2019年04月開催のイベント一覧

1/1ページ(全19件)

丹波お花見ライド2019.jpg

丹波お花見ライド

春の丹波路をスポーツバイクで颯爽と走りませんか? 丹波サイクリング協会が主催するアテンドライド 今回は「丹波お花見ライド」と題して丹波のお花見スポットをご案内します。 5~10名程度のグループでスタッフ先導により「スポーツバイクで丹波の春」を楽しむ為のグループライドです♪ 平坦メイン、ゆっくり走るので初心者・初級者の方に最適なライドイベントです♪ また、同じ趣味をもったサイクリスト同士のコミュニティーの創出、及び健康増進にも貢献したいと思っています。

富山湾岸サイクリング2019.jpg

富山湾岸サイクリング2019

『世界で最も美しい湾クラブ~エンジョイ!"湾ダフル"ライド~』 「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟している富山湾。その富山湾の魅力を発信するひとつの手段として、氷見から朝日までの約88キロに及ぶ湾岸沿いにサイクリングコースが整備されています。この風光明媚な富山湾岸サイクリングコースを活用し、春の富山湾の素晴らしさを実感してもらうサイクリング大会を開催します。 5年目となる今大会は、富山市をスタート・ゴールとした4つのコースを設定、参加者の力量に応じて選択することができます。また湾岸沿線の各エイドポイントでは地元の名物などを提供します。 また、昨年より時期が早まったことで、すこし寒い中での開催となりますが桜並木の中を走っていただくコースなどを設定しています。

第13回 ワールドサイクル&ベックオンフェスタ2019.jpg

第13回 ワールドサイクル&ベックオンフェスタ2019

第13回 ワールドサイクルベックオンフェスタ2019 日時は、平成最後となる、平成31年(2019年)4月28日。会場は例年同様滋賀県東近江市のふれあい運動公園です。 レースカテゴリーは、タイムトライアル、トロッフェバラッキ、キッズ、クリテリムです。いよいよディスクブレーキが全面解禁です。

バイシクルライド2019イン東京.jpg

バイシクルライド2019イン東京

2020年東京五輪が開催される東京は、今や国内はおろか世界的にも人気の都市です。2017年、東京を訪れた外国人旅行者は約1,377万人、実に東京都の人口(1,375万人)をも上回る人数です。そんな人気の都市、東京の魅力をふんだんに取り入れたオリジナル・コースを走るのが、バイシクルライド・イン東京です。毎年変わるコースは、国会議事堂、築地市場、豊洲大橋、豊洲市場、月島、東京駅、と今の東京の名所といえるスポットが盛り沢山。知っているようで、実は知らない東京の街を、自転車で走って体験してみませんか。 リピーターも多い今大会は、2019年で17回目の開催を迎えます。家族、友達のグループでの参加も多いです。自転車を会場まで運べない、持っていないという方は、会場でレンタルできるレンタサイクルのサービスもあります。春の一日、みんなで東京の街を楽しみましょう。 「バイシクルライド2019イン東京」は、歴史ある世界有数の都市・東京の街を自転車で走るイベントです。子供から年輩の方まで、どなたでも、どんな自転車でも参加でき、参加費の一部は難病の子供たちの夢をかなえる基金MAWJ(メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン)に寄付されるチャリティ・ライドです。普段は気づかない東京の魅力、自転車の魅力にふれることができます。

第8回 日光白根ヒルクライム.jpg

第8回 日光白根ヒルクライム

~春の目覚めまだ浅い関東以北最高峰の山「日光白根山」の峠を走る自転車大会~ レース初心者もチャレンジ可能、ベテランは上りのテクニックを試せるコース! 1時間以内で完走できる自信があればママチャリでチャレンジ部門にエントリーOK♪

第33回 ツール・ド・八ヶ岳.jpg

第33回 ツール・ド・八ヶ岳

標高2127mの麦草峠でお会いしましょう! 国道299号を駆け上がり、標高2127mの麦草峠(国道標高第2位)を目指す「ツール・ド・八ヶ岳」は距離25km、標高差約1300mを誇る雄大なヒルクライムレースです。 競技種目は男子チャンピオン、一般男子(年齢別)、一般女子(年齢別)、フラットバー(男子)、BICYCLE21杯(体重75kg以上)、距離15kmの男女ハーフコースなどに加え、2019年大会は「電動アシスト自転車」のカテゴリーを新設。全17カテゴリーがあり、ビギナーからベテランまで幅広いライダーが挑戦できる大会です。 雄大な八ヶ岳の峰々、光る残雪、美しい白樺林など風光明媚なロケーションがあなたを待っています。 また、大会前日の4月13日(土)には協賛各社のブースが設営されます。 レースの入賞者にはツール・ド・八ヶ岳名物の豪華賞品が授与されるほか、表彰式後に行われるじゃんけん大会にも豪華賞品が用意されています。皆様のご参加、心よりお待ちしております!

