「海の見えるコース」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/65ページ(全649件)

  

2020新潟シティライド.jpg

2020新潟シティライド

「健幸都市にいがたの実現」を目指し、自転車を有効に活用しながらスポーツの振興に寄与するとともに、市民の健康維持・増進、交流人口の拡大を図ることを目的として、「新潟シティライド」を開催します。 新型コロナウイルス感染症の影響により、4月8日(水曜)から予定していた募集開始を4月22日(水曜)に延期とさせていただきます。

  

第37回 センチュリー・ラン 羊蹄山麓大会.jpg

第37回 センチュリー・ラン 羊蹄山麓大会

エイドはありません。ゲストも来ません!地図を持って、走ってください。 これが第1回目からのこの大会のスタイルです。 北海道の大自然の中でセンチュリーランを楽しんでください!

     

Cycling SETANA club クラブラン「馬頭観音巡りライド」.jpg

Cycling SETANA club クラブラン「馬頭観音巡りライド」

「令和」初のクラブランは「馬頭観音巡りライド」です。 馬頭観音とは、動物守護、交通安全、の御利益で広く信仰を集めている仏様で、道内の発展に尽力した牛、馬の供養、またこの地の安全を祈願しております。 スタート会場の霊明寺では交通安全を祈願し、コース上の馬頭観音石碑を巡り、太田神社・三本杉などのせたなならではの景勝地を楽しみましょう。 ゴール後には「石の家」特製ピザとBBQを食べながらサイクリスト同士の親睦を深めます。

  

第7回 北海道ぐるっと一周2400km 北海道一周ライド.jpg

第7回 北海道ぐるっと一周2400km 北海道一周ライド

昨年に引き続き、今年も北海道を一周! 今回は札幌をスタートして、24日間かけて北海道沿岸を一周します。総距離は約2,400kmですが、8つのセクションに分かれており、セクション毎の部分的な参加も可能です。 大部分は平坦ですが、標高740mの知床峠が難所です。サポートライダーとサポートカーが同行し、荷物の搬送やトラブル対応をしますので、初心者でも安心です。

  

ジロ・デ・種子島2020.png

ジロ・デ・種子島2020

"月にいちばん近い島"種子島を1周するロングライドイベント。 美しい青い海やサトウキビ畑、日本最大のロケット発射場である種子島宇宙センターなど、様々な貴重な風景が堪能できます。 またコース上には、地元の方々によるエイドステーションも大充実!安納芋などの特産品も味わうことができます。  種目は、約150kmの島1周の部と初ロングライドにも最適な約70kmの島半周の部を設定。 幅広いサイクリストの方々にお楽しみいただけるイベントです。 さらに前日には前夜祭を開催。地元食材などを使用した充実のバーべキューパーティーやステージイベントで大会をさらに盛り上げます。 2日間で種子島を楽しみ尽くしましょう!

  

ノッてる!えひめ ガールズサイクリング.jpg

ノッてる!えひめ ガールズサイクリング

本年度最終開催のガールズサイクリングは、ご好評のサイクルトレインに乗って、ゆめしま海道・しまなみ海道の2海道を満喫できるサイクリングをご用意。サイクルトレイン・フェリークルーズ付きでいろいろな風景が堪能できる贅沢な体験ができること間違いなし!「インランド・シー・リゾート・フェスパ」にてランチ付き。ガイド付きで初心者でも安心のサポート体制です。ぜひ、皆様お誘いの上ご参加ください。

  

2020第9回 益田I・NA・KAライド.jpg

2020第9回 益田I・NA・KAライド

100km信号が全くない=「100ZERO」が自慢の一流の田舎町『益田』を海から山へと満喫しながら優雅にサイクリングを楽しむイベントです。 昨年参加者の100%が感動した萩石見空港滑走路走行を本年も実施し、又、地元の食材を用意した充実のASも好評です。

  

映画「あの空の向こうに」スピンオフイベント ASA 2DAYSモニターライドツアー.jpg

映画「あの空の向こうに」スピンオフイベント ASA 2DAYSモニターライドツアー

「ASAサイクリングコース」とコラボした映画「あの空の向こうに」。ご好評につき続編となる「あの空の向こうに~夏雲~」の制作が決定、そして遂に本編が完成。予告編を絶賛配信中です。今作も、南あわじ市と鳴門市の雄大な自然を走り抜ける主人公たちの物語を描いた、爽快なサイクリングムービーです。 序章は、主人公の亜海(山下リオ)が人生の目標を見失いながらも、高校時代を共に自転車部で雄大な自然を駆け抜けた洋斗(矢部昌暉)と、湊太(福田祐亮)との想い出の中に、忘れていた夢への情熱を思いだすまでを描いた淡い青春ストーリー。その続編となる「夏雲」では、序章のエンディングで、サイクリングを通して自身の夢を再発見した亜海が、地元でのサイクリングイベントを企画。イベントに訪れた自転車マニアの豊(津田寛治)と高校2年生の岳(田中洸希)の親子、自転車で日本縦断を夢見る高校2年生、大地(松村和哉)との間で巻き起こる物語を描きます。洋斗は地元のサイクルステーションで亜海のイベントを支援しており、また、亜海の弟、拓海(杢代和人)がその手伝いをしている。豊と岳の親子の葛藤。亜海と洋斗の恋の行方。絡み合うすべての思いが鳴門市と南あわじ市をめぐるサイクリングコースの圧倒的な景観の中で再び風になる!!是非、その目で、その足で、ASAサイクリングコースの魅力をご堪能して下さい!!

1/65ページ(全649件)