「東北地方」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/23ページ(全228件)

日本の蔵王ヒルクライム・エコ2021.jpg

日本の蔵王ヒルクライム・エコ2021

宮城・山形両県共通の財産である「蔵王」の全国的な認知度アップと、雄大な蔵王連峰の環境保全に配慮したエコスポーツとしての自転車レースの開催で「環境保全宣言の町」としての取り組みを内外に強くアピールしつつ、交流人口の一層の増加を図るとともに、コロナ禍において影響を受けている地域経済全体の活性化を促す。

  

第20回「鳥海山グルッと一周MTBサイクリング」.jpg

第20回「鳥海山グルッと一周MTBサイクリング」

鳥海山の山頂は日本海からわずか16Kmしかなく海抜2,236mの単独峰であり、この最高のロケ-ションを舞台にした「日本一のMTBロングライド」数々の絶景ポイント、美しさと苛烈さを持つ厳父然とした鳥海山に挑み、夕陽に輝く母なる日本海に帰るゴ-ルシ-ンは他では味わえない感動を与えてくれます。シングルロ-ド、林道、砂利道等オフロ-ド区間等コースに抜群の日本百名山に名を連ねる鳥海山麓を駈けるロケ-ションと達成感。 エイド、ゴ―ルは地元特産が楽しめる郷土食豊かです。 タイムレ-スでないので、地元の人とふれあい、のんびり写真撮影をしながら一日楽しく走ることができます。

     

第34回秋田トライアスロン芭蕉レース象潟大会.jpg

第34回秋田トライアスロン芭蕉レース象潟大会

「雄大な鳥海山と日本海」の抜群のロケ-ション。南に鳥海山、西に日本海、メイン会場の象潟は俳人松尾芭蕉が「奥の細道」の旅で訪れた最北の地。スイムは夕陽百選に選ばれた象潟海水浴場で行い遠浅の海岸からスタ-ト透明度、水質は抜群でバトルもほとんど無く泳ぎやすい。 バイクをスタートすると12%急坂の洗礼を受けるが、前半は鳥海山の自然を身体で感じる上郷地区の上り後半は、緑がまぶしい百目木等田園風景や国指定の由利海岸波除石垣等海岸線、景勝地九十九島の景観の中テクニカルなコ-ス。 ランは市街地海岸線、フラットで走りやすい。沿道での温かい声援を受け感動のゴ-ルへ向かいます。 1100名の日本一のボランティアが大会をサポ-ト。

  

第8回鳥海山ブル-ラインヒルクライムfrom日本海.JPG

第8回「鳥海山ブル-ラインヒルクライムfrom日本海」

海岸線から頂上2236mまでその傾斜は世界一。五合目まで標高差1100m、2020年より秋田県側のみ一日間開催でのレースはまさに脚力勝負。絶景も見てほしい。秋田県と山形県にまたがる鳥海山、眼下に広がる日本海を舞台に開催される大会。コ-スは、鳥海山5合目鉾立てを目指す旧有料道路の「鳥海ブル-ライン」。今年度は秋田県側からフルコ-ス距離19.7Kとハーフコ-ス距離.7K平均勾配7.5%のコースとなります。ともに雄大な山容を望める絶景ル-ト。(完全交通規制により安心してレ-スが楽しめます。)

  

「まほろばの里たかはた」駅からサイクリング.jpeg

「まほろばの里たかはた」駅からサイクリング

このイベントは終了しています。

[秋バージョン]「観光で健康 まほろばの里たかはた駅からサイクリング」開催! ファミリーコースにはぶどう狩りもついてます!

  

CYCLE AID JAPAN 2020 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山 東北大会.jpg

CYCLE AID JAPAN 2020 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山 東北大会

このイベントは終了しています。

会場となる猪苗代町は磐梯山や猪苗代湖豊かな自然や、その恵みを受けた蕎麦などの食、野口英世や会津藩に関する旧跡も多く、魅力的な観光地として知られております。今回は町内の観光資源開発・活用化を図るべく、本大会の開催を通して「グリーンシーズンのゲレンデを活用したマウンテンバイク」を新たな観光の魅力に加えます。 内容はゲレンデの起伏を活かしたマウンテンバイク競技のほか、初めてマウンテンバイクに触れる方でも楽しめるような試乗会や町内の名所を楽しみながら走るスクール&ツーリングなどを行います。また、参加費の一部は東日本大震災の復興支援のために寄付いたします。

     

2020 SUGOママチャリエンデューロ 第1戦.jpg

2020 SUGOママチャリエンデューロ 第1戦

このイベントは終了しています。

今年も「SUGOママチャリエンデューロ」は、全4戦で開催します。第1~3戦は西コースを使用し、最終戦となる第4戦は蔵王連峰を一望できるインターナショナルレーシングコースで開催いたします。 西コースはインターナショナルレーシングコースと違い、全長984mの平坦なショートコースである為、より参加しやすいレースとなります。第1戦~第3戦が4時間のレースとなります。レーシングコースでの最終戦では、起伏にとんだコースによる4時間耐久レースになります。こちらは1チーム2名から10名で参加できます。 普段乗っているママチャリで参加出来るため、ファミリー・学生・職場の仲間たちで、ワイワイ楽しく走って気持ち良い汗が流せるイベントです。からだと地球に優しいエコイベントとして、ますます盛り上がりをみせるSUGOママチャリエンデューロシリーズにぜひご参加ください。

  

1/23ページ(全228件)