タグ「市区町村:富山県南砺市」が付けられているもの

1/1ページ(全3件)

南砺城端サイクリング祭「第2回 城端ぐるっとエンジョイサイクリング」~ガイドライドツアー2020~.png

南砺城端サイクリング祭「第2回 城端ぐるっとエンジョイサイクリング」~ガイドライドツアー2020~

2019年6月、富山県南砺市において「南砺城端サイクリング祭・第1回城端ぐるっとエンジョイサイクリング」が、市初めての試みとして開催されました。当初6月15日、16日の二日間開催を予定しておりましたが、二日目16日は折からの荒天により、中止せざるを得ませんでした。が、梅雨の合間を縫って無事開催された15日は、心配された雨にもほとんど降られず、午後には陽の射す時間にも恵まれる中、出走者全員元気にゴールしていただけました。 さて、第2回目を迎える2020年大会。第1回とは若干趣を変え、いくつかの新機軸にチャレンジ致します。 サブタイトルは、~ガイドライドツアー~。 参加者には、第1回大会にも増して、南砺市内の観光を堪能できるサイクリングイベントとなります。 スタートゴールは変わらず城端別院 善徳寺です。今回は、参加者10名を1組とし、10組のチームを作り、その1組ごとにガイドライダーを付けます。コースは約30km~50kmの5タイプを予定しており、それぞれ2チームずつとなります。5タイプあるコースでは、コース上に南砺市厳選の立寄観光スポットを設けます。いくつかの立寄観光スポットでは地元の観光ガイドが参加者の到着を待ち、それぞれで観光案内を繰り広げます。また、エイドステーションとなる市内選りすぐりの飲食店では、地元自慢のグルメを召し上がってゆっくり休憩していただきます。 参加者は、道案内と走行リーダーを勤めるガイドライダーと一緒に走ることで、走行ペースやコースロストの心配なくサイクリングを楽しんでいただけます。 新装なる、南砺城端観光により特化した「第2回城端ぐるっとエンジョイサイクリング」、どうぞご期待ください。

南砺城端サイクリング祭 第1回 隅から隅までずずずいーっとエシカルライド.jpg

南砺城端サイクリング祭 第1回 隅から隅までずずずいーっとエシカルライド

今年スタートの「南砺城端サイクリング祭」。6月には「第1回城端ぐるっとエンジョイサイクリング」をファミリー向けの企画として初開催。そしてこの10月27日には秋の大会として、約100kmを走るロングライド「南砺城端サイクリング祭 隅から隅までずずずいーっとエシカルライド」を実施します。富山県南砺市の豊かな自然や城端伝統の街並み、日本最大級の散居村そして世界遺産・五箇山合掌造り集落を巡るコースを サイクリストの皆さんに思う存分堪能してもらう大会です。また、当大会のタイトルにあるエシカルライドは、これからのサイクルツーリズムに向け、「楽しく走って賢く役立つ」の思いを託したものです。秋の南砺のロングライド、エシカルな走りで更なる達成感を味わってください。

第1回 城端ぐるっとエンジョイサイクリング.jpg

第1回 城端ぐるっとエンジョイサイクリング

南砺城端サイクリング祭は、全国のスポーツサイクリング愛好者たちに富山県南砺市を知ってもらい、サイクリングを通して南砺市の自然やあまたの文化伝統遺産に触れてもらうことを目的として企画されました。 当大会は、6月実施の小学生も参加できるファンライド「城端ぐるっとエンジョイサイクリング」と、10月実施の本格サイクリスト向け「隅から隅までずずずいーっとライド」、対象の違う参加者層を想定した年2回開催の大会です。 両大会とも、実施時には市民協力のもと、善徳寺で「市」を開催したり、善徳寺の宿坊に宿泊してもらうカテゴリーを設けたり、また市民と共に楽しめるエンターテインメントを用意したりと、参加者に南砺市、城端の魅力を自転車を降りた後も存分に体感していただけるよう企画されております。 6月の「城端ぐるっとエンジョイサイクリング」は、散居村をはじめ城端の各地約33kmのコースを二日間走り、(二日間別コース) エイドステーションで地元グルメを味わい、オリジナルスタンプを集めるオリエンテーリングスタイルの大会。有名な神社仏閣や観光地にも立寄りながら楽しめるファンライドです。 また、10月の「隅から隅までずずずいーっとライド」は、善徳寺をスタートし五箇山を巡り南砺市をぐるっと一周する全長約100km、獲得標高約1500mのコースを走る本格的なロングライド。 秋の南砺市の風景を存分に楽しんでいただける大会です。

1

1/1ページ(全3件)