「島根」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/4ページ(全37件)

飯南ヒルクライム2017.jpg

飯南ヒルクライム2017

中国地方最大級のヒルクライムが誇るコースはハードさが売り。全長は走りごたえ充分の13km、高低差は600m!スタート直後の9%の坂がまずは選手たちをセレクションにかけ、コンスタントに続く5~7%勾配の坂が選手たちの体力・精神力を問う。そしておよそ10km地点を過ぎると、飯南ヒルクライム最大の難所にして最大の勝負どころ荒鹿坂がサイクリストを待ち受ける。この難所を己の限界に打ち勝って克服した者は、ゴール地点で至上の達成感と素晴らしい絶景を味えることを約束します。また、昨年同様、ゴール後全参加者で頓原地区をパレード走行する予定です。

         

石見グランフォンド2017.jpg

石見グランフォンド2017

旧石見ライドから石見グランフォンドに代わり、通算12回目となる大会。例年通り200kmの大周回による開催となります。スタート・ゴールは大田市の久手海水浴場。例年同様、今回もグランフォンドからイメージされる険しい峠道の連続が「200km・190km」コースで設定されており、累積標高は3000mをはるかに越えるハードなコースです。最後の難関である三瓶山へのアプローチは、例年通りハイレベルなレイアウトになります。制限時間に間に合わなければ足切りとなり、自動的に190kmに迂回していただく事になります。一方、140kmのコースは、毎年定番のコースです。前半部分からロングコースとは離れ、あくまでも初心者・中級者に向けたサイクリングコースとなっております。そして昨年新設した、家族・初心者向けの70kmコースも人気急上昇中!より多くの愛好者が初夏の石見路を楽しめる大会として開催します。

     

グルメフォンドin美郷2016.jpg

グルメフォンドin美郷2016

このイベントは終了しています。

第4回大会となる本年は昨年同様、ロング78km、三瓶カット60km、江の川周回フラット50km、ファミリーコース16kmとします。ロングコースは美郷町のカヌーの里おおちをスタートし、遠くに三瓶山を望みながら浜原ダムを周回し、昔懐かしい美郷町の町内を駆け抜け、最後は三瓶山の懐に入り込むように標高を稼ぎます。三瓶山と江の川を同時に味わう豪華コースです。また、グルメフォンドのメインであるASについても、地元の素材を使った地産地消グルメを地元の方々にご用意して頂いており、フィニッシュのカヌーの里おおちでは食べきれないほどのBBQで大いに盛り上がっていただきます。まさに走ってよし、食べてよし、のサイクルイベントです。

  

たびーら縁結びRIDE in 出雲.png

たびーら縁結びRIDE in 出雲

このイベントは終了しています。

"ご縁"を求める世の女性から絶大な人気を誇る 神の国、出雲。 出雲大社ご参拝はもちろんのこと、稲佐の浜など出雲の豊かな自然をスポーツバイクで駆け抜けるサイクリングイベントを、スポーツバイク初心者から経験者まで「女性が主人公として」お楽しみ頂けるイベントとして本年も開催。安全走行を最優先に、環境にやさしいスポーツバイクを使って出雲市内の自転車道や交通量の少ない観光道路をクルージングします。 各エイドステーション(休憩場所)にご当地スイーツ&グルメを準備。カップル、ご夫婦、女性を含むグループ参加など男性同伴者のご参加もOKです。

      

2016さくらおろち湖サイクルロードレース.jpg

2016さくらおろち湖サイクルロードレース

このイベントは終了しています。

さくらおろち湖自転車競技施設サイクリング周回コース(12.3km/周) 兼平成28年度島根県自転車競技選手権(ロード競技) 兼平成28年度島根県高等学校自転車選手権大会(ロード競技) 兼第71回国民体育大会島根県予選大会ロード

  

飯南ヒルクライム2016.jpg

飯南ヒルクライム2016

このイベントは終了しています。

中国地方最大級のヒルクライムが誇るコースはハードさが売り。全長は走りごたえ充分の13km、高低差は600m!スタート直後の9%の坂がまずは選手たちをセレクションにかけ、コンスタントに続く5~7%勾配の坂が選手たちの体力・精神力を問う。そしておよそ10km地点を過ぎると、飯南ヒルクライム最大の難所にして最大の勝負どころ荒鹿坂がサイクリストを待ち受ける。この難所を己の限界に打ち勝って克服した者は、ゴール地点で至上の達成感と素晴らしい絶景を味えることを約束します。また、昨年同様、ゴール後全参加者で頓原地区をパレード走行する予定です。

  

出雲路センチュリーライド2016.jpg

出雲路センチュリーライド2016

このイベントは終了しています。

第11回大会となる本年、コースは例年同様で、松江イングリッシュガーデンをスタートし、宍道湖を回り込むようにして奥出雲に向かい、神話の地を走り抜け、中海を経由して日本海沿岸沿いを回って戻ってくるという、まさに出雲路を味わいつくすサイクリングイベントです。 160kmコースながら制限時間は10時間30分と余裕を持って設定されているのが特徴です。今回も斐伊川を遡上して第2チェックポイントまで移動するコースを採用し、より起伏を少なく、快適なファンライドを楽しめるコースを設定。年々「出雲路ファン」が増加中という人気大会。出雲路を満喫できる爽快なコースとなっています。

  

石見グランフォンド2016.jpg

石見グランフォンド2016

このイベントは終了しています。

旧石見ライドから石見グランフォンドに代わり、通算10回目となる大会。例年通り200kmの大周回による開催となります。スタート・ゴールは大田市の久手海水浴場。例年同様、今回もグランフォンドからイメージされる険しい峠道の連続が「200km・190km」コースで設定されており、累積標高は 3000mをはるかに越えるハードなコースです。最後の難関である三瓶山へのアプローチは、例年通りハイレベルなレイアウトになります。制限時間に間に合わなければ足切りとなり、自動的に190kmに迂回していただく事になります。一方、140kmのコースは、毎年定番のコースです。前半部分からロングコースとは離れ、あくまでも初心者・中級者に向けたサイクリングコースとなっております。そして10回大会を記念して、家族・初心者向けの70kmを新設し、より多くの愛好者が初夏の石見路を楽しめる大会として開催します。

1/4ページ(全37件)