「海の見えるコース」のサイクリングイベント情報(新着順)

      

1/68ページ(全677件)

     

石見グランフォンド2021.jpg

石見グランフォンド2021

旧石見ライドから石見グランフォンドに代わり、通算15回目となる大会。例年通り200kmの大周回による開催となります。スタート・ゴールは大田市の久手海水浴場。例年同様、今回もグランフォンドからイメージされる険しい峠道の連続が「200km・190km」コースで設定されており、累積標高は3000mをはるかに越えるハードなコースです。最後の難関である三瓶山へのアプローチは、例年通りハイレベルなレイアウトになります。制限時間に間に合わなければ足切りとなり、自動的に190kmに迂回していただく事になります。一方、150kmのコースは、毎年定番のコースです。川本町内からロングコースとは離れ、後半は高低差の少ないコースとなり、あくまでも中級者に向けたサイクリングコースとなっております。そして、初設定の115kmのコースは、江の川沿いを走るコースが石見路らしい絶景の連続で、初級中級向けのコースとなっています。どのコースもロードバイク愛好者が初夏の石見路を存分に楽しめる大会となっています。

     

富山湾岸サイクリング2021.jpg

富山湾岸サイクリング2021

=キャッチフレーズ= 『世界で最も美しい湾クラブ ~エンジョイ!"湾ダフル"ライド~』 「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟している富山湾。その富山湾の魅力が体感できるもののひとつとして氷見から朝日までの約100キロに及ぶ湾岸沿いにサイクリングコースが整備されています。この風光明媚な富山湾岸サイクリングコースを活用し、春の富山湾の素晴らしさを実感してもらうサイクリング大会を開催します。 7年目となる今大会は、北前船で栄えた高岡市伏木をスタート・ゴールとし、上級者から初心者まで楽しめる4コースを設けています。 サイクリングだけでなく湾岸沿いの各エイドポイントで地元の春の味覚や名物を提供します。 4月中旬の少し肌寒い中での開催となりますが、青い海、そしてまだ雪の残る白い山々といった春の景色を眺めながらサイクリングを楽しんで頂けます。

     

第34回秋田トライアスロン芭蕉レース象潟大会.jpg

第34回秋田トライアスロン芭蕉レース象潟大会

「雄大な鳥海山と日本海」の抜群のロケ-ション。南に鳥海山、西に日本海、メイン会場の象潟は俳人松尾芭蕉が「奥の細道」の旅で訪れた最北の地。スイムは夕陽百選に選ばれた象潟海水浴場で行い遠浅の海岸からスタ-ト透明度、水質は抜群でバトルもほとんど無く泳ぎやすい。 バイクをスタートすると12%急坂の洗礼を受けるが、前半は鳥海山の自然を身体で感じる上郷地区の上り後半は、緑がまぶしい百目木等田園風景や国指定の由利海岸波除石垣等海岸線、景勝地九十九島の景観の中テクニカルなコ-ス。 ランは市街地海岸線、フラットで走りやすい。沿道での温かい声援を受け感動のゴ-ルへ向かいます。 1100名の日本一のボランティアが大会をサポ-ト。

  

第11回 タンデム自転車まつり in しまなみ海道《2021春》.jpg

第11回 タンデム自転車まつり in しまなみ海道《2021春》

ついに11回目の開催!タンデムファンが年に1回大集合! シングルバイクでの参加も、タンデム初心者のあなたも大歓迎です。 2019年、しまなみ海道が日本を代表する「第一次ナショナルサイクルルート」に指定。 タンデム自転車の規制緩和が、ついに39道府県で走行OKに!!(2021年春時点) さあ、タンデム自転車と一緒にでかけよう。

     

第9回 ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル.png

第9回 ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル

<みどころ!> ●動物達の朝活をのぞき見?開園前の動物園を特別見学 ●雄大な眺め!豊川河畔をサイクリング ●珍しい輪行体験!牛川の渡船に乗船 ●江戸時代の交通と文化を知ろう!二川宿本陣資料館の見学 ●雰囲気がとっても素敵!商家駒屋のカフェでランチ ●豊橋特産キャベツ!キャベツ体験

1/68ページ(全677件)