「ヒルクライム」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/32ページ(全313件)

愛媛スポーツ・レクリエーション祭2018サイクリング.jpg

愛媛スポーツ・レクリエーション祭2018サイクリング

愛媛スポーツ・レクリエーション祭に行われるサイクリング、広くスポーツ・レクリエーションの実践を図り、だれでも、どこでも、気軽に楽しみそれを通じて交流を深めることにより、明るく生き生きした活力に溢れ、健康で明るい生活の一層の充実に資する大会である。自己の体力の維持・増進のバロメーターとして全長約80kmの山岳コースを走破する、スタート後20km過ぎから25kmの間の一気に駆け上がる標高差約300m坂はヒルクライムに匹敵するこの大会の最大の難所かつ最高の醍醐味、頂上付近のエイドステーションで水分を補給してゴール目指して爽快に走ろう!

  

2018 第3回 鶴峠サイクルマラソン.jpg

2018 第3回 鶴峠サイクルマラソン

地域の活性化、サイクリストの育成を目的とし、交通アクセスも中央高速上野原 IC から30分、都内からも1時間程度の好アクセスのこの地域を大会の主たる舞台として、晩秋の上野原市西原をスタート、鶴峠・原始村・深山橋・丹波山村・小菅村・鶴峠・西原にゴールする。途中、丹波山村と小菅村の村境(最高地点947m)、それから鶴峠とヒルクライムあり、ダウンヒルありのサイクリングイベントです。

  

大星山サイクルフェスタinひらお しゅうなんクリテリウム.jpg

大星山サイクルフェスタinひらお しゅうなんクリテリウム

本大会は、自転車競技の選手層の底辺拡大及び全国レベルの選手の育成を主たる目的とし、青少年の心身の鍛練と高揚を図り、日頃の修練の成果をヒルクライム及びクリテリウム競技独特のレースで試し、スピードの極限に挑み、もって世界に飛躍する選手の養成の一助とする。

             

鹿野山ビューホテル2018房総グランフォンド.png

鹿野山ビューホテル2018房総グランフォンド

鹿野山ビューホテル前駐車場がスタート、ゴール地点となります。 南房総の山々を走り抜け外房に出て、また山々を走る山岳難コースです。 強脚と言えどトレーニング不足、体調不良時には完走できないことが予想されます。 中級者でもベテラン、クライマー、坂バカ仲間と一緒に走った方が身のためです。 初心者はまず完走できません。 サポートや救護、レスキューはありませんので、準備万端にしてチャレンジしてください。 スタート時間は自由ですが、暗くならないうちのゴールを目指してください。 暗くなる場合も想定しライト等の準備もお忘れなく。 ルートラボ上では11時間を超えると表示されていますので、早めのスタートをおすすめします。

     

第13回 那智勝浦町熊野古道ヒルクライム.jpg

第13回 那智勝浦町熊野古道ヒルクライム

高低差921mの古道を制する「大雲取山頂コース」か?それとも素晴らしい景観を 眺めながら仲間と楽しく「妙法山阿弥陀寺コース」か!あなたはどちらのコース を選びますか? レースの後は抽選会や地元名産のおもてなしでお腹いっぱいに! ゲストライダーとしてKINAN Cycling Teamの選手の他に、筧五郎選手と森本誠選手が来てくれます! 是非一緒にヒルクライムを楽しみましょう。

  

第1回 ほうふ幸せます大平山ヒルクライム.jpg

第1回 ほうふ幸せます大平山ヒルクライム

個人企画から始まり、小規模ローカルイベントとして今では地元サイクリスト達に愛される名物イベントにまで成長した大平山ヒルクライムがついに全国区に!?この度防府市が開催する「ほうふ幸せますまち博」のプログラムとして特別拡大版で開催決定!! さらになんと・・・サプライズゲストライダーにあのNHK「チャリダー!」等でお馴染み、坂バカ界のアイドルこと筧五郎さんを招聘!! 兼ねてからヒルクライムコースとして地元サイクリストに人気の大平山を、もっと広く多くの人に知って楽しんで頂き、ゆくゆくは大平山を総合的なサイクリストの名所として一年を通して楽しめるよう定着させることを目標としています。 約6.5km、平均勾配8.6%のコースを登り切れば、山頂公園からは歴史の街・防府市と瀬戸内海を見渡せるとても美しい景色を眺望できます。 大平山ヒルクライムは参加者と共に成長してきたアットホームで手作り感の強いイベントです。もっと気軽に、もっと楽しくをテーマに、皆で益々盛り上げて、防府市の大平山をサイクリストの名所として成長させていきましょう。

  

第1回 板鍋山ヒルクライム.jpg

第1回 板鍋山ヒルクライム

広域から集まる選手や随行者との交流を通じて豊栄町の板鍋山をはじめ各種 観光資源のPRに努め、町の賑わい創出を目指す。 また、地元の住民にも自転車というスポーツに直接触れていただく事でその魅力を 体験していただく場を設ける

  

1/32ページ(全313件)