「山のあるコース」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/70ページ(全700件)

那須高原ロングライド with 那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン2017(第7回 那須高原ロングライド).jpg

那須高原ロングライド with 那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン2017(第7回 那須高原ロングライド)

那須高原ロングライド with 那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン2017(第7回 那須高原ロングライド)開催です!『バイク輸送&前夜祭参加プラン』新登場 !!詳細は後日お知らせします。

  

第14回 山岳グランフォンドin吉野.png

第14回 山岳グランフォンドin吉野

国内屈指の難コース 高低差を含めると表示距離+50km以上の負荷。激しく変わる天候や気温。さらに吉野でしか経験できない急傾斜や滑りやすく荒れた路面は、下りだけでなく、上りでも技術が必要で、単に脚力だけでなく経験値・技術力・判断力など総合的な自分力が要求される非常に難易度の高いコースです。 荒れた路面の区間も多く、過去には複数回のパンクで修理に時間がかかり、残念ながらタイムオーパのためリタイヤされた方も多数います。25C以上の耐パンク性の高いタイヤのご使用を強くお勧めします。

  

飯能市ヒルクライム名栗ステージ.jpg

飯能市ヒルクライム名栗ステージ

シーズン中は様々なアウトドアを楽しむ方々が訪れる地域として知られている飯能市名栗地区。今以上の地域の活性化はもとより、まずはサイクリストを対象に自然環境を大切にする気持ち、安全走行を心掛ける気持ち、そう言った『お互い様の気持ち』をより一層持っていただく為の活動の一環として、ヒルクライムレースを企画致しました。

  

第13回 銚子センチュリーライド2017.png

第13回 銚子センチュリーライド2017

毎年恒例の"銚子センチュリーライド"も今年は第13回目を迎えました。潮騒洗う九十九里、そして里山風景の広がる北総台地などセンチュリーライドならではの変化に富んだ自然の醍醐味と、いつも人気の地元特産のスイカなど魅力たっぷりな160kmに今年もチャレンジしてみませんか。  さあ、初夏の風を胸一杯に吸い込んで、北総の大地と太平洋の雄大な景観の中を力一杯走りぬきましょう!

  

GREAT EARTH 第8回 富良野ライド200km ~北海道の大自然を走りつくせ!~.jpg

GREAT EARTH 第8回 富良野ライド200km ~北海道の大自然を走りつくせ!~

全国各地で開催するグレイトアースを代表するビッグイベントとなった富良野ライド。初日は十勝岳温泉を目指す山岳コース。2日目は富良野の雄大な自然を走りつくす絶景コース。越冬した富良野食材で作るおいしいエイドフードが皆さまをお出迎え。毎夜のパーティーに川遊び&BBQなど寝るヒマないほど遊びが盛りだくさん。今年も富良野で遊びつくそう!

  

北アルプス山麓グランフォンド2017.jpg

北アルプス山麓グランフォンド2017

■北アルプスの雄大な自然、景観 間近に見える北アルプスの荒々しい山々の姿のほか、仁科三湖(青木湖・中綱湖・木崎湖)や里山風景、田園風景などの見事な景観を楽しみながらサイクリング! ■地域色豊かなおもてなし 大会全体を通じて地域色豊かなおもてなしを企画しております。お楽しみに! ■北アルプスの観光を満喫!

  

新潟市政令指定都市移行10周年記念 2017新潟シティライド.jpg

新潟市政令指定都市移行10周年記念 2017新潟シティライド

「健幸都市にいがた」の実現を目指し、自転車を有効に活用しながら市民の健康維持・増進を図るとともに、壮大な越後平野や日本海など風光明媚な新潟の魅力を再確認し、交流人口の拡大に寄与する。

  

第9回 鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー.jpg

第9回 鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー

~頂上決戦!その苦しみが快感に変わる!!~ 今年も海・山・川と変化に富んだ美しい大自然と南国の太陽に育まれた照葉樹林が続く「錦江町」をステージに、本格的ヒルクライムロードレース「第9回鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー」を開催します。 このイベントは、今スポーツ界でムーブメントとなっている自転車を通して、開催地「錦江町」の地域活性化を図ると共に、西日本最大級の照葉樹林帯が広がる「鹿児島県照葉樹の森」や「花瀬でんしろう館」の利用促進等に寄与し、参加者同士の交流と自転車競技の底辺拡大やマナー・エコロジー意識の高揚を目指すと共に、競技力向上や健康作り、更に、青少年の健全育成等を主な目的としています。 また、2020年に開催する「第75回国民体育大会自転車競技大会」のロード競技は、今大会の会場となる「錦江町」がフニッシュ地点となることが決定しています。この大舞台で活躍する選手の発掘と育成も兼ねていますので、県内の小・中学生の多くのチャレンジを心よりお待ちしております。

  

Japanヒルクライムin 乙女湖.jpg

Japanヒルクライムin 乙女湖

甲府盆地を一望する山梨フルーツ公園をメイン会場とし、秩父多摩甲斐国立公園の入り口の乙女湖(標高約1500m)を目指す標高差約1000mのヒルクライム・レースです。 今回は、フルーツエリア(SS1)と山岳地域(SS2)の2ステージ制で実施します。

  

1/70ページ(全700件)