「北海道地方」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/11ページ(全102件)

  

第7回 グランフォンドきよさと.jpg

第7回 グランフォンドきよさと

斜里岳を望む絶好のロケーション! 交通量が少なく幅が広い走りやすい道! 地元の食材をふんだんに使ったおいしい補給食! 広い北海道の清里町だからできる最高級のサイクリングイベントです! 山と畑が広がる北海道の広大な風景を存分にお楽しみください。

  

ニセコクラシック 羊蹄山一周ファンライド2018.jpg

ニセコクラシック 羊蹄山一周ファンライド

毎年7月、ニセコ地域で開催されているUCIニセコクラシックは、UCIグラン・フォンド世界シリーズの正式なアジア予選大会です。アジアでは2ヶ所のみの開催で、その1つがニセコクラシックです。ニセコ羊蹄山一周ファンライドは、ニセコクラシックを祝して前日に開催されるイベントで、友人やご家族と参加することも可能です。そして名前のとおりファンライドに最適なコースです。ぜひファンライドにご参加頂きファンライドをお楽しみ下さい。そしてUCIニセコクラシックをお楽しみください。 羊蹄山一周ファンライドでは、北海道の富士山として知られる雄大な羊蹄山を一周する全長64kmのコースを走ります。このコースは初心者から上級者まで、誰もが楽しめ、ここでしか味わえない特別な何かが、きっと見つかるでしょう。

  

GREAT EARTH 第9回 北海道富良野ライド2018.jpg

GREAT EARTH 第9回 北海道富良野ライド2018

全国各地で開催するグレイトアースを代表するビッグイベントとなった富良野ライド。越冬した富良野食材で作るおいしいエイドフードが皆さまをお出迎え。毎夜のパーティーに川遊び&BBQなど寝るヒマないほど遊びが盛りだくさん。今年も富良野で遊びつくそう!

  

ネイチャーライドニセコ2018.jpg

ネイチャーライドニセコ2018

ニセコ羊蹄山麓エリアでも、車が少ない農道を選んでいるため、景色を楽しみながらゆったりと走れます! 制限時間はありますが、完走を目指しショートカットや搬送の救済措置があり安心してチャレンジ頂けます! 今年は、以前からのサイクリングのステップアップについてリクエスト頂く事が多く、その希望にお応えしました! 地元レーサーを中心とするサイクリストといっしょにキツーい坂も制覇しましょう! 会場は、近くに温泉もあり、地元有名店も出店!どちらもバウチャーで気軽に楽しめます!

     

第6回 十勝中札内グルメフォンド.jpg

第6回 十勝中札内グルメフォンド

「日本一美味しいサイクルイベントを目指して!」 第6回「十勝中札内グルメフォンド」は7月8日(7日は前夜祭などのイベント)に開催します。体力・気力・根性にあわせて選ぶ4つのコースはどれもが、夏の十勝らしい景色を味わうことができます。どのコースも縄文遺跡を廻り、車輪は気が付かないうちに、縄文人とナウマン象、アンモナイトなどの上を走っているかもしれません。そして空を見上げれば、大樹町多目的航空公園からは宇宙への夢が広がります。安全には「自転車サポートライダー」「サポートバイク隊」と「サポートカー」がお手伝いします。 第1回目(2013年)から旨いと評判のエイドステーションのメニューも「もっと十勝を」を合言葉にさらに充実。そして、ゴール後の「大BBQ大会」は食べきれないほどのボリュームと美味しさと抽選会が自慢です。走って、楽し、旨し。前泊、後泊など宿泊等、お早めにご予約、ご相談ください。 ★130kmコース、新たに「大樹町多目的航空公園SORA」が加わります。 太古の浪漫と宇宙へのロマンをお楽しみください!

     

2017年「北海道スイーツライドin北&中そらち」 ~第3回 スイーツ王国 北中空知を駆け抜けるロングライド~.jpg

2017年「北海道スイーツライドin北&中そらち」 ~第3回 スイーツ王国 北中空知を駆け抜けるロングライド~

このイベントは終了しています。

北海道の札幌市と旭川市の間に位置する空知地域の北空知(5市町)・中空知(10市町)をステージに、稔りの秋の田園風景と農産物の収穫の恵みに感謝し、地元産のスイーツ等を楽しみながら、地域の豊さを情報発信し、同時に空知地域の知名度高揚を目指す「そらちスイーツライドin北・中空知」を開催します。

  

第1回びばいカントリーライド.png

びばいカントリーライド

このイベントは終了しています。

"カントリーライド"というのは、田舎でサイクリングをする、美唄市の特徴である、田園風景、芸術、自然、新鮮な空気の中で自転車を走る、都会に住んでいる人がリラックスできるというコンセプトにおいて、都会の人に発信し、美唄のまちで日常見られない景色をアピールする。なお、ロゴには、美唄の特徴である、アルテの彫刻、宮島沼のマガン、農地、青い空、樺戸道路など入れるとともに、タイトルの青色は、⌈BIBAI BLUE⌋と命名。 その青色の数値は#2541BB で昭和25年4月1日(美唄市が誕生した日) という意味です。 みんなさんと涼しい秋にびばいのまちでサイクリングをしに行きましょう。

1/11ページ(全102件)