「関東地方」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/35ページ(全350件)

秋のしもふさクリテ in フレンドリーパーク下総.jpg

秋のしもふさクリテ in フレンドリーパーク下総

今年で5回目を迎えます「秋のしもふさクリテ」。 紅葉の自然の中を走る初心者向けのサイクルロードレースです。 定番の「120分エンデューロ」は、男女別の他、20歳以下、50歳以上、60歳以上を別途表彰。 自身のレベルに合った全9種目から選べる「クリテリウム」は、 子供から大人までが、一日中楽しめる内容となっております。 皆様のご参加をお待ちしております!

  

第21回 須美江マウンテンバイク九州大会 MTB in SUMIE.jpg

第21回 須美江マウンテンバイク九州大会 MTB in SUMIE

『マウンテンバイクin SUMIE』は、南九州では数少ないMTBクロスカントリー大会で、九州を中心とした西日本各地からビギナーからエキスパートクラスまで、幅広いレベルのMTBライダーが参加し、熱戦を繰り広げます。 近年、イベント性を重視した大会が多い中で、『マウンテンバイク in SUMIE』は競技性を重視した大会として、また海岸沿いを走る絶好のロケーションが中・上級クラスのライダーに大変高い評価を受けています。 レースには、カブ・クラス、キッズ・クラス、レディース・クラス、インターミディエイト・クラス、エキスパート・クラス、ビギナー用のルーキー・クラスがあります。

  

第14回 もてぎ7時間エンデューロ.jpg

第14回 もてぎ7時間エンデューロ

速さや勝負を競う競技ではなく、楽しんだもの勝ちのイベント、それが、もてぎエンデューロ。家族や友人との思い出づくりに参加する人、競技として記録にチャレンジする人、練習として参加する人。コスプレでとにかく目立ちたい人も。子どもから大人、初心者から上級者まで、とにかく誰でも楽しめるのがもてぎエンデューロ!

  

Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2017.png

Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2017

12回目を迎えるツール・ド・ちばのテーマは「3つの海を巡るロングライド」。 東京湾近隣の工業など経済活動が盛んな臨海部を臨む袖ケ浦海浜公園(袖ケ浦市)。海岸線が美しく、童謡「月の沙漠」で有名な御宿海岸(御宿町)。 内房の新鮮な魚が水揚げされる富浦漁港(南房総市)を舞台に開催されます。 異なる表情を持つ3つの海を各日のスタート会場とし、外房から内房と海にかこまれた千葉の海を3日間かけて一周するステージとなっています。今年は、宿泊地が全て異なるります。この機会にちばの豊かな海とそれらを結ぶ自然豊かな千葉を堪能してください。

 

東吾妻むかし道MTBライド2017.jpg

東吾妻むかし道MTBライド2017

このイベントは終了しています。

東吾妻むかし道ライドも、今年で第6回を迎えます。150名を超える皆さんの参加をいただき盛大に開催できますことにスタッフ一同心より感謝申し上げます。今年も新たに整備したコースを取り入れ、初心者の方はもちろん、リピーターの方にも、東吾妻のむかし道を十分楽しんでいただけるよう準備しています。チェックポイントでは地元果物等を提供するとともに、参加賞を含め表彰式での賞品もほとんどを地元産品で揃える予定です。ライドを満喫した後には、お切り込みうどんでお腹を満たし、温泉でリフレッシュ(無料券配布)、更に、楽しい賞品と3点揃ったアフターライドもお楽しみにしていてください。皆さんの参加をお待ちしています。

  

