「岡山」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/5ページ(全42件)

ファンライド鏡野2017.png

ファンライド鏡野2017

たくさんの方々にご参加、応援いただきました「ファンライド鏡野」を今年も開催します! 私たちスタッフは昨年ご参加いただいた方の好評、不評をしっかり受け止め、 更なる「おもてなし」に挑戦! "前回参加したけど、なんだか物足りなかったな~"という方には新コースの挑戦状!(参加は完全に自己責任ですが...)

  

ヒルクライムチャレンジシリーズ2017 第7回 高梁吹屋ふるさと村大会.jpg

ヒルクライムチャレンジシリーズ2017 第7回 高梁吹屋ふるさと村大会

■自然・歴史・文化が融合した 新しいコンセプトのヒルクライムコース 町の中央部南北に高梁川が貫流し、その両側に吉備高原が東西に広がる豊かな自然と、古来「備中の国」として中核を占めていたことによる歴史・文化が残る高梁市ならではのコースです。あえて平均斜度を抑えて、初心者から本格的なサイクリストが楽しめるコースを設定しています。 ゴール付近の吹屋の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、 赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された風景は、選手の達成感をより特別なものにしてくれます。 近くには1909年に建てられた旧吹屋小学校の木造二階建て校舎(現在工事中)もあり、 タイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。

           

第5回 灘崎クリテ&キッズロードレース.jpg

第5回 灘崎クリテ&キッズロードレース

このイベントは終了しています。

完全フラットなジムカーナコースですので、キッズでも安心してレースを楽しめます!   クリテリウム・オープンクラスでは予選で実力別のクラス分けを行います 実力に見合ったクラスで準決勝・決勝のレースを楽しんでいただきます!!

  

第7回 晴れの国おかやま7時間エンデューロ.png

第7回 晴れの国おかやま7時間エンデューロ

このイベントは終了しています。

第7回晴れの国おかやま7時間エンデューロは4月16日(日)に決定!昨年に引き続き、自転車シーズンの4月に開催します。 募集種目は7時間、4時間、2時間のエンデューロ、2人1組で走るトロッフェ・バラッキと多彩なカテゴリーをご用意。 レース以外にも新製品や掘り出し物が並ぶサイクルバザールや、豪華賞品がゲットできる抽選会などサブイベントもボリューム満点で、1日中自転車を満喫できるサイクルイベントです! 自転車シーズン開幕戦は晴れの国おかやま7時間エンデューロで決まり!

  

ファンライド鏡野2016.jpg

ファンライド鏡野2016

このイベントは終了しています。

県の事業団体「岡山県サイクリングロード推進協議会」が昨年発表したサイクリング推奨コースに選定された鏡野町で、10月23日(日)にサイクリングイベントを初開催します。 森と湖に囲まれた鏡野町は屈指のサイクリング適地。以前より一部のサイクリストに知られている事実でした。 中国自動車道「院庄インター」からほど近い観光案内所や道の駅をベースに山岳コースや湖畔巡りを楽しむサイクリストは年々増加しています。さらに県の事業団体「岡山県サイクリング推進協議会」がサイクリング推奨コースに選定し、自転車走行ゾーン(ブルーライン)などの道路整備を進めることが決定しています。 その鏡野町で地元サイクリストと商工会がタッグを組み、地域推進と「サイクリストウエルカムな町」を目指したサイクリングイベントを初開催することになりました。

  

第2回 瀬戸内市福祉センチュリーライド.jpg

第2回 瀬戸内市福祉センチュリーライド

このイベントは終了しています。

このライドの特徴は、瀬戸内市及び近隣の障がい者施設が本部、エイドステーションをボランティアの方々と一緒の盛り上げておもてなしをすることにより私達、障がい者施設の取り組みを広く知っていただける日本でも例のないサイクリングイベントです。 参加することで社会福祉に貢献でき、すがすがしい気持ちで瀬戸内のサイクリングを楽しんでいただければ幸いです。

  

ヒルクライムチャレンジシリーズ2016 第6回 高梁 吹屋ふるさと村大会.jpg

ヒルクライムチャレンジシリーズ2016 第6回 高梁 吹屋ふるさと村大会

このイベントは終了しています。

■自然・歴史・文化が融合した 新しいコンセプトのヒルクライムコース 町の中央部南北に高梁川が貫流し、その両側に吉備高原が東西に広がる豊かな自然と、古来「備中の国」として中核を占めていたことによる歴史・文化が残る高梁市ならではのコースです。あえて平均斜度を抑えて、初心者から本格的なサイクリストが楽しめるコースを設定しています。 ゴール付近の吹屋の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、 赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された風景は、選手の達成感をより特別なものにしてくれます。 近くには1909年に建てられた旧吹屋小学校の木造二階建て校舎(現在工事中)もあり、 タイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。

1/5ページ(全42件)