2017年07月開催のイベント一覧

1/2ページ(全22件)

そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2017.jpg

そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2017

今年で5回目となります、真夏のサイクルロードフェスタ。 エンデューロ・ロードレース・新種目グランプリのみならず、サイクルフルマラソンもあります。 1日最大5レース走ることのできる自転車祭り。 暑さに負けず、みんなで袖ケ浦をさらに熱く盛上げよう!

第27回 シマノ・バイカーズフェスティバル.jpg

第27回 シマノ・バイカーズフェスティバル

レース&ツーリングが満載!!ビギナーからベテランまで、誰もが楽しめる2日間! 自然あふれる信州を舞台に繰り広げられる、国内最大級のサイクルスポーツイベント「シマノ・バイカーズフェスティバル」。今年で第27回を迎え、迫力のオフロードレースやバラエティ豊かなツーリングがさらに充実!老若男女を問わずビギナーからベテランライダーまで、誰もが一緒にマウンテンバイクの魅力を満喫できるメニューが勢ぞろいです。 さぁ、ご家族や友人と一緒にあなただけの"感動"を手に入れに行きませんか?

那須高原ロングライド with 那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン2017(第7回 那須高原ロングライド).jpg

那須高原ロングライド with 那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン2017(第7回 那須高原ロングライド)

那須高原ロングライド with 那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン2017(第7回 那須高原ロングライド)開催です!『バイク輸送&前夜祭参加プラン』新登場 !!詳細は後日お知らせします。

チャレンジリーグ'17 サマーエンデューロードinはりちゅう.jpg

チャレンジリーグ‘17 サマーエンデューロードinはりちゅう

新種目に「おためし60分エンデューロ」が登場! 朝一番の爽やかな時間帯に新種目「おためし60分エンデューロ」を行います! リーズナブルな参加費&チャレンジしやすい走行時間ですので、耐久レース初心者の方もぜひお気軽にご参加ください

第14回 山岳グランフォンドin吉野.png

第14回 山岳グランフォンドin吉野

国内屈指の難コース 高低差を含めると表示距離+50km以上の負荷。激しく変わる天候や気温。さらに吉野でしか経験できない急傾斜や滑りやすく荒れた路面は、下りだけでなく、上りでも技術が必要で、単に脚力だけでなく経験値・技術力・判断力など総合的な自分力が要求される非常に難易度の高いコースです。 荒れた路面の区間も多く、過去には複数回のパンクで修理に時間がかかり、残念ながらタイムオーパのためリタイヤされた方も多数います。25C以上の耐パンク性の高いタイヤのご使用を強くお勧めします。

北アルプス山麓グランフォンド2017.jpg

北アルプス山麓グランフォンド2017

■北アルプスの雄大な自然、景観 間近に見える北アルプスの荒々しい山々の姿のほか、仁科三湖(青木湖・中綱湖・木崎湖)や里山風景、田園風景などの見事な景観を楽しみながらサイクリング! ■地域色豊かなおもてなし 大会全体を通じて地域色豊かなおもてなしを企画しております。お楽しみに! ■北アルプスの観光を満喫!

たまライド vol.3 多摩川100K.jpg

たまライド vol.3 多摩川100K

好評の多摩川100K。多摩川を起点に、次々と移り変わる景色、走りやすいコースが人気です。自転車ビギナー、中級者を対象に、ロングライドに強くなる秘訣を学べます。限定20人。10人を1パックとして、2グループで走行。前後にガイドがついて走るので安心です。

飯南ヒルクライム2017.jpg

飯南ヒルクライム2017

中国地方最大級のヒルクライムが誇るコースはハードさが売り。全長は走りごたえ充分の13km、高低差は600m!スタート直後の9%の坂がまずは選手たちをセレクションにかけ、コンスタントに続く5~7%勾配の坂が選手たちの体力・精神力を問う。そしておよそ10km地点を過ぎると、飯南ヒルクライム最大の難所にして最大の勝負どころ荒鹿坂がサイクリストを待ち受ける。この難所を己の限界に打ち勝って克服した者は、ゴール地点で至上の達成感と素晴らしい絶景を味えることを約束します。また、昨年同様、ゴール後全参加者で頓原地区をパレード走行する予定です。

下北半島ロングライド.jpg

下北半島ロングライド

下北半島活性化のスポーツイベントとして、下北に全国の自転車愛好家をお招きして自然と伝統が一体となった下北半島の独自の文化を知っていただき、また地元の皆さんとのふれあいを通じてこの地域の振興に寄与し、合わせて環境にやさしい乗り物自転車を利用して健康増進を図り、スポーツレクレーションの機会を提供することを目的に実施するものです。

第5回 十勝中札内グルメフォンド.jpg

第5回 十勝中札内グルメフォンド

「日本一の食糧基地」 十勝自慢の食、美味しい空気と水。 田園風景を走る、圧倒的スケール感。 5年目の本気。更にヒートアップ! 十勝の縄文から宇宙に向かって! ★125kmコース、新たに「大樹町多目的航空公園SORA」が加わります。 太古の浪漫と宇宙へのロマンをお楽しみください! [お楽しみ抽選会]2018年「美ら島オキナワCenturyRun」、シュガーライド久米島の参加費をプレゼント! 自転車を愛する人たちに囲まれて、夏の十勝で永遠の愛を誓う。 GOURMET fond WEDDING 受付中! [大会スペシャルゲスト] 山本 雅道(元ロードレース日本代表) 益子 直美(元バレーボール日本代表)

