「広島」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/7ページ(全68件)

しまなみ海道サイクル合宿.jpg

しまなみ海道サイクル合宿

このイベントは終了しています。

サイクリストの聖地「しまなみ海道」を走る1泊2日の合宿型イベント。 プロチームのヴィクトワール広島と一緒に走って、食べて、泊まって、もう一度青春しませんか? 走力に合わせてクラス分けしますので、スポーツバイクの経験が浅い方も、プロ選手にしごかれたい方も、それぞれのレベルで楽しんでいただけるイベントです。各クラスに選手が伴走し、皆さんをサポートします。 青い海に浮かぶ島々を眺めながらのサイクリングは最高です! 夜は選手や参加者の皆さんで一緒にバーベキューをし、ゆったり温泉に浸かって疲れを癒しましょう。 宿泊先は体験型宿泊施設として人気の高いツネイシしまなみビレッジです。

  

シクロ女子旅2018秋.jpg

シクロ女子旅2018秋

このイベントは終了しています。

「自転車に興味あるけどひとりじゃ不安...」 これから自転車を始めてみたい女性大歓迎♪ 女子の自転車仲間をつくってサイクリングの楽しさ倍増!みんなで走れば峠もへっちゃら! 島のスウィーツも堪能しながら。是非ご参加ください♪♪

  

ツールドひろしま安芸高田2018 ~神楽の里を走ろう~.jpg

ツールドひろしま安芸高田2018 ~神楽の里を走ろう~

このイベントは終了しています。

広島県北の山なみ景観と自然豊かな地形に囲まれた安芸高田市。 季節の風を感じながらのサイクリングに郷土の食の楽しみを合わせたグルメライドイベント!! 「安芸高田大好きな」地域の人々との交流して、ありのままの安芸高田を楽しんでください。

     

第1回 板鍋山ヒルクライム.jpg

第1回 板鍋山ヒルクライム

このイベントは終了しています。

広域から集まる選手や随行者との交流を通じて豊栄町の板鍋山をはじめ各種 観光資源のPRに努め、町の賑わい創出を目指す。 また、地元の住民にも自転車というスポーツに直接触れていただく事でその魅力を 体験していただく場を設ける

  

大崎上島Happyライド2018~晴れとの出会い~.jpg

大崎上島Happyライド2018~晴れとの出会い~

このイベントは終了しています。

厳島神話を引き継ぐ大崎上島を舞台としたサイクリング・スタンプラリーです。 当日、夏祭りに沸く大崎上島にある5箇所のチェックポイントに立ち寄ってスタンプを集め3箇所以上(ガイドツアー参加者は3つ)集めると三女神賞、5つで完走賞を進呈します。また、スタンプポイント周辺の周遊コースを回ることで、この日にしか味わえないグルメやアクティビティもご用意していおります。立ち寄る順番、時間配分などは、全て参加者の自由です。大崎上島ならではのおもてなしを盛りだくさんご用意し、ファミリー、友達同士を問わず、皆様に楽しんでいただけるイベントですので、沢山のご参加を御待ちしております。 当日は、木江十七夜祭も行われ昼間は櫂伝馬競漕、夜は花火大会がありますので、是非一泊してお楽しみください。大串海岸でキャンプ宿泊もできます。

  

Fun Ride 2018 in やまがたサイクルランド~今中大介と走ろう「やまがたサイクルランド」~.jpg

Fun Ride 2018 in やまがたサイクルランド~今中大介と走ろう「やまがたサイクルランド」~

このイベントは終了しています。

時間やスピードを競うのではなくやまがたの自然の中で安全な走行で完走を目指すサイクリング大会です。 安芸太田町・北広島町の自然あふれる西中国山地の景色を「ゲストライダー今中大介氏」と一緒に走行し、やまがたの景色を感じていただきます。 昼食会場ではゲストライダーとの交流会も楽しんでいただけます。

  

第5回 道の駅グルメライドin中国山地.jpg

第5回 道の駅グルメライドin中国山地

このイベントは終了しています。

広島県三次市・庄原市、島根県奥出雲町・雲南市・飯南町の2県5市町にまたがる、全長約124kmのアップダウンのあるコース。コース内にある6つの道の駅をサイクリングで巡りながら、中国山地の雄大なコースとグルメをお楽しみください。

       

もみじサイクルロードレース 2018.jpg

もみじサイクルロードレース 2018

このイベントは終了しています。

本レースは、ジュニアの育成に焦点化し、ジュニアの実力を底上げすることにより自転車レース全体のレベルを上げることを目指し立ち上げました。プレ大会を含め10シーズンを終え、その役割をある程度達成できました。 ジュニアの実力とスキル、実践レースにおけるレース勘を養うためには、ある程度の人数による集団レースを数多く経験することが不可欠と考えています。 これからもより多くの人に実践トレーニングのレースに参加してもらうべくジュニアは年間5戦、そして今年からはジュニアより上のオープンクラスを新設定し年間3戦のシリーズレースを開催します。両戦ともステージレースのイメージでシリーズチャンピオンジャージを目指し、レースを楽しんでいただきたい。 このシリーズ戦を計画的かつ効果的に年間トレーニングに組み込むことで、モチベーションを保つきっかけとなれば幸いです。 そして、2020年の東京オリンピックが迫っています。この「もみじサイクルロードレース」をステップに多くの選手が世界で戦ってもらうことと、多くのロードレースが当たり前に開催され、手軽に参加することで実力をつけるといった、ヨーロッパのような恵まれたレース環境作りのため微力ではあるが本大会が引き続き貢献できればと願うばかりです。

1/7ページ(全68件)