽しめる大会として開催します。

  

由仁スノーライド.png

由仁スノーライド2019

このイベントは終了しています。

冬期の由仁町における新たな観光交流機会の創出を目的として、ゆにガーデンに設営された犬ぞりコース等を利用して冬のサイクリングイベントを開催します。また、札幌市内の自転車ショップの協力を得て、冬季にふさわしい自転車の試乗会を実施します。

6/117ページ(全1165件)