「長野」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/13ページ(全121件)

第一回 信州稲倉の棚田 デュアルダートクライム.jpg

第一回 信州稲倉の棚田 デュアルダートクライム

日本の里山の原風景、棚田。信州稲倉の棚田は、全国棚田百選にも選ばれた景勝地です。 https://inaguranotanada.jimdo.com/ この棚田で、あぜ道のオフロードを自転車で駆けあがるレース 「信州稲倉の棚田 デュアルダートクライム」です。 開催の時期は刈り入れ前の、稲穂の美しさが極まる時期。その中をMTBやシクロクロスバイクなどの自転車で全力で駆け抜けます。

  

第2回 白馬コンサイクリング ~Deai・Wa・Hakuba~.jpg

第2回 白馬コンサイクリング ~Deai・Wa・Hakuba~

スポーツバイクを始めたけど、一緒に走るパートナー・仲間をお探しの方、これからロングライドにチャレンジしたい方、白馬エリアの秋の大自然を一緒に走って、素敵なDeai(出会い)を見つけましょう!

  

アルプスあづみのパークエンデューロ2018.jpg

アルプスあづみのパークエンデューロ2018

このイベントは終了しています。

〇真夏の早朝、国営アルプスあづみの公園で開催する3時間ロードエンデューロです。 〇あづみの公園には通常自転車は入場できませんが、この大会では公園内も奏功することができます。 〇コースは公園内を半周、外周路を半周する1周約3.8kmの周回コースです。 〇北アルプスの麓、標高750mの涼しい林間コースで、熱く走ろう! 〇大会終了後は近くの日帰り温泉で汗を流してください。

  

白樺湖オフロードサイクルフェスティバル2018.jpg

白樺湖オフロードサイクルフェスティバル2018

標高1,600mの高原。高台に登ると八ヶ岳、南・北・中央アルプスの山並みを望むことができる360°のパノラマが広がります。 自然豊かな草原でお子様から足自慢の方まで、またMTB、シクロクロス車、クロスバイク(オフロードタイヤ装着)等車種の区別なしで楽しむことができる内容です。 ヒルクライムレースは数少ないオフロードヒルクライムです、激坂チャレンジヒルクライムと一緒にチャレンジしてみて下さい。オフロードサイクリングは初級者でも参加できます。 少しの上り坂は少し頑張って上りましょう、達成感が広がります。爽やかな草原と心地良い汗。ご家族やお仲間とご一緒に高原の2日間をお楽しみください。

  

マウンテンバイク エンデューロ ジャパンオープン.jpg

マウンテンバイク エンデューロ ジャパンオープン

このイベントは終了しています。

マウンテンバイクは野山を下る自転車好きの面白い工夫と遊び心から発生し、機材の進化については当時考えも及ばなかったであろう幾多の開発と試行錯誤を世界中の自転車関連研究者が重ね現在のカタチに至っています。 同時に用途しかり競技形態も様々に派生し、そのひとつ<マウンテンバイク エンデューロ>は静かに日本国民に浸透を始めています。広大な夏の野沢温泉スキー場に於いて開催してきたマウンテンバイク エンデューロは【マウンテンバイク エンデューロ ジャパンオープン】となりタイトルに相応しい大会運営、計時計測を重ねていきます。2018年7月7日~8日、野沢温泉スキー場山麓一帯はマウンテンバイク エンデューロ ジャパンオープンの舞台となり日本全国から多くのマウンテンバイクライダーが集結しスピード感満面の草原、シングルトラック、ジープロード、キャンバー下り、杉林コース、ドロップオフ、一度の判断ミスがタイムロスを招くテクニカルセクション、自身のフィジカルと頭脳を駆使したコース攻略がタイム短縮に大きく貢献する マルチプルコースがyouを待っています。本大会はジャパンオープンを冠した下り系マウンテンバイクエンデューロです。

    

松本ヒルクライム.jpg

松本ヒルクライム

このイベントは終了しています。

「松本ヒルクライム」 松本市の西・乗鞍岳を会場に、1986年より32回開催の「マウンテンサイクリングin乗鞍」。松本市の東・美ヶ原高原を会場に、2000年より18回開催の「ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会」。いずれもサイクリストの支持を得て個々に大会を実施している自転車のヒルクライムレース。2017年、同じ松本市内で開催される自転車のヒルクライムレース2大会を「松本ヒルクライム」と命名し、様々なコラボレーション事業、合同プロモーションを行い、未来に向けて両大会を盛り上げていくことの取り決めがなされました。 今年33回目を数えるヒルクライムのパイオニア。ゴール標高2,720mは国内レース最高所であり、空に一番近いバイシクルロードをコースとする「マウンテンサイクリングin乗鞍」。スタート地点から第1チェックポイントまでの約4km区間の標高差400m、国内屈指の激坂を擁する「ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会」。 この2大会をシリーズ化し男女チャンピオンを決めるのが、「松本ヒルクライムシリーズ」であり、優勝・入賞者を称えるとともに、シリーズ戦により各大会の更なるグレードアップを図り、【ヒルクライム=松本】のブランディングを行うものです。

  

信州なかがわ陣馬形山ヒルクライム.jpg

信州なかがわ陣馬形山ヒルクライム

信州伊那谷の中央に位置する陣馬形山は、天竜川の河岸段丘である伊那谷と、その両側にそびえる中央・南アルプスを一望する展望台である。標高515mの中川文化センターをスタートに、標高1,445mの陣馬形山頂まで一気に駆け上がる全長11.5km、獲得標高930mの坂バカ垂涎のヒルクライムです。

        

北アルプスサイクリングツアー2018.jpg

北アルプスサイクリングツアー2018

日本アルプス観光連盟が主催する「北アルプスサイクリングツアー」今年は春と秋の2回開催します! 4月は桜ステージ、10月は紅葉ステージ、北アルプス山麓の魅力をたっぷり楽みながら走ってください。 ポイント(1)春の桜、秋の紅葉、自然を感じながら楽しくゆったり走ります。 ポイント(2)ビギナーでも安心して走れるサポートライダー&サポートカー同行 ポイント(3)女性サポートライダーもいますから、女性大歓迎です! ポイント(4)フィニッシュ後はお風呂でさっぱり

  

2018グルっとまるごと栄村100kmサイクリング.jpg

グルっとまるごと栄村100kmサイクリング

このイベントは終了しています。

北信州の秘境・秋山郷を満喫する山岳サイクリング。 雄大な自然を『カラダ』で感じるパノラマコースを存分にお楽しみ下さい!!

1/13ページ(全121件)