「センチュリーラン」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/7ページ(全62件)

丘のまちびえいセンチュリーライド2017.jpg

丘のまちびえいセンチュリーライド2017

~光り輝く丘を駆け抜ける160kmのロングライド~ 雄大な十勝岳連邦と光り輝く美しい丘を自転車に乗って楽しもう! そして、自らの力で作り出す感動、自然の中で生きる喜びを感じ、爽やかなびえいの風になろう・・・・

  

2017第6回 益田I・NA・KAライド.jpg

2017第6回 益田I・NA・KAライド

毎年好評を頂いている島根県益田市で開催されるファンライドです。 100km信号が全くない=100ZEROが自慢の一流の田舎町『益田』を海から山へと自然を満喫しながら優雅にサイクリングを楽しむ、エキップアサダの浅田監督が監修したイベントです。 本年も、運営空港である萩・石見空港滑走路をコースの一部とし、昨年のコースを160kmに関しては、一部変更しています。また、毎年好評なホッとHot60は、片道のコースで、フィニッシュ後匹見温泉にて入浴後バスにてスタート地点へ戻る初心者・中級者にはピッタリのコースとなっています。 そして、ライド途中の沿道での益田市民の応援が参加選手の背中を後押し、ASでの地元食材によるおもてなしは、特筆です。 今年より、スーパーうさぎは、原則グループ走行となり、エキップスタッフにより先頭集団となって疾走してもらいます。(ASでの制限時間を過ぎた参加者は、通常のうさぎに回って頂きます) 尚、このコースは、2020東京五輪海外ロードチーム事前合宿を誘致している益田市の公式練習コースとなっています。 最後に皆様のお越しを、益田市民と共にお待ち致します。

  

出雲路センチュリーライド2017.png

出雲路センチュリーライド2017

第12回大会となる本年、コースは例年同様で、松江イングリッシュガーデンをスタートし、宍道湖を回り込むようにして奥出雲に向かい、神話の地を走り抜け、中海を経由して日本海沿岸沿いを回って戻ってくるという、まさに出雲路を味わいつくすサイクリングイベントです。 160kmコースながら制限時間は10時間30分と余裕を持って設定されているのが特徴です。今回も斐伊川を遡上して第2チェックポイントまで移動するコースを採用し、より起伏を少なく、快適なファンライドを楽しめるコースを設定。年々「出雲路ファン」が増加中という人気大会。出雲路を満喫できる爽快なコースとなっています。

  

第34回 センチュリー・ラン羊蹄山麓大会.jpg

第34回 センチュリー・ラン羊蹄山麓大会

エイドはありません。ゲストも来ません!地図を持って、走ってください。 これが第1回目からのこの大会のスタイルです。 北海道の大自然の中でセンチュリーランを楽しんでください!

  

望郷ライン・センチュリーライド2017.jpg

望郷ライン・センチュリーライド2017

「望郷ライン・センチュリーライド」は、群馬県利根沼田地域の谷川連峰や武尊連山、日本有数の河岸段丘などの山岳景観を愛でながら、赤城高原のレタス畑や美しい農村風景の中を、参加者一人ひとりが思い思いのペースで楽しく走るサイクルイベントです。 エンジョイコースを除くショートコース・ミドルコース・ロングライドコースは標高差のある厳しい山岳コースですので、一定の体力・経験を要します。なお、タイム計測や順位表彰はありません。 また、交通規制は行いませんので、改正道路交通法(※)及び交通規則(ルール)を遵守して安全走行に心掛けてください。 (※)自転車が道路の路側帯を走る場合、車道と同じ左側に統一

  

第35回 センチュリーラン十勝大会.jpg

第35回 センチュリーラン十勝大会

北海道帯広市郊外 十勝川温泉をスタートし、フルコースは160kmのカントリーロードを走ります。ゴール後はゆっくり温泉に浸かってください。

  

第13回 銚子センチュリーライド2017.png

第13回 銚子センチュリーライド2017

毎年恒例の"銚子センチュリーライド"も今年は第13回目を迎えました。潮騒洗う九十九里、そして里山風景の広がる北総台地などセンチュリーライドならではの変化に富んだ自然の醍醐味と、いつも人気の地元特産のスイカなど魅力たっぷりな160kmに今年もチャレンジしてみませんか。  さあ、初夏の風を胸一杯に吸い込んで、北総の大地と太平洋の雄大な景観の中を力一杯走りぬきましょう!

  

2017ツール・ド・国東 第36回大会 国東半島一周センチュリーラン.jpg

2017ツール・ド・国東 第36回大会 国東半島一周センチュリーラン

この催しは、国東半島活性化の一大スポーツイベントとして、瀬戸内海国立公園に位置する「み仏の里」世界農業遺産にも認定された九州国東半島に、全国の自転車愛好者をお招きして、自然と神仏が一体となった国東半島独特の仏教文化と、地元の皆さんとの触れ合いを通じて、この地域の振興に寄与し、合わせて皆様の健康増進とスポーツレクレーションの機会を提供することを目的に実施するものです。

  

ツール・ド・しものせき2017.jpg

ツール・ド・しものせき2017

~ 魅力満載自転車旅、下関ファンになる一日 ~ 風景街道で自然を駆け抜け、おもてなしで味覚を楽しむ。 あなたも一日で下関ファン!

  

第9回津軽半島センチュリーラン.jpg

第9回津軽半島センチュリーラン

ふるさと・立佞武多の街五所川原を起点とした風光明媚な津軽 半島を全国に向けて発信し、環境にやさしい乗り物自転車をアピール しながら、健康と体力増進を図るものである。

1/7ページ(全62件)