「ヒルクライム」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/22ページ(全215件)

第7回 石鎚山ヒルクライム.jpg

第7回 石鎚山ヒルクライム

西日本最高峰石鎚山に挑む総延長22.1km、標高差920mを駆け上がる山岳ロードで、石鎚国定公園を走る抜群のロケーション、駆け引きや、ペース配分など戦略性を求められる全国でも珍しい2区間制のコースです。

  

やまなみ街道クライムライド2017.gif

やまなみ街道クライムライド2017

自転車というツールを活かし、中国地方広域サイクリングコース「やまなみ街道(島根)」、三瓶山周回道路周辺の山岳路という2つのヒルクライムコースと、江ノ川の景観が素晴らしい375号線などを夏の暑さの中、一気に走破するヒルクライムサイクリング。夏の地産食材を使ったグルメを堪能しつつ、酷暑の中、クライマーの限界に挑戦する大会。 同時に、沿道の地域住民との交流を図る。合わせて同伴家族に向けた夏のアクティビティやグルメ、温泉、などをアピールし、飯南町の交流人口の増加とやまなみ街道サイクリングの認知向上、飯南町サイクリング事業、観光振興の発展に貢献する。

  

白樺湖オフロードサイクルフェスティバル2017.jpg

白樺湖オフロードサイクルフェスティバル2017

会場は標高1600m、"八子ケ峰公園"(冬場はスキー場のゲレンデとなる)の大草原です。コースからは「美ヶ原」「霧ヶ峰」「車山」が一望され、更に、徒歩でひと頑張りして尾根上の展望台に立てば、八ヶ岳が目の前に拡がり、南・北・中央アルプス、遠くには菅平から浅間山の連山が見渡されるまさに「360°の大パノラマ」です。 今回のサイクルイベントは草原の中にコースを作り、MTB、シクロクロス、クロスバイク(オフロード用タイヤを装着のこと)等、機材・車種の区別無しで、大自然の中で爽やかな汗をかいて頂きたいと考えました。イベントは「親子連れ」から「足自慢」までどなたにもお楽しみ頂ける内容となっております。

  

ヒルクライム佐久2017.jpg

ヒルクライム佐久2017

自転車レース"ヒルクライム佐久"を今年も開催します。自然豊かな蓼科スカイラインを走るコース設定となっており、距離に応じてエントリーが可能なため、初心者から本格的なサイクリストまで参加します。

  

湯来ヒルクライム2017.png

湯来ヒルクライム2017

近年、高まる健康志向と地球環境に優しい乗り物として急速な広がりを見せる自転車による広島市唯一のヒルクライム(自転車登坂レース)を湯来地区の豊かな自然の中で開催し、地域住民と参加者が交流するとともに競技を通じて地区の魅力をアピールすることにより、活力にあふれる賑わいのあるまちづくりと新たな観光ニーズの創出を目的とします。

  

伊豆大島 御神火(ごじんか)ライド2017.jpg

伊豆大島 御神火(ごじんか)ライド2017

東京都の一番近い島「伊豆大島」を舞台に初めて開催されるサイクリングイベントです。高速船で最短1時間45分という手軽さながら、三原山等の大自然を満喫し、島のグルメをエイドステーションで楽しめて、アップダウンに富んだコースは走り応えも充分な魅力満載のイベントです。この機会に、島一にチャレンジしてください!

           

嬬恋キャベツヒルクライム2017.jpg

嬬恋キャベツヒルクライム2017(旧嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム)

1年に1度、万座ハイウェーがヒルクライムコースになる日 1日限定の特設コースは、計測距離19.8km・標高差1,012m・平均勾配5.1%と、ヒルクライムビギナーや女性にも最適。 メイン会場やフィニッシュ地点では、地元の美味しいおもてなしが堪能できます。 またヒルクライムの大会では珍しく、小学生のお子様も親子で参加できる種目や、最寄駅からメイン会場まで徒歩10分というアクセスの良さも必見です。 会場周辺には温泉を備えた宿泊施設も充実しており、ご家族や気の合う仲間たちで、満足度たっぷりの週末を初秋の嬬恋高原で過ごしませんか? エキスパート・一般の部は、3月末までお得な<早期割引>実施中!

1/22ページ(全215件)