「グランフォンド」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/7ページ(全68件)

第10回グランフォンド ピナレロ八ヶ岳.jpg

第10回グランフォンド ピナレロ八ヶ岳

グランフォンド八ヶ岳とは 八ヶ岳南麓・山梨県北杜市を舞台に行われる、獲得標高2,000m以上、 標高差約1,000mを誇る、日本国内でも屈指の本格山岳グランフォンド。八ヶ岳高原の絶景、 地元のあたたかいおもてなし、充実したエイドステーションなど、大人気のロングライドイベントです。今年で記念すべき10回目の開催となります。

  

ヴィオラフォンド信州とうみ.jpg

ヴィオラフォンド信州とうみ

「グランフォンド軽井沢」の姉妹大会として初開催される、「自転車女子」が主役の高原ロングライドイベント。ワインの街・東御をスタートし、小諸~軽井沢~嬬恋を巡る、浅間山麓一周コースです。 参加カテゴリーは2つ。 土曜、日曜それぞれ45kmほどに分け、一泊二日で90kmをのんびり走る「ハーフ&ハーフ90」と、1Dayで80kmを走る「オーヴァル80」。 仲間と一緒に「自転車女子会」をお楽しみください!

  

北アルプス山麓グランフォンド 2019.jpg

北アルプス山麓グランフォンド 2019(Nothern Alps Granfond 2019)

■北アルプスの雄大な自然、景観 間近に見える北アルプスの荒々しい山々の姿のほか、仁科三湖(青木湖・中綱湖・木崎湖)や里山風景、田園風景などの見事な景観を楽しみながらサイクリング! ■地域色豊かなおもてなし 大会全体を通じて地域色豊かなおもてなしを企画しております。お楽しみに! ■北アルプスの観光を満喫!

  

第7回 グランフォンド摩周.jpg

第7回 グランフォンド摩周

道東の絶景ロケーションを走り抜ける長距離ライド。 初心者からたっぷり走りたい方まで、たくさんの参加をお待ちしております。 ★地元のお母さんたちの温かなおもてなしと、美味しい地場産食材のエイド食が毎年大好評! ★摩周湖・屈斜路湖・硫黄山・多和平など、雄大な景色の中を走る絶景グランフォンド! ★最新情報はフェイスブックもチェック!

  

第8回 グランフォンドきよさと.jpg

第8回 グランフォンドきよさと

「グランフォンドきよさと」は初心者~上級まで3種類のコース。 自分のレベルや目標に合わせてエントリーできます。 すべてのコースで清里自慢の食材を使った食べ物をご用意しています。 清里町の美しい景色の中でのライディングと地元産の美味しいものを満喫してください!

  

2019グランフォンド京都.jpg

2019グランフォンド京都

京都府綾部市の[あやべグンゼスクエア](http://www.ayabe-gunze-square.com/) をスタート/フィニッシュとし京都府中丹地域を周回する、距離150km獲得標高が2060m(大浦半島を除いたショートコースは114km獲得票高は1400m)となる[コースで実施します。](http://yahoo.jp/ebL-IT) スタート/フィニッシュ地点はJR綾部駅より約600メートルと近く、公共交通機関での参加が可能で参加者用無料駐車場も近くの由良川河川敷などに確保しました。ゴール後は綾部駅に隣接した[「栄温泉」が割引で利用できます。](http://manekineko-k.com/shops/stay/sakae/) 朝7~8時の間に参加者のおもいのままに順次スタートします。途中、5カ所のAS(エイドステーション)を設け簡単な給食・給水と通過チェックを行います。最後尾はもちろん、集団の中程にサポートカーを複数台用意し、故障や緊急事態に対応できるようにします。参加者のみなさんのサイクリングを支援するかたちでサポートする体制です。参加者自身で責任を持って安全管理をお願いします。オフィシャルも自転車で参加します。 ASごとに撤収時間はありますが、関門ではないので走行停止を指示するものではありません。フィニッシュの閉鎖は17時。ロングもショートもスタート時間は同じです。受付時に詳細なコース図を提供します。フィニッシュ地点ではぜんざいなどの接待を行う予定です。 なお、このイベントはレースではありません。参加者は道路左端の一列走行、一時停止、信号などの交通規則を完全順守してください。

     

グランフォンドKOMORO2019.jpg

グランフォンドKOMORO2019

【エンジョイこもろ80】 浅間山麓の景色とエイドステーションの食事を楽しむ。 【チャレンジあさま100】 小諸を起点に浅間山麓を1周します。獲得標高1,790mの本格山岳グランフォンドです。 2019年よりモデルチェンジ。 【温泉スペシャル40】 小諸と軽井沢の往復40kmのコース。漫画「ろんぐらいだぁす!」にも登場した 温泉入浴付の超エンジョイコース。 (※菱野温泉の激坂はコース上にございます。)

  

石見グランフォンド2019.jpg

石見グランフォンド2019

自然と一体に... 世界遺産石見銀山遺跡の地で歴史文化を体感する 旧石見ライドから石見グランフォンドに代わり、通算14回目となる大会。例年通り200kmの大周回による開催となります。スタート・ゴールは大田市の久手海水浴場。例年同様、今回もグランフォンドからイメージされる険しい峠道の連続が「200km・190km」コースで設定されており、累積標高は3000mをはるかに越えるハードなコースです。最後の難関である三瓶山へのアプローチは、例年通りハイレベルなレイアウトになります。制限時間に間に合わなければ足切りとなり、自動的に190kmに迂回していただく事になります。一方、140kmのコースは、毎年定番のコースです。前半部分からロングコースとは離れ、あくまでも初心者・中級者に向けたサイクリングコースとなっております。そして、家族・初心者向けの70kmコースも人気急上昇中!より多くの愛好者が初夏の石見路を楽しめる大会として開催します。

  

グランフォンド軽井沢2019.jpg

グランフォンド軽井沢2019

メインは、軽井沢を起点とする浅間山麓一周約95キロ、累積標高約2000mの「グランフォンド軽井沢2000」と、約115キロ、累積標高約2400mの「グランフォンド軽井沢2400」の、本格山岳ロングライド。ロング・ライド完走記念品は、大会オリジナル「ハンドル・トップ・キャップ(アルミ削り出しアルマイト加工)!友だちや家族と、初夏の軽井沢をサイクリングしながら、グルメをたのしむ「グルメフォンド」も人気です。

1/7ページ(全68件)