「ヒルクライム」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/23ページ(全226件)

伊豆半島一周サイクリング『伊豆いち!』.jpg

伊豆半島一周サイクリング『伊豆いち!』(ロングライド&ヒルクライム)

サイクリスト憧れの伊豆半島を1泊2日でサイクリングする『伊豆半島一周サイクリング(通称:伊豆いち!)』を開催致します。今年は、昨年とは逆回りのコースとなり、2日間の走行距離200㎞、獲得標高3700mと、昨年より更にヒルクライム要素が強くなります。参加して伊豆半島を制覇しよう!

     

第16回 ヒルクライム大台ヶ原since2001.JPG

第16回 ヒルクライム大台ヶ原since2001

近畿の屋根と言われる吉野熊野国立公園内に位置する大台ヶ原。その神秘の峰々を望みながら走る「ヒルクライム大台ヶ原」は、距離28km、標高差1240mを競うタイムレース。「上級者向き」、「初心者には敷居が高い」と言われてますが、第1回大会より村民ボランティアによる手作りの大会で、アットホームな雰囲気の中、レース初心者から熟練者までが各々のスタイルで楽しんでおられます。ロードクラス、MTBクラス、チーム(ロード)クラス、親子クラス、カップルクラスに加え、小学校4年生~中学校3年生までの旧「キッズクラス」を「ジュニアクラス」に名称変更し、新たに小学校1年生~3年生までを対象とした「キッズクラス」を新設。また、平均勾配が10‰を超える林道区間に激坂区間賞を設けています。

        

2017 第2回 鶴峠サイクルマラソン.jpg

2017 第2回 鶴峠サイクルマラソン

地域の活性化、サイクリストの育成を目的とし、交通アクセスも中央高速上野原 IC から30分、都内からも1時間程度の好アクセスのこの地域を大会の主たる舞台として、晩秋の上野原市西原をスタート、鶴峠・原始村・深山橋・丹波山村・小菅村・鶴峠・西原にゴールする。途中、丹波山村と小菅村の村境(最高地点947m)、それから鶴峠とヒルクライムあり、ダウンヒルありのサイクリングイベントです。

        

やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2017.JPG

やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2017 栃木の「ラルプ・デュエズ」こと、八方ヶ原に挑戦せよ!

八方ヶ原は、栃木県矢板市にある標高1000~1200mの高原で、周辺には県民の森や赤滝・小滝・寺山の鉱泉があるなど、豊かな自然に恵まれた地域です。 このヒルクライムレースでは、八方ヶ原の観光道路を利用した全長13.4km、平均斜度7.1%、標高差950mを上ります。 八方ヶ原コースのゴールである大間々台の展望台からは、雄大な関東平野の眺望とともに大自然の楽園が出現します。 本大会では、矢板市を広くPRするとともに、地域の活性化と自転車のまちづくりを推進することを目的としています。

  

1/23ページ(全226件)