「栃木」のサイクリングイベント情報(新着順)

      

1/10ページ(全91件)

    

現地ガイドがイチ押しスポットをご案内!春の里山を巡るお花見&いちご狩りサイクリングツアー.jpg

現地ガイドがイチ押しスポットをご案内!春の里山を巡るお花見&いちご狩りサイクリングツアー

花咲き誇る春の里山風景を、スタイリッシュな自転車でサイクリングしませんか? 東京から小一時間、日光へ向かう途中にある宿場町 栃木県鹿沼市。 ここ鹿沼は、歴史ある宿場町に加え、豊かな自然に恵まれています。 空気も水も、とっても新鮮。 そんな鹿沼をサイクリングしながら、ほっと一息リフレッシュしてみませんか? 3月は春の始まりを迎えた鹿沼をご案内いたします。 栃木県の特産品として有名な、とちおとめなどのいちごをその場で食べられるいちご狩りからスタートし、春の里山風景を走ります。後半はお祭りの盛んな宿場町エリアをご案内。古民家カフェでのコーヒータイムも設けております。 運が良ければ、桜咲く風景の中をサイクリングできるかも。

  

第3回 サイクルロゲイニングinかぬま.JPG

第3回 サイクルロゲイニングinかぬま

交通ルールを守って名所・名跡などのチェックポイントを巡る自転車を使ったロゲイニングです。チェックポイントには点数が割り当てられており、制限時間内にどれだけ点数を獲得できるかを競います。

  

第11回 うつのみやサイクルピクニック.jpg

第11回 うつのみやサイクルピクニック

ロードレースの聖地古賀志や日光連山から流れ出る鬼怒川沿いの自然豊かな地域である宇都宮を舞台にした、初心者から上級者まで楽しめるロングライド大会。キーワードは、『地域を食せ』と『ジャパンカップコース体験』。今年もエイドステーションやメイン会場では宇都宮餃子など、地域の美味しい『食』を堪能していただけると共に、ジャパンカップサイクルロードレース名物の古賀志林道激坂コースを宇都宮ブリッツェンの選手と一緒に走れます。 また、サイクリングを楽しみながら安全な自転車走行技術の習得と地球環境配慮に対する意識向上も目指します。

    

第2回・第3回 ファットバイク雪上グランプリ.png

第2回・第3回 ファットバイク雪上グランプリ

マウントジーンズ那須の山頂エリアを舞台に、ファットバイク(レンタルあり)を使い、2~3人のチーム制で多様なコースをリレー形式で競う大会です! 昨年第1回を開催して大いに盛り上がった大会が、さらにパワーアップして帰ってきました。 第2回大会(2019年2月23日開催)の優勝チームは、第3回大会(3月16日開催)にシード権付きでご招待!今シーズンの真のチャンピオンを決定します! 細かいカーブやジグザグ、上りや下りが織り交ざった体力よりも操作技術を問われる短めのテクニカルなコース。アップダウンを含む林道コース。また、バイクに乗らずに全員で行うチームワーク競技などなど! レースは2チーム対抗のマッチレースで行います!人数が多いチームの方がやや有利かも??! 予選のタイム上位3チームと敗者復活戦の勝者1チームの計4チームで決勝ラウンドを争います! 優勝賞品は那須の温泉旅館で使える3万円相当の宿泊券!(協賛:那須温泉旅館協同組合) 宿泊券の使える温泉旅館の一覧は那須温泉旅館協同組合のHPから さらに、入賞チームには春以降使えるマウントジーンズのゴンドラチケットや那須どうぶつ王国の招待券など豪華賞品も

     

咲くライド・さくら市2019.jpg

咲くライド・さくら市2019

「お花見ポタリング!」をテーマにさくら市内の桜スポットをめぐります。 休憩所では地産のグルメを味わいます。女性や小学生でも完走できるポタリング28kmコース(若干の坂道はございます)。中級者以上の方でも満足いただける咲くライド38kmコース。 交通ルール遵守のイベントですので、ゆっくり景色を楽しみながら走行できます。さくら市のお土産、ランチ付きです。 栃木県さくら市が1年で最も輝く季節をみんなでポタリング(自転車散策)しませんか。

     

第6回 ポターリングましこ2018プレミアム.jpeg

第6回 ポターリングましこ2018プレミアム

このイベントは終了しています。

今年の第6回ポターリングましこは全面リニューアル!!! 益子参考館、外ノ池酒造などでのガイドを充実し、今回のイベントでないと体験できないプレミアムガイド付き 恒例のポタランチもプレミアムに相応しくグレードアップ 限定50人のプレミアムミステリーツアー 酒造コース、参考館コースの2コースに分かれ、各グループ10人の5チームにてスペシャルゲスト&ガイド付き 今回は益子町内カフェにてプレミアムポタランチ

  

第5回 ツール・ド・おやま2018.jpg

第5回 ツール・ド・おやま2018

このイベントは終了しています。

この大会はタイムや順位を競うレースではなく、身近にある自転車を活用して、小山市および野木町の自然と景観を楽しむことを目的としたサイクリングイベントです。ラムサール条約に湿地登録された渡良瀬遊水地をはじめとする豊かな自然環境、小山ブランドの発信の拠点施設である道の駅思川や市民の憩いの場である小山思いの森、国指定重要文化財の野木町煉瓦窯などを自転車で巡り、地元食材の補給食や秋の関東平野の広大で美しい景色を満喫していただくとともに、「街なかをスマートに安全に走るイベント」として、自転車を活用した安全安心なまちづくりと、サイクルスポーツ・ツーリズムを発信するものです。

1/10ページ(全91件)