タグ「市区町村:奈良県吉野郡」が付けられているもの

1/1ページ(全9件)

奈良吉野MTB4時間エンデューロ.jpg

奈良吉野MTB4時間エンデューロ

エンデューロとは、個人またはチームで、周回コースを規定時間で何周できるかを競う耐久レース。 チーム参加の場合は、メンバーで交代でコースを走行します。交代する場合は、ピットエリアで、自転車のフォークに取り付けた計測タグを付け替えて走行します。チームメンバーが1人1周回以上走れば、走順は問いません、また1人あたりの走行距離の規定はありません。

第16回 ヒルクライム大台ヶ原since2001.JPG

第16回 ヒルクライム大台ヶ原since2001

近畿の屋根と言われる吉野熊野国立公園内に位置する大台ヶ原。その神秘の峰々を望みながら走る「ヒルクライム大台ヶ原」は、距離28km、標高差1240mを競うタイムレース。「上級者向き」、「初心者には敷居が高い」と言われてますが、第1回大会より村民ボランティアによる手作りの大会で、アットホームな雰囲気の中、レース初心者から熟練者までが各々のスタイルで楽しんでおられます。ロードクラス、MTBクラス、チーム(ロード)クラス、親子クラス、カップルクラスに加え、小学校4年生~中学校3年生までの旧「キッズクラス」を「ジュニアクラス」に名称変更し、新たに小学校1年生~3年生までを対象とした「キッズクラス」を新設。また、平均勾配が10‰を超える林道区間に激坂区間賞を設けています。

第14回 山岳グランフォンドin吉野.png

第14回 山岳グランフォンドin吉野

国内屈指の難コース 高低差を含めると表示距離+50km以上の負荷。激しく変わる天候や気温。さらに吉野でしか経験できない急傾斜や滑りやすく荒れた路面は、下りだけでなく、上りでも技術が必要で、単に脚力だけでなく経験値・技術力・判断力など総合的な自分力が要求される非常に難易度の高いコースです。 荒れた路面の区間も多く、過去には複数回のパンクで修理に時間がかかり、残念ながらタイムオーパのためリタイヤされた方も多数います。25C以上の耐パンク性の高いタイヤのご使用を強くお勧めします。

奈良吉野4時間MTBエンデューロ.jpg

奈良吉野4時間MTBエンデューロ

エンデューロとは、個人またはチームで、周回コースを規定時間で何周できるかを競う耐久レース。 チーム参加の場合は、メンバーで交代でコースを走行します。交代する場合は、ピットエリアで、自転車のフォークに取り付けた計測タグを付け替えて走行します。チームメンバーが1人1周回以上走れば、走順は問いません、また1人あたりの走行距離の規定はありません。

第15回 ヒルクライム大台ヶ原since2001.jpg

第15回 ヒルクライム大台ヶ原since2001

国道169号清流橋から小処温泉方面(林道辻堂山線)を経て県道大台ヶ原公園川上線を大台ヶ原駐車場までの登坂コースで行うタイムトライアル。(標高差1,240m、距離28km)(キッズクラスは、小処温泉分岐を経て左又谷までの距離10km・高低差250m) 

第13回 山岳グランフォンドin吉野.jpg

第13回 山岳グランフォンドin吉野

世界遺産に登録され、「吉野・熊野国立公園」内の奥吉野で開催する「山岳グランフォンドin吉野」は、激しく変わる天候や気温に加え、さらに吉野でしか体験できない急傾斜や滑りやすく荒れた路面は、単に脚力だけでなく経験・技術力・判断力など総合的な自分力が要求される非常に難易度の高いコースであり、また、吉野ならではの美しい自然をふんだんに満喫できる素晴らしいサイクリングコースです。 今回も、さまざまな企画を準備しているところです。ぜひ多数のみなさまの挑戦を、お待ちいたしております。

第12回 山岳グランフォンドin吉野.jpg

第12回 山岳グランフォンドin吉野

奈良県、吉野・熊野国立公園は、2004年にユネスコ世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」の中にあります。「山岳グランフォンドin吉野」は、奥吉野の大自然の中を走る長距離サイクリングです。  激しく変わる天候や気温に加え、吉野でしか体験できない急傾斜や、滑りやすく荒れた路面は、単に脚力だけでなく経験・技術力・判断力など総合的な力が要求される、非常に難易度の高いコースであるとともに、世界遺産たる吉野ならではの美しい自然をふんだんに満喫できる、素晴らしいサイクリングイベントでもあります。

1

1/1ページ(全9件)