「高知」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/3ページ(全21件)

  

GREAT EARTH 第1回 高知仁淀ブルーライド.jpg

GREAT EARTH 第1回 高知仁淀ブルーライド

奇跡の清流、日本一青く美しい仁淀川流域を走りつくせ 水質全国一位、日本一の清流である仁淀川の美しい流れは何千年の歳月を経て岩を削り渓谷をつくりました。この美しい仁淀川流域を自転車で駆け抜ける仁淀ブルーライドを開催します。そして高知はおいしい食材の宝庫、青く美しい川とおいしい高知の郷土料理を味わい走りつくしましょう

  

「俺たちの謝肉祭 白滝ツライド」チラシ.png

俺たちの謝肉祭 白滝ツライドに大集合!

このイベントは終了しています。

大川村の白滝の里に自転車好きが集う交流イベントです。乗り始めたばかりの方、興味はあるけど迷っている方、自転車に関心のある幅広い方を対象にしています。もちろんベテランの方も大歓迎です!夜は地元特産の「大川黒牛」のBBQを味わいながら、自転車談義に華を咲かせ交流を深めましょう!

  

第6回 四万十・足摺無限大チャレンジライド.jpg

第6回 四万十・足摺無限大チャレンジライド

このイベントは終了しています。

全国のサイクリストのみなさま、早春の四万十・足摺の大自然を楽しみながら己の限界に挑戦(チャレンジ)してみませんか。 今年で第6回となる「四万十・足摺無限大チャレンジライド」。清流として名高い四万十川の景色を楽しめる「四万十ロングコース」、森に囲まれた林道の澄んだ空気と土佐清水市・大月町の海岸線の美しさを堪能できる「足摺コース」は今回も健在で、西南高知の魅力あふれる景観と共に走りごたえのあるコースをたっぷり楽しんでいただける内容となっております。 今年はさらに、「志国高知 幕末維新博」とのコラボ企画としまして、ジョン万次郎をはじめとした偉人や歴史を感じられるような企画を予定しており、昨年も好評だったASでの提供食はさらにパワーアップ!豪華景品が当たるイベントも同時開催致します。 初めて参加する方も常連の方もきっと楽しんでいただけるものと思います。 是非ご参加ください!

        

2017土佐センチュリーライド 嶺北・いの大会.jpg

2017土佐センチュリーライド 嶺北・いの大会

このイベントは終了しています。

四国の山ン中、土佐の嶺北ロードは今年もサイクリストを喜ばせる!峠や渓谷の景色はもちろん、うねる道が走り応えあるセンチュリーライドです。

  

UFOラインアタックvol.2.jpg

UFOラインアタックvol.2

このイベントは終了しています。

絶景・温泉・おいしい空気を満喫しよう!! 1、クローズドのUFOラインを走れます!! 一般車両を気にせずのんびりライド。初心者にもやさしいです。 2、運動後にうれしい温泉券付き!! 道の駅木の香温泉の入浴券をプレゼント!! 3、安心のレンタサイクル約20台!! マイバイクが無くても参加可能。ショートコース参加者のみ貸し出し可能です。要別途500円。

  

第5回 四万十・足摺無限大チャレンジライド.jpg

第5回 四万十・足摺無限大チャレンジライド

このイベントは終了しています。

全国のサイクリストのみなさま、早春の四万十・足摺の大自然を楽しみながら己の限界に挑戦(チャレンジ)してみませんか。 今年で第5回となる「四万十・足摺無限大チャレンジライド」。今回は宿毛市総合運動公園がスタート・ゴールとなりました。「四万十ロングコース」は、清流として名高い四万十川の景色を楽しめる156.5kmのロングコースで、経験者にも走りごたえのあるコースとなっております。「足摺コース」は、今大会初の三原村を通るコースとなり、森に囲まれた林道の澄んだ空気と、土佐清水市・大月町の海岸線の美しさを堪能できるコースです。また、大月町は今回、樫西海岸を通るコースとなり、これまで何度も参加された方でも新しい景色を楽しんでいただけるようになっています。「無限大チャレンジライド」の名の如く、ショートでも108.7km、ミドルは足摺岬を目指す136.5kmとなっており、特にミドルコースは急激なアップダウンを擁する足摺スカイラインに挑戦する、初心者厳禁の超過激な設定となっております。無限大コースは、1日目に四万十ロングコースを、2日目に足摺ミドル/ショートコースを走ります。2日間合わせて250kmを超えるロングライドですので、体力に自信のある方は是非挑戦してみてください。

  

第4回 高知シクロクロス ヤシィシクロクロスカップ.jpg

第4回 高知シクロクロス ヤシィシクロクロスカップ

このイベントは終了しています。

今年はAJOCCシクロクロス四国第1戦としての開催でもあります。 昨年までのローカル大会としての取り組みは引き継ぎながら、 全国共通のルールのもと四国のみならず全国からの参戦を迎えることで、交流と自転車文化をより深めていくことを目指していきたいと考えています。

1/3ページ(全21件)