「センチュリーラン」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

13/14ページ(全132件)

2014ツール・ド・国東 第33回大会 国東半島一周センチュリーラン.jpg

2014ツール・ド・国東 第33回大会 国東半島一周センチュリーラン

このイベントは終了しています。

この催しは、国東半島活性化の一大スポーツイベントとして、瀬戸内海国立公園に位置する『み仏の里』九州国東半島に全国の自転車愛好者を、お招きして、自然と神仏が一体となった国東半島独特の仏教文化と、地元の皆さんとの触れ合いを通じて、この地域の振興に寄与し、合わせて皆様の健康増進とスポーツレクレーションの機会を提供することを目的に実施するものです。

  

第10回銚子センチュリーライド2014.jpg

第10回銚子センチュリーライド2014

このイベントは終了しています。

毎年恒例の"銚子センチュリーライド"も今年は第10回目を迎えました。 潮騒洗う九十九里、犬吠埼からの大パノラマ、そして里山風景の広がる北総台地などセンチュリーライドならではの変化に富んだ自然の醍醐味と、いつも人気の地元特産のスイカなど魅力たっぷりな160kmに今年もチャレンジしてみませんか。 さあ、初夏の風を胸一杯に吸い込んで、北総の大地と太平洋の雄大な景観の中を力一杯走りぬきましょう!

  

美ら島オキナワCenturyRun2014.png

美ら島オキナワCenturyRun2014

このイベントは終了しています。

今年第5回目の記念大会を迎える"美ら島オキナワCenturyRun" 年明け一番の走りを、ここ沖縄を舞台に碧い海と空を感じることができる―。いえいえ、そんなもんじゃない! "美ら島オキナワCentury Run"は海沿いだけでなく、海の上を駆け抜けるコース設定。海を感じる国内外様々なロングライドイベントの中でももっとも身近に海を感じ、屈指の爽快感が味わえるイベントになっている。さらに1月でも温暖な沖縄は、晴れた日なら半袖でもOK(雨や風が強い日のために、アーム・レッグカバーとウィンドブレーカーなどを用意するのがおすすめ)。

  

いわき遠野歳時記満月祭・ハーフセンチュリーライド.jpg

いわき遠野歳時記満月祭・ハーフセンチュリーライド

このイベントは終了しています。

県内外の自転車愛好家に、いわき市の豊かな自然と文化が残る山間部を環境に優しい自転車で走り、いわきの魅力を感じていただくと同時に、山間部の経済発展、農林振興、観光力向上を目的に開催します。 また、大会の前夜に開催される「満月祭」は、イベントや地元物産の販売・展示を行う地産地消の交流会とします。

 

「四国の右下」ロードライド2013.jpg

「四国の右下」ロードライド2013

このイベントは終了しています。

徳島県南部(通称「四国の右下」)を舞台とするサイクリングイベントであり、毎年大好評をいただいている「四国の右下」ロードライドが今年も開催されます!! 「最後の清流」海部川、「知られざる川遊びスポット」日和佐川、「南阿波サンラインから臨む絶景」太平洋など、透明感のある「四国の右下」の自然の中を走り、ダイナミックな眺望をお楽しみいただくと同時に、「四国の右下」プレミアムな「エイドスポット」を数か所、クリスタルコース専用として特別にご用意いたしました。

 

第27回 オホーツクセンチュリーライド網走大会.jpg

第27回 オホーツクセンチュリーライド網走大会

このイベントは終了しています。

サイクルスポーツで紹介の日本一の景観と親切な役員がお迎えします。屈斜路湖の写真入りゼッケンにCP通過ステッカー付でプレゼント。4台の連絡車、回収車が参加選手をサポートします。

 

出雲路センチュリーライド2013.jpg

出雲路センチュリーライド2013

このイベントは終了しています。

第8回大会となる本年、コースは例年同様で、松江イングリッシュガーデンをスタートし、宍道湖を回り込むようにして奥出雲に向かい、神話の地を走り抜け、中海を経由して日本海沿岸沿いを回って戻ってくるという、まさに出雲路を味わいつくすサイクリングイベントです。160キロコースながら制限時間は10時間30分と余裕を持って設定されているのが特徴。参加者数は年々増加し、年々「出雲路ファン」が増加中という人気大会。年々コースを改善し、走りやすく、出雲路を満喫できる爽快なコースとなっています。

   

第9回銚子センチュリーライド2013.jpg

第9回銚子センチュリーライド2013

このイベントは終了しています。

毎年恒例の"銚子センチュリーライド"も今年は第9回目を迎えました。 潮騒洗う九十九里、犬吠埼からの大パノラマ、そして里山風景の広がる北総台地などセンチュリーライドならではの変化に富んだ自然の醍醐味と、いつも人気の地元特産のスイカなど魅力たっぷりな160kmに今年もチャレンジしてみませんか。昨年から開催時期を6月初旬に変更して走りやすさにも配慮しました。 さあ、初夏の風を胸一杯に吸い込んで、北総の大地と太平洋の雄大な景観の中を力一杯走りぬきましょう!

 

13/14ページ(全132件)