「中部地方」のサイクリングイベント情報(新着順)

    

1/44ページ(全435件)

  

ヴェロフェスタ2019 in モリコロパーク with KINAN Cycling Team/シーズンエンドパーティー.jpg

ヴェロフェスタ2019 in モリコロパーク with KINAN Cycling Team/シーズンエンドパーティー

愛知県の愛・地球博記念公園:モリコロパークで行われる「入門ライダー向け」がコンセプトのエンデューロイベント"ヴェロフェスタ2019 inモリコロパーク"。 モリコロパークで第6回の開催となる今年は、12月15日(日)に開催します。 1年の走り納めはモリコロパークに集まろう! 様々なイベントが開催される東海地域のライダーからとても人気のサイクリングコースが整備されたモリコロパーク。 全長約5kmの専用コースで、高速コーナーからヘアピンまで多彩なコーナーがあり、スピード感あふれるエキサイティングな走りを体験できるコースです。 ワインディングを流れるように走る感覚はまるでジェットコースターを走っているような気分を味わえます。 そんなモリコロパークで開催されるイベントが"ヴェロフェスタ inモリコロパーク"なんです! 60分/120分と力量に応じて走る時間を選べ、ソロ/ペアのカテゴリーを用意していますので初心者も女性も気軽に参加可能!

  

バイクナビ・グランプリ2019 第12回 ツールドモリコロパーク.jpg

バイクナビ・グランプリ2019 第12回 ツールドモリコロパーク

バイクナビ・グランプリ2019 第12回 ツールドモリコロパーク 今シーズンの最終戦となる秋のモリコロ。 愛・地球博記念公園1周5.1kmのサイクリングコースを舞台にしたエンデューロ。路面状況もよく走りやすいコースが魅力です。 今回は60分、90分、120分のエンデューロが開催!お馴染みのキングは90分+120分の2レース(210分)のエンデューロとなります。

  

南アルプスロングライド2019.jpg

南アルプスロングライド2019

2日間で190キロ、獲得標高2,900mを走破する国内屈指のロングライドイベント「南アルプスロングライド2019」開催!! 2日間でも、1日でも参加できます。 ゲストライダーは、今中大介さんと豪華ゲストで皆様をお待ちしております。 昨年は紅葉の山々を地元の味覚と坂道にてお楽しみください!!

  

チャレンジライドにいかわ2019.jpg

チャレンジライドにいかわ2019

今年で8回目。 立山黒部ジオパークを走ろう。 富山県の東部に位置する自然に恵まれた新川地区3市3町を回るサイクリングです。 海と山が近く山の中の宇奈月温泉の渓谷、ヒスイ海岸の朝日町を回ります。 立山黒部ジオパークに認定されている富山県の東部を多くの人に知ってもらいたい。 コースは4コース。 60キロコースは小学生の家族連れから年配の参加者まで幅広く人気あります。 80キロコースはロードバイク初心者など小学生のペースより速くなります。 サイクリングに挑戦してみよう、ゆっくり走りたいなど黒部川沿いを走ります。 85キロから110キロコースは、黒部市魚津市の海の近くからアップダウンのある山際を走り宇奈月、朝日町を回ります。ショートカットがあるので力に合わせて走れます。 130キロコースは滑川市まで距離を延ばします。東福寺公園の坂が増えます。 一年の締めくくりに景色を楽しみながら走ったり、走ったことのない距離にチャレンジしてもらいたいと思っています。

  

CTJマーク.png

「ぐるっと!にいかわサイクリング2019」 ~グルメ&健康スタンプラリー!~

昨年、初開催した越中にいかわ観光圏協議会主催の『ぐるっと!にいかわサイクリング』。前回は、新川地区を巡るMAPの特性を生かすためNTT西日本で開発された『いまどこ』アプリを活用したスタンプラリー企画を実施しました。 今回もキックオフのサイクリングイベント開催後、翌日から1ヶ月ほどの間、いつでも事前申し込み無し、参加無料のスマホでのスタンプラリーを実施し、新川地区での継続的な自転車の活用を推進します。 今回は、健康をテーマにした大会として、スタート前・ゴール後の血圧を図り、消費カロリーなど健康維持のため継続的に自転車を活用することを知ってもらいます。また、サイクリングの途中に立ち寄りたい健康に良い飲み物、食べ物を提供するお店もエイドポイントとして紹介します。 また、期間中に何度もコースを走ってもらいスタンプラリーを活用してどのくらいの距離を走ったかを評価し賞品をお送りします。

  

苗場山麓ジオサイクリング2019.jpg

苗場山麓ジオサイクリング

このイベントは終了しています。

~収穫期を迎えた奥信越の秘境で 秋の絶景と魚沼産コシヒカリの新米を喰らう贅沢旅~ 開催地域となる新潟県津南町と長野県栄村は、日本百名山「苗場山」の麓に位置し、日本最大級の河岸段丘という特異な地形をはじめ、縄文期からの歴史ある地球活動を経て、今もなお数多くの自然遺産を残す奥信越の秘境エリアです。 その豊富な自然遺産、日本らしいふるさと景観を活用した教育観光活動が評価され、「大地の公園」を意味する「日本ジオパーク」の認定を受けています。 魚沼という日本を代表する米産地が実りを迎えるこの時期、両町村にまたがる秘境地「秋山郷」を含め、「食」と「景観」を最大限楽しむイベントとして開催するのが、苗場山麓ジオサイクリングです。

  

2019 第4回 鶴峠サイクルマラソン.jpg

2019 第4回 鶴峠サイクルマラソン

月夜見サイクルマラソンに続く第二弾!!地域の活性化、サイクリストの育成を目的とし、交通アクセスも中央高速上野原ICから30分、都内からも1時間程度の好アクセスのこの地域を大会の主たる舞台として、晩秋の上野原市西原をスタート、鶴峠・原始村・深山橋・丹波山村・小菅村・鶴峠・西原にゴールする。途中、丹波山村と小菅村の村境(最高地点947m)、それから鶴峠とヒルクライムあり、ダウンヒルありのサイクリングイベントです。

  

南砺城端サイクリング祭 第1回 隅から隅までずずずいーっとエシカルライド.jpg

南砺城端サイクリング祭 第1回 隅から隅までずずずいーっとエシカルライド

このイベントは終了しています。

今年スタートの「南砺城端サイクリング祭」。6月には「第1回城端ぐるっとエンジョイサイクリング」をファミリー向けの企画として初開催。そしてこの10月27日には秋の大会として、約100kmを走るロングライド「南砺城端サイクリング祭 隅から隅までずずずいーっとエシカルライド」を実施します。富山県南砺市の豊かな自然や城端伝統の街並み、日本最大級の散居村そして世界遺産・五箇山合掌造り集落を巡るコースを サイクリストの皆さんに思う存分堪能してもらう大会です。また、当大会のタイトルにあるエシカルライドは、これからのサイクルツーリズムに向け、「楽しく走って賢く役立つ」の思いを託したものです。秋の南砺のロングライド、エシカルな走りで更なる達成感を味わってください。

  

PEDAL MARK(ペダルマーク)2019.jpg

PEDAL MARK(ペダルマーク)

スポーツサイクルで制限時間内に地図上に落とし込まれたチェックポイントを自由に巡る、ロゲイニング形式のサイクルイベント「PEDAL MARK(ペダルマーク)」! チームで作戦を立て、頭と体力をフル活用し、地図をみながらポイントまわり点数をゲットしていく奥三河初開催となる新感覚のイベントです。

1/44ページ(全435件)