2018年09月開催のイベント一覧

1/2ページ(全22件)

信州なかがわ陣馬形山ヒルクライム.jpg

信州なかがわ陣馬形山ヒルクライム

信州伊那谷の中央に位置する陣馬形山は、天竜川の河岸段丘である伊那谷と、その両側にそびえる中央・南アルプスを一望する展望台である。標高515mの中川文化センターをスタートに、標高1,445mの陣馬形山頂まで一気に駆け上がる全長11.5km、獲得標高930mの坂バカ垂涎のヒルクライムです。

第7回 ツール・ド・ちゃんぽん.jpg

第7回 ツール・ド・ちゃんぽん

2018 第7回 ツール・ド・ちゃんぽんin長崎伊王島 開催決定!! 皆様、お待たせいたしました。 本年もツール・ド・ちゃんぽん in 長崎伊王島の開催が決定いたしました。 本年はサイクリング協会様の全国大会、九州ブロック大会の同時開催となります。 コース詳細などはこれから随時発表していきますので、これから更新を楽しみにお待ちください。

伊豆大島 御神火ライド2018.jpg

伊豆大島 御神火ライド2018

東京都の一番近い島「伊豆大島」を舞台に2回目となるサイクリングイベントです。高速船で最短1時間45分という手軽さながら、三原山等の大自然を満喫し、島のグルメをエイドステーションで楽しめて、アップダウンに富んだコースは走り応えも充分な魅力満載のイベントです。 この機会に、島一にチャレンジしてください!

第9回 信越自然郷・五高原ロングライド サイクリング.jpg

第9回 信越自然郷・五高原ロングライド サイクリング

千年の豊穣の地、信越自然郷を堪能する日本屈指の絶景&難コース。山と湯の神が鎮座する妙高高原、森に妖精が飛ぶ黒姫高原、パワースポット・神々降臨の地・戸隠高原、そして豊穣な農を育む飯綱高原、これら変幻自在の信越五高原を巡るハイレベル・サイクルロード。くいもの、のみものにも驚くなかれ、これぞ信越の豊穣のうまさ。こころも、からだも生まれ変わらぬわけがない。信越自然郷のランドスケープと大地を吹き抜ける風が、あなたの人生に新しい扉を開くにちがいない。

ヒルクライムチャレンジシリーズ2018 第8回 高梁吹屋ふるさと村大会.jpg

ヒルクライムチャレンジシリーズ2018 第8回 高梁吹屋ふるさと村大会

■自然・歴史・文化が融合した 新しいコンセプトのヒルクライムコース 町の中央部南北に高梁川が貫流し、その両側に吉備高原が東西に広がる豊かな自然と、古来「備中の国」として中核を占めていたことによる歴史・文化が残る高梁市ならではのコースです。あえて平均斜度を抑えて、初心者から本格的なサイクリストが楽しめるコースを設定しています。 ゴール付近の吹屋の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、 赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された風景は、選手の達成感をより特別なものにしてくれます。 近くには1909年に建てられた旧吹屋小学校の木造二階建て校舎(現在工事中)もあり、 タイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。

山陰海岸ジオパーク コウノトリチャレンジライド in 但馬2018.jpg

山陰海岸ジオパーク コウノトリチャレンジライド in 但馬

【青い海!緑の高原!グルメ!温泉を楽しむ欲張りツーリング】 コウノトリチャレンジライドは、山陰海岸ジオパークという広範囲な観光資源を全国の皆さんに広く知っていただきその素晴らしさを体感していただく為に2011年に初めて計画されました。 自転車は環境に優しく、風を肌で感じ、美しい海岸線や高原の山々の景色を見ながら、そして通過するまちの魅力や人の触れ合いを感じながら移動できる素晴らしい乗り物です。 多くの方に山陰海岸ジオパークを知っていただき、さらには観光資源に富んだ魅力的なこの地にエコツーリズムや広域観光といった視点で来ていただける大きなきっかけづくりになればと思っております。 また、この大会ではご参加の皆様に地元住民のホスピタリティーをとても高く評価していただき、そこにはたくさんの触れ合いと感動が毎回生まれています。それらがさらなる励みとなって、私達もご参加の皆様との出会いを今年もたいへん楽しみにしています。 全国から多数のご参加をお待ち申し上げています。ふるってご参加下さいませ。

ファンライド鏡野2018.jpg

ファンライド鏡野2018

・順位やタイムを競うレースではありません。多くの仲間と安全にサイクリングを楽しむ大会です。 ・交通規制等は行いません。交通規則を遵守し、マナー重視の走行をお願いします。 ・この大会を通じて、鏡野町は『サイクルリストウェルカムの町』を目指しており、おもてなしの体制を順次整備していきます。

第5回 道の駅グルメライドin中国山地.jpg

第5回 道の駅グルメライドin中国山地

広島県三次市・庄原市、島根県奥出雲町・雲南市・飯南町の2県5市町にまたがる、全長約124kmのアップダウンのあるコース。コース内にある6つの道の駅をサイクリングで巡りながら、中国山地の雄大なコースとグルメをお楽しみください。

みねすとろん 2018.jpg

みねすとろん 2018

秋吉台の雄大な景色やおいしい地元グルメがたっぷり楽しめるみねすとろん。 今年も引き続きハードな坂をご用意しております。 目玉はロングコース終盤に待ち構える「通称:カルストベルグ」と呼ばれる激坂区間! もちろんちょっと緩めなミドルコースもございます。 皆様のご参加をお待ちしています!

ヒルクライム佐久2018.jpg

ヒルクライム佐久2018

全国からの多くの来訪者に、佐久市の緑豊かな自然や健康長寿の里としての気候と風土を肌で感じていただくとともに、地域に人を呼び込み、地域の活性化を促す観光施策の振興を図ることはもとより、恵まれた自然環境を活かしたサイクルスポーツの普及・発展と健康増進を目指し開催いたします。

2018第7回 益田I・NA・KAライド.jpg

2018第7回 益田I・NA・KAライド

100km信号が全くない=100ZEROが自慢の一流の田舎町『益田』を海から山へと自然を満喫しながら優雅にサイクリングを楽しむイベントです。 昨年参加者の100%が感動した萩石見空港滑走路走行を本年も実施し、又、地元の食材を用意した充実のASも好評です。

第1回 相馬復興サイクリング.jpg

第1回 相馬復興サイクリング

震災後7年を経過する今年、福島県浜通りの相馬地方でやサイクリングイベントが産声を上げます。 紳士的な走りで一緒にこの地に暖かく優しい風を巻き起こしましょう!

出雲路センチュリーライド2018.jpg

出雲路センチュリーライド2018

第13回大会となる本年、コースは例年同様で、松江イングリッシュガーデンをスタートし、宍道湖を回り込むようにして奥出雲に向かい、神話の地を走り抜け、中海を経由して日本海沿岸沿いを回って戻ってくるという、まさに出雲路を味わいつくすサイクリングイベントです。 160kmコースながら制限時間は10時間30分と余裕を持って設定されているのが特徴です。今回も斐伊川を遡上して第2チェックポイントまで移動するコースを採用し、より起伏を少なく、快適なファンライドを楽しめるコースを設定。年々「出雲路ファン」が増加中という人気大会。出雲路を満喫できる爽快なコースとなっています。

2  

1/2ページ(全22件)