「川沿いを走る」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/128ページ(全1276件)

2020 新潟ヒルクライム.jpg

2020 新潟ヒルクライム

「健幸都市にいがた」の実現を目指し、自転車を有効に活用しながら市民の健康維持・増進を図るとともに、壮大な越後平野や日本海など風光明媚な新潟の魅力を再確認し、また、交流人口の拡大に寄与することを目的に「新潟ヒルクライム」開催します。本大会は参加者の皆様に安心・安全に参加していただけるよう、(公財)日本スポーツ協会が定めた「スポーツイベントの再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」などに基づき、予防措置を図った上で開催します。

  

第30回 さぬきセンチュリーライド・小豆島大会2020(豆一).png

第30回 さぬきセンチュリーライド・小豆島大会2020(豆一)

小豆島名産のそうめんエイドとうどんエイドのW炭水化物でエネルギー補充!ご当地ソフトクリームもお楽しみいただけます。小豆島の北側、南側の違った景観とUP、DOWNコースと「U、DON(うどん)」をお楽しみください。早期エントリーで500円割引あります。

    

かすみがうらサイクルジオキャッシング2020.jpg

かすみがうらサイクルジオキャッシング

第一弾かすみがうらサイクルジオキャッシングに"謎解き"要素が加わり、さらにパワーアップして登場! かすみがうら市内にちりばめられた謎を解き明かし、隠された財宝をゲットしよう!

  

第10回 望郷ライン・センチュリーライド2020.JPG

第10回 望郷ライン・センチュリーライド2020

自然豊かでロケーション抜群の「利根沼田望郷ライン」を会場に全国から自転車愛好家をお迎えし、交通規則・大会規則に従い、交通ルールを守って楽しく走る長距離サイクリングイベントです。

     

20'センチュリーランSapporo.jpg

20’センチュリーランSapporo

一年の初めに、石狩平野の初夏の風を感じながらセンチュリーランSapporoを走ってみませんか。スタートゴールを江別市「えみくる」とし、満足の160kmフルコース、ちょっとお試し80kmのハーフコース、今年は参加者の方からご要望をいただいたチャレンジの120kmコースを追加しました。きっと思い出に残る大会になると思います。 フルは、石狩市北部の海水浴場近郊浜益温泉までの折り返し、120kmコースは、滝川~浜益道路の分岐まで、ハーフは当別町青山地区のトイレで折り返しと満足のコースとしました。 エイドも準備、楽しい大会としたいと思います。ぜひ、多数の方のご応募をお待ちしています。

  

苗場山麓ジオサイクリング2020.png

苗場山麓ジオサイクリング2020

開催地域となる新潟県津南町と長野県栄村は、日本百名山「苗場山」の麓に位置し、日本最大級の河岸段丘という特異な地形をはじめ、縄文期からの歴史ある地球活動を経て、今もなお数多くの自然遺産を残す奥信越の秘境エリアです。その豊富な自然遺産、日本らしいふるさと景観を活用した教育観光活動が評価され、「大地の公園」を意味する「日本ジオパーク」の認定を受けています。 魚沼という日本を代表する米産地が実りを迎えるこの時期、両町村にまたがる秘境地「秋山郷」を含め、「食」と「景観」を最大限楽しむイベントとして開催するのが、苗場山麓ジオサイクリングです。

  

富山あいのかぜジェントルライド 2020.jpg

富山あいのかぜジェントルライド 2020

4年連続開催!「世界で最も美しい湾」を自転車で走ろう! 今年も暑い、熱いイベントを開催します!! 昨年好評だった冷たすぎる水の提供!お腹いっぱいの郷土料理エイド食! 初心者の方にも安心して走っていただけるようにジェントルサポーターが応援します。 ジェントルライドとは、「助け合い」「安全マナー」「地域の魅力発見」の3つをテーマに掲げてジェントルライダーを育てるファンライドです。 イベントのへの参加を通して、その名の通り紳士的なサイクリストを育てる場であると共に、交通安全走行の啓発活動を行なっております。 順位を競うレースではありませんので、道路の交通法規を遵守し安全に走行下さい。

  

Fun Ride ひろしま in やまがたサイクルランド2020~.jpg

Fun Ride ひろしま in やまがたサイクルランド2020~“ふるやいなや”“おおやようこ”と走ろう~

西中国山地(安芸太田町・北広島町)の美しい自然やグルメを堪能できるサイクルイベント「Fun Rideひろしまinやまがたサイクルランド2020」。 ゲストライダーのNHKBS-1人気自転車情報番組「チャリダー★」坂バカ女子部卒業生の、ふるやいなやさんと、自転車ヨガインストラクター おおやようこさんのお二人と共に走行します。

  

ツールド妻有2020.jpg

ツールド妻有2020

TOUR DE TSUMARI(ツールド妻有)は、新潟県妻有(十日町市・津南町)地方で、3年に一度開催される現代アートの祭典「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」において、建築家伊藤嘉朗氏が 2006年に企画・発案したサイクリングイベントです。 伊藤氏は、美しい里山の風景やアート作品、建築作品などを楽しみながら自転車で巡るアートツアーとして、移動そのものを作品のテーマにしました。 2006年以降、伊藤氏を中心に、地元の大勢の皆さんのご協力のもとでほぼ毎年開催されています。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の開催年である 2009年と2012年、2015年、2018年は、芸術祭の公式イベントとして開催されました。

1/128ページ(全1276件)