「エンデューロ(耐久)」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/26ページ(全254件)

  

第20回 スズカ8時間エンデューロ.jpg

第20回 スズカ8時間エンデューロ

日本のサイクルエンデューロの草分け的大会として1999年に始まったスズカ8時間エンデューロ。F1日本グランプリやモータ−サイクルの"8耐"でおなじみの鈴鹿サーキットで開かれる元祖"自転車の8耐"は、日本最大級のエンデューロにまで成長し、おかげさまで今年で20回の節目を迎えることができました! これまで本大会に参加してくださったエンデューロファンに感謝の気持ちを込めて、20周年記念大会は、スズカ8時間エンデューロの魅力をそのままに、例年以上に豪華賞品が登場する抽選会を1日なんと2回も開催するなど、節目の大会にふさわしい特別な1日にいたします! 開催種目は、8時間エンデューロと4時間エンデューロ、アタック240、トロッフェ・バラッキとおなじみのラインナップ。4時間エンデューロはロード、フラットバー、WOMAN、ママチャリなど、多彩な車種別・メンバー構成別のクラスに分かれて行われ、ソロでもチームでも参加可能。8時間エンデューロはチーム種目のみですが、「ソロで長距離に挑みたい!」というエンデューロ愛好者のためにアタック240が開催されます。 アタック240オープンと4時間ロードソロは、総合3位までの表彰のほか、年代別の表彰も実施。総合では若い選手にかなわなくても、年代別でトップになれば表彰台に立つことができます!

  

第8回 モリコロパークサイクルフェスティバル2019.jpg

第8回 モリコロパークサイクルフェスティバル2019

モリコロパークを自転車で駆け抜けよう!みどりの森で風を感じよう!みんなで楽しもう♪ ファミリー・女性も大歓迎!チームみんなで盛上ろう! 競技は4種目!ソロとチーム等ダブルエントリーも大歓迎! ロードレーサー、MTB、小径車、ママチャリなど、車種を問わず誰でも参加できます。 ・完走を目指そう!60分エンデューロ! ・90分間コースを駆け抜けろ!90分エンデューロ! ・仲間とワイワイ楽しもう!2時間エンデューロ! ・お父さん、お母さんと走ってね!ファミリーライド!

  

秋のしもふさクリテ2019.jpg

秋のしもふさクリテ

今年で8回目を迎えます「秋のしもふさクリテ」 紅葉の自然の中を走る初心者向けのサイクルロードレースとタイムトライアルのイベントです。 定番の「120分エンデューロ」は、男女別の他、20歳以下、50歳以上、60歳以上を別途表彰。 「クリテリウム」は、自身のレベルに合った種目を選べる子供から大人までが、一日中楽しめる内容となっております。 チーム・マトリックス パワータグが行うサイクルクリニックも開催!各種目でもプロ選手(招待選手)がサポートライダーをつとめ、安心して参加できるように安全対策をとっています。 皆様のご参加をお待ちしております!

  

チャリ1グランプリ2019inオートポリス.JPG

チャリ1グランプリ2019inオートポリス

☆★チャリ1グランプリ★☆ 子供から大人まで楽しめるママチャリ4時間耐久レース! 1番を目指したいあなた、仮装で個性を出したいあなた、とにかく運動したいあなたも、大大歓迎です!楽しみ方はみんなそれぞれです! 夏の思い出を家族や仲間とオートポリスで作りませんか?

  

バイクナビ・グランプリ2019 第15回 ツール・ド・新城.jpg

バイクナビ・グランプリ2019 第15回 ツール・ド・新城

公道レースをたっぷり堪能できるエンデューロが大好評のツールド新城!新城総合公園を会場とし、周辺公道を使用した1周2.6kmの周回コースは、安全で走り易いコースとなっています。 第15回となる今年は60分、90分、120分のエンデューロが開催!お馴染みのキングは90分+120分の2レース(210分)のエンデューロとなります。令和元年、真夏の新城を駆け抜けろ!

     

バイクナビ・グランプリ2019 第9回 北播磨サイクルエンデューロ.jpg

バイクナビ・グランプリ2019 第9回 北播磨サイクルエンデューロ

関西圏唯一のバイクナビグランプリ「北播磨サイクルエンデューロ」9月1日(日)開催! テクニカルなコーナーと適度な起伏が特徴の三木総合防災公園(みきぼうパークひょうご)特設コース。 緑あふれる開放的な雰囲気のなかでスポーツライドを是非お楽しみください。 ビギナーも楽しめる1時間エンデューロ種目も新設されました。

  

野沢エンデューロ2019.jpg

野沢エンデューロ

マウンテンバイクは野山を下る自転車好きの面白い工夫と遊び心から発生し、機材の進化については当時考えも及ばなかったであろう幾多の開発と試行錯誤を世界中の自転車関連研究者が重ね現在のカタチに至っています。 同時に用途しかり競技形態も様々に派生し、そのひとつ《マウンテンバイク エンデューロ 》は静かに日本国民に浸透を始めています。 広大な夏の野沢温泉スキー場に於いて開催してきたマウンテンバイク エンデューロは【野沢エンデューロ】と名称を改めさらに親しまれる大会運営、計時計測を重ねていきます。 2019年7月20日~21日、野沢温泉スキー場山麓一帯は野沢エンデューロの舞台となり各地から多くのマウンテンバイクライダーが集結しスピード感ペダリング感たっぷりの草原を激走します。 シングルトラック、ジープロード、キャンバー下り、ぶな林コース、判断ミスがタイムロスを招くロックドロップオフ、自身のフィジカルと頭脳を駆使したコース攻略がタイム短縮に大きく繋がります。 大自然、野沢温泉があなたを待っています。

  

1/26ページ(全254件)