「川沿いを走る」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/92ページ(全918件)

南三陸里山×里海サイクリング「みなチャリ!」.jpg

南三陸 里山×里海サイクリング「みなチャリ!」

南三陸町は自然豊かな土地。 山に降った雨は川を流れ、海に巡り、人々の暮らしを豊かにする。 自然と共に暮らし、そこで培われてきた地元の生業。 地元ならではの食材と地元ならではの食べ方。 脈々と受け継がれる伝統行事や古くからの言い伝え。 町を囲む里山と里海を舞台にした「自転車」散歩をしてみませんか?

  

第16回スポーツバイクデモin埼玉 同時開催 ワイズカップ第8回 彩湖4時間エンデューロ.jpg

第16回スポーツバイクデモin埼玉 同時開催 ワイズカップ第8回 彩湖4時間エンデューロ

本大会はあらゆるジャンルのスポーツ車にレースを楽しんでいただくため、全ジャンル混走の大会となっています。 表彰も速い人だけでなくあらゆる順位の人が表彰されるチャンスがあるのが特徴です。 是非イベント初めて参加される方に楽しんで走っていただければと思います。

     

サイクルトレイン.JPG

サイクルツーリング&しなの鉄道サイクルトレイン

標高950mの軽井沢を出発し、情緒ある旧街道・宿場町・城下町を巡り海野宿を目指し約35㎞を下るサイクルツーリング!帰路は田中駅を発車し、秋景色を眺めながら貸切列車のサイクルトレイン「ビッグクラウド号」で自転車と一緒に軽井沢駅へ

  

グランフォンド軽井沢2019.jpg

グランフォンド軽井沢2019

メインは、軽井沢を起点とする浅間山麓一周約95キロ、累積標高約2000mの「グランフォンド軽井沢2000」と、約115キロ、累積標高約2400mの「グランフォンド軽井沢2400」の、本格山岳ロングライド。ロング・ライド完走記念品は、大会オリジナル「ハンドル・トップ・キャップ(アルミ削り出しアルマイト加工)!友だちや家族と、初夏の軽井沢をサイクリングしながら、グルメをたのしむ「グルメフォンド」も人気です。

  

BOAT RACE鳴門 present’s スポーツ報知 鳴門・南あわじ渦潮グルメライド.jpg

BOAT RACE鳴門 present’s スポーツ報知 鳴門・南あわじ渦潮グルメライド

報知新聞社では、2019年3月24日(日)に「BOAT RACE鳴門 present'sスポーツ報知 鳴門・南あわじ渦潮グルメライド」を開催します。10月1日(月)からエントリーの受け付けを開始しました。  世界最大級の渦潮を有する鳴門海峡周辺を舞台に、海、山、川...と抜群のロケーションに加え、エイドステーションも充実!!。スポーツ紙主催ならではの仕掛けや、鳴門市・南あわじ市の協力で、走って、食べて、渡って...楽しいサイクリングイベントとなっています。奮ってご参加を!

  

サイクルスタンプラリー 小布施GO!.jpg

サイクルスタンプラリー 小布施GO!

秋の風景を楽しみながら楽しく自転車に乗ろう! 名所やあまり知られていない穴場をスタンプラリーをしながら、自分のペースで自由に周って楽しむイベントです。 スタンプラリーは複数あり、小布施町内だけをまわるビギナーコース、ちょっと距離を乗る須坂・高山コース 歴史に関する場所をめぐる歴史探訪コース等があり体力や興味に合わせ楽しめます。

  

「いばきた」フォトサイクリング 2018.jpg

「いばきた」フォトサイクリング 2018

茨木のまちなかからほんの少し北へゆけば、目の前に広がる豊かで美しい里山〝いばきた〟があります。いばきたをめぐるには、自転車が最適! それでも想像以上にアップダウンが多く、自転車に不慣れな人は少し躊躇してしまうような地域です。そこで2018年のフォトサイクリングでは、自転車だけでなく歩いての参加もOK。いばきたに点在する魅力的な景色やお店などのスポットをめぐって、スタンプラリー。さらに写真撮影&投稿して、フォトサイクリング&ハイキングをお楽しみください! 今年の「いばきた」フォトサイクリング2018は、主に6月の大阪北部地震、7月の豪雨などで被害を受けた〝いばきた〟地域の力になりたい、という強い思いをもって実施します。参加費は、地域の特産品、地域の方とのふれあい体験などにあてさせていただきます。

     

秋の100㎞ライドin丸森.png

秋の100㎞ライドin丸森

このイベントは終了しています。

ロングライドは各々で楽しむのも良いですが、せっかくならその楽しい時間を大勢の方と共有するのも魅力だったりもします。 短い距離だとどうしても似たような風景の中を走るので単調になりがち。でも、長距離を走れば景色の移ろいを堪能できます。 登りがあったり、風向きがかわったり、香りが変わったりと人間が持つ5感をフル使いながら、自然を体感できます。 そして何よりも、長い距離を走りきれたという自信や達成感が何よりもロングライドの楽しさを演出してくれます。

1/92ページ(全918件)