「ロードレース」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/11ページ(全105件)

     

ツール・ド・北海道2018 市民レース大会.jpg

ツール・ド・北海道2018 市民レース大会

このイベントは終了しています。

「ツール・ド・北海道2018」(UCI公認国際大会)の開催に併せ、一般の市民の方が自由に参加できる「市民レース大会」を次のとおり開催します。今年の競技種目はタイムトライアルとロードレースです。 ロードレースについては、「ツール・ド・北海道2018」国際大会のコースの一部を使用して行う予定としていますので、皆さんの実力を十分に試すことができます。奮ってご参加ください。

    

松本ヒルクライム.jpg

松本ヒルクライム

このイベントは終了しています。

「松本ヒルクライム」 松本市の西・乗鞍岳を会場に、1986年より32回開催の「マウンテンサイクリングin乗鞍」。松本市の東・美ヶ原高原を会場に、2000年より18回開催の「ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会」。いずれもサイクリストの支持を得て個々に大会を実施している自転車のヒルクライムレース。2017年、同じ松本市内で開催される自転車のヒルクライムレース2大会を「松本ヒルクライム」と命名し、様々なコラボレーション事業、合同プロモーションを行い、未来に向けて両大会を盛り上げていくことの取り決めがなされました。 今年33回目を数えるヒルクライムのパイオニア。ゴール標高2,720mは国内レース最高所であり、空に一番近いバイシクルロードをコースとする「マウンテンサイクリングin乗鞍」。スタート地点から第1チェックポイントまでの約4km区間の標高差400m、国内屈指の激坂を擁する「ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会」。 この2大会をシリーズ化し男女チャンピオンを決めるのが、「松本ヒルクライムシリーズ」であり、優勝・入賞者を称えるとともに、シリーズ戦により各大会の更なるグレードアップを図り、【ヒルクライム=松本】のブランディングを行うものです。

        

第37回 大分県チャレンジサイクルロードレース.jpg

第37回 大分県チャレンジサイクルロードレース

このイベントは終了しています。

自転車競技の普及及び自転車振興のため、県民の心身の健全な発達に寄与する取り組みとして、「第37回大分県チャレンジサイクルロードレース」を開催いたします。大分県内外の皆様のご参加をお待ちしております。

     

第11回 ツール・ド・宮古島2018.jpg

第11回 ツール・ド・宮古島2018

このイベントは終了しています。

常夏のスポーツ&リゾート-エコ-アイランド「宮古島」を舞台に開催する「第11回ツール・ド・宮古島2018」。宮古島の美しい大自然の中を、サイクリング&ロードレースで爽快に駈け抜け、感動のゴールがあなたを迎えます!

  

もみじサイクルロードレース 2018.jpg

もみじサイクルロードレース 2018

このイベントは終了しています。

本レースは、ジュニアの育成に焦点化し、ジュニアの実力を底上げすることにより自転車レース全体のレベルを上げることを目指し立ち上げました。プレ大会を含め10シーズンを終え、その役割をある程度達成できました。 ジュニアの実力とスキル、実践レースにおけるレース勘を養うためには、ある程度の人数による集団レースを数多く経験することが不可欠と考えています。 これからもより多くの人に実践トレーニングのレースに参加してもらうべくジュニアは年間5戦、そして今年からはジュニアより上のオープンクラスを新設定し年間3戦のシリーズレースを開催します。両戦ともステージレースのイメージでシリーズチャンピオンジャージを目指し、レースを楽しんでいただきたい。 このシリーズ戦を計画的かつ効果的に年間トレーニングに組み込むことで、モチベーションを保つきっかけとなれば幸いです。 そして、2020年の東京オリンピックが迫っています。この「もみじサイクルロードレース」をステップに多くの選手が世界で戦ってもらうことと、多くのロードレースが当たり前に開催され、手軽に参加することで実力をつけるといった、ヨーロッパのような恵まれたレース環境作りのため微力ではあるが本大会が引き続き貢献できればと願うばかりです。

1/11ページ(全105件)