「ツーリング・ポタリング」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

5/101ページ(全1001件)

第14回 愛知県渥美半島ぐる輪サイクリング.jpg

第14回 愛知県渥美半島ぐる輪サイクリング

のんびりと1日 ~風を感じ、風景を楽しみながら~ サイクリングしませんか。 太平洋を望む砂浜、太平洋ロングビーチは全国的にも知られたサーファーの楽園です。 その真っ青な空と海をバックに潮風に吹かれて颯爽とペダルを踏む・・・。 太平洋沿いに走る16kmのサイクリングロードでは、恋路ヶ浜・日出の石門を眺める雄大な風景が満喫できます。 雄大な太平洋、静かな三河湾を眺めながらのサイクリングは最高です! ゴール後にはGO!貝軍団によるあさり汁の提供。抽選会他お楽しみも御用意いたします。

  

南アルプスロングライド2018.jpg

南アルプスロングライド2018

2日間で190キロ、獲得標高2,900mを走破する国内屈指のロングライドイベント「南アルプスロングライド2018」開催!! 2日間でも、1日でも参加できます。 ゲストライダーは、今中大介さんと豪華ゲストで皆様をお待ちしております。 昨年は紅葉の山々を地元の味覚と坂道にてお楽しみください!!

     

第8回 自転車散歩inいぬやま2018.png

第8回 自転車散歩inいぬやま2018

好評のうちに今年で8回目を迎える「自転車散歩inいぬやま」は 犬山産業振興祭をはじめとする様々なイベントや地元B級グルメ、犬山の歴史や自然に親しみ 秋の犬山を自転車で巡る楽しい企画です。

     

じろで庄内.jpg

じろで庄内

じろで庄内2018(※来年予定の第1回に向けたプレイベント) 豊かな自然と数々の歴史文化に彩られた山形県日本海側の庄内地域。 広大な庄内平野と出羽山地・日本海が織りなす豊かな自然と、ユネスコ食文化創造都市として認定された豊かな食文化にふれるサイクリングイベントです。

  

第一回 信州稲倉の棚田 デュアルダートクライム.jpg

第一回 信州稲倉の棚田 デュアルダートクライム

日本の里山の原風景、棚田。信州稲倉の棚田は、全国棚田百選にも選ばれた景勝地です。 https://inaguranotanada.jimdo.com/ この棚田で、あぜ道のオフロードを自転車で駆けあがるレース 「信州稲倉の棚田 デュアルダートクライム」です。 開催の時期は刈り入れ前の、稲穂の美しさが極まる時期。その中をMTBやシクロクロスバイクなどの自転車で全力で駆け抜けます。

  

第2回 白馬コンサイクリング ~Deai・Wa・Hakuba~.jpg

第2回 白馬コンサイクリング ~Deai・Wa・Hakuba~

スポーツバイクを始めたけど、一緒に走るパートナー・仲間をお探しの方、これからロングライドにチャレンジしたい方、白馬エリアの秋の大自然を一緒に走って、素敵なDeai(出会い)を見つけましょう!

  

ツール・ド・南みやざき2018.jpg

ツール・ド・南みやざき2018

南国宮崎県の最南端、自然豊かな「串間市」を満喫できる3コースをご用意! 今回もおとなり日南市南郷町と志布志市も走る広域コース! Aコースは上級者向けのガッツリコース。山あり海あり、南郷町を経由して幸島、都井岬をめぐる、串間の大自然を堪能できる90kmです。 Bコースは中級者向けコース。Aコースを一部ショートカットして都井岬を目指します。60km。 Cコースは初心者、子供さんでも安心のゆったりコース。雄大な志布志湾を望みながら、志布志市のダグリ岬を目指します。35km。 各エイド、昼食には串間市、志布志市、南郷町の豊かな自然が生み出した海の幸、山の幸をふんだんに使用したメニューをご用意。当イベントだけの限定メニューも!? サイクリングに興味はあるんだけど自転車がない...子どもや奥さんといっしょに走りたい...そんな皆さんにも参加してほしいとの思いでレンタル自転車もご用意しております。ぜひご利用ください。

  

若狭路“裏”センチュリーライド「レインボーライン&エンゼルライン ゴリゴリヒルクライム編」.jpg

若狭路“裏”センチュリーライド「レインボーライン&エンゼルライン ゴリゴリヒルクライム編」

あの『レインボーライン』をロードバイクで楽しめるチャンス! 「海」「山」「湖」と風光明媚な素晴らしい自然に恵まれた若狭路。中でも『レインボーライン』は三方五湖や日本海の絶景が望める若狭路有数の観光地です。通常は自動車専用道路の『レインボーライン』ですが、年に1回のサイクリングイベント『若狭路センチュリーライド』のときだけロードバイクで通ることができ、毎年1,000名以上のサイクリストに楽しんでいただいています。 年を追うごとに『若狭路センチュリーライド』へのエントリー希望者が増え、『レインボーライン』を知っていただいた方も増えてきましたが、1日限定のイベントへの参加人数には限りがあります。そのため、もう少し間口を広げることによって、少しでも多くの方々に『レインボーライン』の素晴らしさを体感していただきたいと考え、今回サイクリングツアーを計画しました。

5/101ページ(全1001件)