HOKKAIDO BIG SKY 2017ぐるっとライド.jpg

HOKKAIDO BIG SKY 2017ぐるっとライド

旭川以北1市3町、4つのエリアを走る道北初のサイクリングイベント 絵本の里剣淵町を出発し、羊のまち士別市、そばの生産日本一の幌加内町、カボチャのまち和寒町をめぐるコース。 農業地帯を走るコースは大きな青空で続いてる・・・。 エイドステーションでは、地域の特産品を楽しめます。 スタート、ゴール地点は映画「じんじん」のロケ地となったレイクサイド桜岡です。

第10回 ツール・ド・宮古島2017.jpg

第10回 ツール・ド・宮古島2017

常夏のスポーツ&リゾート-エコ-アイランド「宮古島」を舞台に開催する「第10回ツール・ド・宮古島2017」。宮古島の美しい大自然の中を、サイクリング&ロードレースで爽快に駈け抜け、感動のゴールがあなたを迎えます!

ニセコクラシック 羊蹄山一周ファンライド.jpg

ニセコクラシック 羊蹄山一周ファンライド

UCI Gran Fondo World Seriesの予選大会として開催されるニセコクラシック。 その前座イベントとして開催されるサイクルイベント「羊蹄山1周ファンライド」 羊蹄山を囲む約58kmを、初心者から上級者まで豊かな自然を感じながら自転車を楽しめるイベントです。

第4回 ニセコクラシック.jpg

第4回 ニセコクラシック

2017年に第4回を迎える、「ニセコクラシックレース」が、UCI(国際自転車競技連合)の傘下にある公認市民レース、「UCI Gran Fondo World Series」(UCIグランフォンドワールドシリーズ)の2年目に突入。北海道・ニセコ地区を世界へ発信いたします。 ニセコの魅力ある自然資源および地域資源を活用したスポーツツーリズムの一環として、本大会を実施する。

越後長岡チャレンジサイクリング 2017.jpg

越後長岡チャレンジサイクリング 2017

中越大震災では長岡地域は多くの被害に見舞われ、中でも山古志地区は全住民避難と言う困難を乗り越えその後、地域住民の強い想いと心の繋がりで復興しました。 長岡・山古志地域に支援を頂いた方々に、少しでも感謝の気持ちと復興の姿を発信出来ればとの思いから私たち「越後長岡チャレンジサイクリング実行委員会」は平成22年に結成し、その年の10月にプレ大会を山古志闘牛場にてメイン会場に山古志・魚沼地域を巡るコースで初開催しました。 昨年2016年7月には第6回開催となる「越後長岡チャレンジサイクリング2016」は、市内、県内は基より北は青森、東は福岡からの参加者1,120名に参加いただきました。 開会式には新潟県副知事 高井盛雄様、長岡市議会議長 関正史様を来賓に迎え、ゲストライダーに、長岡市出身の日本競輪選手会新潟支部所属 女子競輪選手の加瀬加奈子さん、オリンピック三大会連続クロスカントリースキー日本代表選手で現在は日本のMTBトッププロ選手の恩田祐一さんらをお迎えし参加いただき、大会を大いに盛り上げていただきました。 参加者はメインコース100km・ミドルコース70km・ショートコース40km・ファミリーコース10kmの4コースを個人のレベルに合わせ震災復興地域の蓬平・山古志・栃尾・栖吉地域を走るコースにチャレンジして頂きました。 各地域のエイドステーション、長岡市営スキー場特設メイン会場では多くの地域住民やボランティアの方々にご協力頂き運営し、山古志汁・米を使った山古志バーガー・栃尾名物油揚げ・和島のガンジージェラートなど地域色豊かな食のふるまいと販売を行い参加者におもてなしと感謝の気持ちを込めて運営いたしました。 メイン会場では、バトントワリングの子供達の演技と盲目の中学生シンガーソングライター・佐藤ひらりさんのコンサート、地域の特産品や自転車イベントならではの関連商品等が当たる抽選会など参加者以外の一般来場者の方々にも楽しんで頂ける企画を行い、無事閉幕しました。 2017年度はプレ開催から数え8回目の開催となる「越後長岡チャレンジサイクリング2017」でも参加者アンケートの意見を取り入れたコース設定で震災復興13年目の姿を広域で見て・実感して頂きます。 そして今年は、スポーツツーリズムを取入れ「より豊かな地域観光の創造」をテーマに、サイクリングイベントを通じ新しい長岡の魅力を創り出す為に、誇る多種多様な地域の観光資源を顕在化させるといった、"スポーツイベントと観光の魅力化による感動の実現"を地域の方々と協力し、長岡地域の魅力を多くの参加者に伝えられるイベントとして開催致します。

2  

1/2ページ(全22件)