タグ「市区町村:千葉県千葉市」が付けられているもの

1/2ページ(全32件)

2020木もれ陽サイクリング.jpg

2020木もれ陽サイクリング

-のんびりと春の風と新緑を満喫してみませんか- 入門者に最適なコース&ゴール後メンテ講習会あり 1年で一番サイクリングに快適な季節、花見川サイクリングコースでは渓谷の緑がきらきら輝いて爽やかな風が吹き抜けています。そんな中、佐倉ふるさと広場の風車まで行ってみましょう! スタッフや自転車仲間との交流も楽しいですよ! 佐倉ふるさと広場ではチューリップも見ごろです。 折り返してゴール後、自転車メンテナンス講習会(パンク修理実習あり)も開催予定です。

第3回 フクダ電子アリーナクリテリウム.jpg

第3回 フクダ電子アリーナクリテリウム

千葉市の蘇我スポーツ公園を使ったクリテリウム&エンデューロレース 1周回約3kmの完全平坦コースで思いっきり走ってみませんか? 午前にクリテリウム、午後は3時間エンデューロ レースイベント初めての方にも安心してご参加頂けるようにビギナー講習会を実施。

2019 木もれ陽サイクリング.jpg

2019 木もれ陽サイクリング

-のんびりと春の風と新緑を満喫してみませんか- 1年で一番サイクリングに快適な季節、花見川サイクリングコースでは渓谷の新緑がきらきら輝いて爽やかな風が吹き抜けています。 そんな中を自転車にのってチョット足を伸ばせば佐倉ふるさと広場の風車が出迎えてくれます。 スタッフや自転車仲間との交流も楽しいですよ! ゴール地点の佐倉ふるさと広場ではチューリップも見ごろです。

第2回 フクダ電子アリーナクリテリウム バイクナビグランプリエンデューロ.jpg

第2回 フクダ電子アリーナクリテリウム バイクナビグランプリエンデューロ

千葉市の蘇我スポーツ公園を使ったクリテリウム&エンデューロレース 1周回約3kmの完全平坦コースで思いっきり走ってみませんか? 午前にクリテリウム、午後はバイクナビグランプリ2時間エンデューロ レースイベント初めての方にも安心してご参加頂けるようにビギナー講習会を実施。

2018木もれ陽サイクリング.jpg

2018木もれ陽サイクリング

-のんびりと春の風と新緑を満喫してみませんか- 1年で一番サイクリングにで快適な季節、花見川サイクリングコースでは渓谷の緑がきらきら輝いて爽やかな風が吹き抜けています。そんな中を自転車にのってチョット足を伸ばせば佐倉ふるさと広場の風車が出迎えてくれます。スタッフや自転車仲間との交流も楽しいですよ! ゴール地点の佐倉ふるさと広場ではチューリップも見ごろですよ。 「おはよーサイクリング」

a.b.c. cup in 幕張海浜公園 vol.76 ハロウィンスペシャル.jpg

a.b.c. cup in 幕張海浜公園 vol.76 ハロウィンスペシャル

自転車もヘルメットも無料貸出付の手ぶらで参加出来るクラス 『ディーバイク キックス・チャレンジ』 前回大会より開催しておりますが、大変好評でした。 今回も多くの参加をお待ちしております。

第1回 フクダ電子アリーナクリテリウム.jpg

第1回 フクダ電子アリーナクリテリウム

・初開催!千葉市の蘇我スポーツ公園を使ったクリテリウム&エンデューロレース ・はじめての自転車イベントにも最適! ・1周回約3kmの完全平坦コースで思いっきり走ってみませんか? ・午前にクリテリウム、午後は2時間エンデューロ ・レースイベント初めての方にも安心してご参加頂けるように「大磯クリテリウム」を運営する「ウォークライド」さんによるビギナー講習会を無料で実施。 ・そしてステージイベントでは万が一の時に仲間を救うファーストエイド講習会も実施します。こちらも受講無料。

2017木もれ陽サイクリング.jpg

2017木もれ陽サイクリング

稲毛海岸から佐倉ふるさと広場まで -のんびりと5月の風と新緑を満喫してみませんか- 1年で一番サイクリングに快適な5月、花見川サイクリングコースでは渓谷の緑がきらきら輝いて爽やかな風が吹き抜けています。そんな中を自転車にのってチョット足を伸ばせば佐倉ふるさと広場の風車が出迎えてくれます。スタッフや自転車仲間との交流も楽しいですよ!ゴール地点の佐倉ふるさと広場ではチューリップも見ごろですよ。 「おはよーサイクリング」

AEON幕張サイクルフェスタ AEONBIKEエンデューロ2016.jpg

AEON幕張サイクルフェスタ AEONBIKEエンデューロ2016

自転車および自転車レースの普及・促進などを目的とした総合イベント「AEON幕張サイクルフェスタ AEONBIKEエンデューロ2016」を今年も開催します。 これは、健康・エコ・ファッション・・・さまざまな目的から注目を集める自転車のコンテンツをイベントに盛り込みつつ、これまでのどの大会よりも、自転車レース参加へのハードルを低くしたイベントです。 去年の大会では約900名がエントリー、多数の来場者を記録しました。 AEONBIKEが掲げる「楽しく、そして安全に、子供たちに自転車を楽しんでほしい」という考えを大会コンテンツの各所に取り入れ、今年も仲間・家族とチームを組んで走る「2時間・3時間エンデューロ」のほか、中学生の「ジュニアレース」、小学生の「キッズレース」まで、さまざまなカテゴリーを用意して大会を盛り上げていきます。 10月16日(日)は、「幕張で自転車レースデビュー!」を合言葉に、幕張新都心を「サイクルタウン」にします!

2  

1/2ページ(全32件)