「エンデューロ(耐久)」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/28ページ(全280件)

     

2020年 3.11メモリアルシクロクロス 協力:関西シクロクロス.jpg

2020年 3.11メモリアルシクロクロス 協力:関西シクロクロス

【3.11メモリアルシクロクロスの開催趣旨】 東日本大震災に対して、自転車乗りとして何かできないかと考え、2012年に関西シクロクロス参加者有志で「3.11を忘れない関西クロスの仲間たち」を立ち上げ、本大会を始めました。自転車競技者の自己表現としてレースに参加する。そんな行為が被災地の支援に繋がる場を提供できればと思い、毎年3月11日に近い日曜に、本大会を開催しています。 東日本大震災から9年が経過しましたが、時が経つと、あの大災害も風化するのではないかという恐れがあります。我々は本大会を継続的に開催することで、記憶が色あせないようにしたいと考えています。一人でも多くの人にこの大会に参加して頂いて、未曾有の大震災を思い起こし、2万人を超える犠牲者を追悼する日にできればと思います。 参加費から費用を差し引いた分は、被災地への寄付金といたします。東日本大震災以降も日本各地で大きな災害が続いていますので、集めた寄付金は、日本赤十字社を通じ、より支援を必要としている被災地に寄付いたします。

  

チャレンジリーグ'20 スプリングエンデューロードinはりちゅう.jpg

チャレンジリーグ’20 スプリングエンデューロードinはりちゅう

高低差約40mのコース スタートからいきなり上りのコースですが、緑に囲まれているので下りは爽快!コース幅は全体を通して約7.5mと余裕があるので、マイペースに走ることもできます。 チームでも楽しめるエンデューロ 120分エンデューロは、ソロはもちろんチーム(2~3人)でもご参加いただけます。挑戦しやすい走行時間ですので、耐久レース初参加・初心者の方もぜひお気軽にチャレンジしてください。

  

第10回 おかやまエンデューロ.jpg

第10回 おかやまエンデューロ

毎年春に開催している「おかやまエンデューロ」は、2020年に記念すべき10回大会を迎えることができます!これも参加者の皆様の熱烈なご支援の賜物と深く感謝しております。 山陽地方を中心に西日本各地の皆様よりここ岡山国際サーキットを舞台にした自転車のお祭りを開催して欲しいとの強いご要望があった10年前、鈴鹿サーキットにおけるエンデューロ大会で培ってきたノウハウを投入。安全で楽しいエンデューロの祭典を目指して邁進してまいりました。 開催種目は、チームで仲間と楽しめる6時間・4時間エンデューロとソロ種目として人気のアタック180・150・100を実施します。 10回大会を記念してサイクルバザールや抽選会、サブイベントなど充実した企画を検討中です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

        

チームうっかりpresents ふるさとの森MTB耐久レース.png

チームうっかりpresents ふるさとの森MTB耐久レース

自然豊かな常陸太田の地で開催されるアットホームな雰囲気の『チームうっかりpresentsふるさとの森MTB4時間耐久レース』 ふるさとの森MTBトレールコースは、地形を生かしたダイナミックな本格コースに、子供達も楽しめるキッズトレイルコースの融合。小学6年生以下はクロスカントリー形式での競技有り! 初心者でも気楽に参加できる雰囲気や、仲間との思い出づくり、日々のストレスを忘れさせてくれる心地の良い時間を、お楽しみください。

  

supported by ろんぐらいだぁすとーりーず!第3回 キャラクターエンデューロ 2020 in茂原.png

supported by ろんぐらいだぁすとーりーず!第3回 キャラクターエンデューロ 2020 in茂原

サイクルとランニングの競技開催決定! キャラクターとスポーツ愛好家なら誰でも楽しめるイベントが茂原ツインサーキットにて行われます! 興味があるあなたのチャレンジをお待ちしています!

  

第9回指宿温泉MTB耐久.jpg

第9回 指宿温泉MTB耐久

このイベントは終了しています。

晴れたら5時間、雨なら短縮 晴れても3時間クラスあり 晴れたら8時間クラスもあり(定員10チーム程度) 今回で9回目を迎えた指宿温泉MTB大会。これまで2度会場が変わり、競技時間も4時間から4.25時間、5時間と延び、更に3時間クラスや8時間クラスも加わりました。参加してくださる方も第1回大会の倍以上に増えました。しかし、この大会を始めたときの思い、指宿にたくさんの方に来て頂き、指宿の良さを知って頂きたい。そのためには、参加者、応援の来場者に「指宿良かったね。」と言ってお帰りいただかねければいけないという気持ちは変わりません。今年も常に参加者目線で大会を企画・運営し、参加者が喜んでくれるなら、楽しいと思ってくれるならと、効率の悪いこと、手間のかかることにも敢えて取り組んでまいります。とは言え、毎年同じことの繰り返しにならないように、スタッフみんなで新しいことも考えています。どうか、ご家族やお友達、チームのお仲間などお誘いあわせのうえ、多数のお申込を頂けますようお願い申し上げます。

1/28ページ(全280件)