CYCLOG in 小江戸川越.jpg

CYCLOG in 小江戸川越

ロードバイクでもママチャリでもレンタルサイクルでも楽しめる新スタイル自転車オリエンテーリング「CYCLOG(シクログ)」が埼玉・川越に初登場! ロードバイク好きはもちろん、ロードバイク初心者でも家族連れでも、これから自転車を始めたいと思っている人でも楽しめるイベントです。 CYCLOGは制限時間のあるポイント獲得型自転車オリエンテーリングで、スタート/ゴールから遠いチェックポイント(ログスポットと呼びます)ほど得点が大きく、近いほど得点が小さいのが特徴。自分の脚力と相談しながら近場で得点を積み重ねるも良し、一発逆転を狙って遠いポイントに挑戦するも良し。戦略性が鍵となります。 CYCLOGには決まったコースはありません。得点を積み重ねること以外にも、ログスポットで紹介されている川越のグルメを堪能するも良し、歴史建造物を中心的に訪れるのもよし、地形を楽しむもよし。自分の楽しみ方が出来るイベントです。 小江戸・川越を代表する観光スポット、グルメスポットの数は100ヶ所以上。全て回りきれるのか、それともテーマを持って臨むのか。すべては参加者の皆さん次第!美しい川越を自転車で爽快に駆け抜けて下さい!

  

たまライド vol.4 多摩川50K.jpg

たまライド vol.4 多摩川50K

多摩川を起点に、50km、70kmそして、100kmの距離にチャレンジします。限定20人。自転車ビギナー、中級者を対象に、ロングライドに強くなる秘訣を学べます。Vol.3、6、9では、100kmのロングライドにチャレンジ! 50K、70Kのうち1回+100Kエントリーで特製Tシャツをプレゼント。 10人を1パックとして、2グループで走行。前後にガイドがついて走るので安心です。

  

やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2017.JPG

やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2017 栃木の「ラルプ・デュエズ」こと、八方ヶ原に挑戦せよ!

八方ヶ原は、栃木県矢板市にある標高1000~1200mの高原で、周辺には県民の森や赤滝・小滝・寺山の鉱泉があるなど、豊かな自然に恵まれた地域です。 このヒルクライムレースでは、八方ヶ原の観光道路を利用した全長13.4km、平均斜度7.1%、標高差950mを上ります。 八方ヶ原コースのゴールである大間々台の展望台からは、雄大な関東平野の眺望とともに大自然の楽園が出現します。 本大会では、矢板市を広くPRするとともに、地域の活性化と自転車のまちづくりを推進することを目的としています。

  

TOUR・DE・NIKKO 2017.png

TOUR・DE・NIKKO 2017

■走っておいしい日光グルメライド 田舎そば小百・そば処ひなたエイドにて「日光手打ちそば」が食べられる! 手打ちそばが堪能できるエイドステーションを全コース設置!7回目の開催となる今年は、記念の大会にふさわしく内容を充実!! 走って楽しい、食べておいしいツール・ド・NIKKOをお楽しみください。 ■見どころ盛りだくさんの日光! 世界遺産や豊かな自然に触れて、一日中NIKKOを楽しめます。もちろん、温泉地で疲れた身体を休めることもできます。 さわやかな汗をかいた後は、温泉でリフレッシュ! 豊かな自然と豊富な温泉に恵まれた日光は、心と身体が安らぐ最高のヒーリングスポット。自然に包まれながらゆったりと温泉をお楽しみください。

  

第9回 ツール・ド・逗子2017.jpg

第9回 ツール・ド・逗子2017

このイベントは終了しています。

ツール・ド・逗子と言っても、タイムレースではない。環境にやさしい自転車で周るスタンプ・クイズラリーで地域を再発見しよう。逗子市内を巡る10km程の「ショートコース」と、三浦半島のポイントを巡る70km以上のロードバイク向「ロングコース」。今年から設置された三浦半島マイルストーンを巡るコースを網羅。時間内に帰着すると参加賞あり。三浦半島サミット認定イベントで、一人でも子どもと一緒とでも周り方は自由!   例年と同じく、自分の自転車で、自分の実力・責任の範囲で楽しく、安全に、地域の魅力を発見するスタンプラリーです。「歩行者と自転車・・・」と謳っているだけに、徒歩での参加も大歓迎です。  スタート地点の亀岡八幡宮(逗子市役所の隣)で受付と安全講習を受けたら、思い思いのコースで初めてのお店や知らないコースを堪能してきてください。スタンプ、クイズ解答用紙をもってゴールしていただくと協賛・協力団体提供の素敵な粗品を進呈。 親子で、お友達と、カップルで、そしてお一人でも、徒歩でもどうぞ、楽しくご参加ください。 ※小学生以下のお子さんは大人の方とご一緒にご参加ください

1/35ページ(全350件)