「MTB・BMX・シクロクロス」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/11ページ(全108件)

MTB FESTIVAL 2019 in 緑山スタジオ・シティ.jpg

MTB FESTIVAL 2019 in 緑山スタジオ・シティ

開催日は新緑のマウンテンバイクレースシーズンが始まる4月1日です。 レース番組はキッズレース、3時間耐久レース、2時間耐久レースで構成されます。 3時間耐久レースにはメニューを沢山用意しましたので参加する選手の皆さまはそれぞれのスタイルで、工夫を重ねた独自のスタイルでご自分に合ったメニューを選びマウンテンバイクレースを満喫してください。 皆さまお誘い合わせでのご参加をお待ち申し上げます。

     

第3回 吉野大峯ヒルクライム.jpg

第3回 吉野大峯ヒルクライム

世界遺産を走る。桜で有名な奈良吉野山、修験道である吉野奥駆道に沿って走る吉野大峯林道を一気に駆け上がるヒルクライム。 全面通行止めで行う距離15.7km獲得標高850m本格的ヒルクライムレースです。3回目となる今回は招待選手に山神で有名な森本誠氏、昨年富士HCをコースレコードで優勝の田中裕士氏を迎えての開催です。前夜祭もありトークイベントや抽選会もあります。宿泊施設も充実していますので遠くからも気楽にご参加いただき奈良吉野を味わいに来てください。エントリー開始は2月8日、募集600名の予定(男子500名、女子50名、MTB50名)。

  

SDAクロスマウンテンバイク100km/42km/20km【5月】.jpg

SDAクロスマウンテンバイク100km/42km/20km【5月】

昨年、西日本を襲った豪雨の被害を受けた王滝村。 今年の大会開催が危惧されましたが、復旧の目途が立ちました。 大会は、復旧作業および林道整備等により、6月開催となりました。 種目は、例年通り100km/42km/20km/SS(シングルスピード)100kmを開催します。 大自然あふれる王滝村を満喫してください!

    

第2回・第3回 ファットバイク雪上グランプリ.png

第2回・第3回 ファットバイク雪上グランプリ

マウントジーンズ那須の山頂エリアを舞台に、ファットバイク(レンタルあり)を使い、2~3人のチーム制で多様なコースをリレー形式で競う大会です! 昨年第1回を開催して大いに盛り上がった大会が、さらにパワーアップして帰ってきました。 第2回大会(2019年2月23日開催)の優勝チームは、第3回大会(3月16日開催)にシード権付きでご招待!今シーズンの真のチャンピオンを決定します! 細かいカーブやジグザグ、上りや下りが織り交ざった体力よりも操作技術を問われる短めのテクニカルなコース。アップダウンを含む林道コース。また、バイクに乗らずに全員で行うチームワーク競技などなど! レースは2チーム対抗のマッチレースで行います!人数が多いチームの方がやや有利かも??! 予選のタイム上位3チームと敗者復活戦の勝者1チームの計4チームで決勝ラウンドを争います! 優勝賞品は那須の温泉旅館で使える3万円相当の宿泊券!(協賛:那須温泉旅館協同組合) 宿泊券の使える温泉旅館の一覧は那須温泉旅館協同組合のHPから さらに、入賞チームには春以降使えるマウントジーンズのゴンドラチケットや那須どうぶつ王国の招待券など豪華賞品も

  

第18回 鳥海山グルッと一周MTBサイクリング.jpg

第18回 鳥海山グルッと一周MTBサイクリング

鳥海山の山頂は日本海からわずか16Kmしかなく海抜2,236mの単独峰であり、この最高のロケ-ションを舞台にした「日本一のMTBロングライド」数々の絶景ポイント、美しさと苛烈さを持つ厳父然とした鳥海山に挑み、夕陽に輝く母なる日本海に帰るゴ-ルシ-ンは他では味わえない感動を与えてくれます。シングルロ-ド、林道、砂利道等オフロ-ド区間等コースに抜群の日本百名山に名を連ねる鳥海山麓を駈けるロケ-ションと達成感。 エイド、ゴ―ルは地元特産が楽しめる郷土食豊かです。 タイムレ-スでないので、地元の人とふれあい、のんびり写真撮影をしながら一日楽しく走ることができます。

        

第8回 指宿温泉MTB耐久.jpg

第8回 指宿温泉MTB耐久

このイベントは終了しています。

晴れたら5時間、雨なら短縮 晴れても3時間クラスあり 晴れたら8時間クラスもあり(定員10チーム程度) 明治維新150周年そして西郷どんブームに沸く鹿児島。それ以上に熱い思いで、今年も指宿温泉MTB大会を開催いたします。 8回目を迎えた今年は、賞状に使うオクラの和紙作りを市民参加型の体験会にするなどこれまで以上に多くの人を巻き込み、準備を進めてまいりました。関わる人は増えても、第1回大会の開催時からの参加者、応援の来場者に「指宿良かったね。」と言ってお帰りいただきたいという気持ちは変わりません。 参加者目線で大会を企画・運営し、参加者が喜んでくれるならと、効率の悪いこと、手間のかかることにも敢えて取り組んでまいりました。 また、今年は、記念すべき末広がりの第八回大会。走った選手はもとより、サポートの皆様方の自転車ライフが末広がりに充実すること間違いなしの大会にするためだけにスタッフ一同準備をしております。どうか、ご家族やお友達、チームのお仲間などお誘いあわせのうえ、多数のお申込を頂けますようお願い申し上げます。

  

1/11ページ(全108件)