「島根」のサイクリングイベント情報(新着順)

      

1/8ページ(全73件)

  

2020第9回 益田I・NA・KAライド.jpg

2020第9回 益田I・NA・KAライド

100km信号が全くない=「100ZERO」が自慢の一流の田舎町『益田』を海から山へと満喫しながら優雅にサイクリングを楽しむイベントです。 昨年参加者の100%が感動した萩石見空港滑走路走行を本年も実施し、又、地元の食材を用意した充実のASも好評です。

  

グルメフォンド in ゆのつ 2020.jpg

グルメフォンド in ゆのつ 2020

およそ1300年前の開湯と伝えられる歴史ある温泉地「温泉津」。 風景に誘われて走り出せば、石見地方の豊かな自然と、文化的景観が圧倒的なスケールでサイクリストを迎えます。 グルメや景色を堪能しながら走った後は地産地消のBBQに舌鼓!

  

やまなみ街道クライムライド 2020.jpg

やまなみ街道クライムライド 2020

自転車というツールを活かし、中国地方広域サイクリングコース「やまなみ街道(島根)」、三瓶山周回道路周辺の山岳路という2つのヒルクライムコースと、江ノ川の景観が素晴らしい375号線などを夏の暑さの中、一気に走破するヒルクライムサイクリング。夏の地産食材を使ったグルメを堪能しつつ、酷暑の中、クライマーの限界に挑戦する大会。 同時に、沿道の地域住民との交流を図る。合わせて同伴家族に向けた夏のアクティビティやグルメ、温泉、などをアピールし、飯南町の交流人口の増加とやまなみ街道サイクリングの認知向上、飯南町サイクリング事業、観光振興の発展に貢献する。

  

出雲路センチュリーライド2020.jpg

出雲路センチュリーライド2020

第15回大会となる本年は、2018年度同様に古江公民館前駐車場(旧松江イングリッシュガーデン駐車場)をスタート・ゴールとします。スタート後は、宍道湖を回り込むようにして雲南市に向かい、神話の地を走り抜け、中海を経由して日本海沿岸沿いを回って戻ってくるという、まさに出雲路を味わいつくすサイクリングイベントです。 160kmコースながら制限時間は10時間30分と余裕を持って設定されているのが特徴です。今回も斐伊川を遡上して第2チェックポイントまで移動するコースを採用し、より起伏を少なく、快適なファンライドを楽しめるコースを設定。年々「出雲路ファン」が増加中という人気大会。出雲路を満喫できる爽快なコースとなっています。

  

石見グランフォンド2020.jpg

石見グランフォンド2020

このイベントは終了しています。

旧石見ライドから石見グランフォンドに代わり、通算15回目となる大会。例年通り200kmの大周回による開催となります。スタート・ゴールは大田市の久手海水浴場。例年同様、今回もグランフォンドからイメージされる険しい峠道の連続が「200km・190km」コースで設定されており、累積標高は3000mをはるかに越えるハードなコースです。最後の難関である三瓶山へのアプローチは、例年通りハイレベルなレイアウトになります。制限時間に間に合わなければ足切りとなり、自動的に190kmに迂回していただく事になります。一方、150kmのコースは、毎年定番のコースです。川本町内からロングコースとは離れ、後半は高低差の少ないコースとなり、あくまでも中級者に向けたサイクリングコースとなっております。そして、初設定の115kmのコースは、江の川沿いを走るコースが石見路らしい絶景の連続で、初級中級向けのコースとなっています。どのコースもロードバイク愛好者が初夏の石見路を存分に楽しめる大会となっています。

  

島根半島東部ナショナルパークライド2020.jpg

島根半島東部ナショナルパークライド2020

このイベントは終了しています。

大規模な地殻変動により造られた「島根半島」。この稀有な自然環境を最高に楽しめる、春のサイクリングを開催します。絶景の日本海、中海を巡りながら、ご当地地産グルメを堪能する約80キロ(45キロ)のサイクリングです。サイクリングした後は、周辺地域および市内の天然温泉で疲れを癒していただきます。

  

第4回 出雲縁結び街道サイクリング.png

第4回 出雲縁結び街道サイクリング

このイベントは終了しています。

出雲大社から松江城までを結ぶ宍道湖湖北の愛称です。 この沿線地区の観光・各施設・グルメ・特産品・イベントなど、魅力いっぱい情報をお届けします!

     

1/8ページ(全73件)