第4回 月夜見サイクルマラソン.png

第4回 月夜見サイクルマラソン

地域の活性化、サイクリストの育成を目的とし、交通アクセスも中央高速上野原ICから30分、都内からも1時間程度の好アクセスのこの地域を大会の主たる舞台として、長寿の村で知られる山梨県上野原市棡原(ゆずりはら)、都下の最高地点から奥多摩周遊道路でもっとも眺めの良い月夜見を周り、上野原市西原にゴールする、ヒルクライムあり、ダウンヒルありのサイクリングイベントです。

桃と桜のサイクリング2019.png

桃と桜のサイクリング2019 ~リニアライドやまなし中央~

やまなしの真ん中、中央市を起点に桃と桜が共演する満開のお花見コースで、ステキな出会いが待っているサイクリングイベントです。 コースは、女性や初心者にもやさしい約52.1km!また、今年からタンデム自転車での参加が可能になりました。 坂道もありますが、地元サポートライダーが皆様をあたたく支援しますので、女性や初心者の方も安心してエントリーしてください。 お昼はTVでもよく紹介される観光農園でバーベキュー、各エイドでも特産品を用意しておもてなしします。 桃や桜の花咲く季節!特色ある5つのエイドで食や眺望、イベントなど山梨の春をお楽しみください。

第12回 ときがわ町サイクルフェスタ.jpg

第12回 ときがわ町サイクルフェスタ

<地元グルメとヒルクライムを楽しもう!> 埼玉のサイクリストのメッカ、白石峠などに挑むコースから、ロードバイクで初めて走る方やシティサイクルで楽しむポタリングコースまで、初心者から上級者まで対応する4つのコースをご用意。この日、特別に頂上ルートを開門する弓立山山頂からは東京スカイツリーや筑波山、赤城山など関東を一望できます。この景色をぜひ多くの方と共有したいです。 地元商店や農家が協力し、地元グルメも提供します。花より団子、ヒルクライムと地元グルメ、たくさんの要素を盛り込んで開催します。 サイクリストに町の魅力をより知っていただき、マナー向上を推進したいと地元有志が始めた大会です。サイクリストとの交流を楽しみに、皆さまをお待ちしています。

咲くライド・さくら市2019.jpg

咲くライド・さくら市2019

「お花見ポタリング!」をテーマにさくら市内の桜スポットをめぐります。 休憩所では地産のグルメを味わいます。女性や小学生でも完走できるポタリング28kmコース(若干の坂道はございます)。中級者以上の方でも満足いただける咲くライド38kmコース。 交通ルール遵守のイベントですので、ゆっくり景色を楽しみながら走行できます。さくら市のお土産、ランチ付きです。 栃木県さくら市が1年で最も輝く季節をみんなでポタリング(自転車散策)しませんか。

若狭路”裏”センチュリーライ”2019 【約80km:裏WCR レインボーライン&エンゼルラインゴリゴリヒルクライム】.jpg

若狭路”裏”センチュリーライド2019 【約80km:裏WCR レインボーライン&エンゼルラインゴリゴリヒルクライム】

『「海」「山」「湖」の風光明媚な自然』『地元特産の食材』、そして何よりも、『普段は自転車では登る事の出来ないレインボーラインを楽しむことが出来る』と、毎年大人気のサイクリングイベントに成長した「若狭路センチュリーライド」ですが、今回新たに、「このフィールド」「内容」に魅力をプラスしたツアーが出来上がりました。その名も「若狭路"裏"センチュリーライド」。イベントでは体感できない新たな感動を思う存分、味わってください!!

2019 BOSOサイクリング.jpg

2019 BOSOサイクリング

距離は45km程度ですので、スポーツ自転車の初心者の方、これからロングライドにチャレンジしてみたい方、子供や女性も楽しめるサイクリングイベントになっています。 毎回コースが違うので、房総半島の色々な景色が楽しめます。 一年を通して自転車に乗れる中房総エリアの春夏秋冬を感じながら思う存分楽しみましょう!

第9回 おかやまエンデューロ(旧おかやま7時間エンデューロ).jpg

第9回 おかやまエンデューロ(旧おかやま7時間エンデューロ)

毎年春に開催している「おかやまエンデューロ」は、今年で9回目を迎えます! レースのカテゴリは6時間・4時間のエンデューロと前回から引き続き『スズカ8時間エンデューロ』でも人気の高いアタック。ソロで、チームで、仮装して、本気で、楽しく走れる様々なカテゴリーをご用意しております。 レース以外にも、新製品や掘り出し物が並ぶサイクルバザールや、豪華賞品をゲットできる抽選会などのサブイベントもボリューム満点!1日中自転車を満喫できるサイクルイベントです!

第9回 R260ロードフェスタ・サイクルマラソン.jpg

第9回 R260ロードフェスタ・サイクルマラソン

R260を取り巻く地域の活性化及び連携つくり。また、自転車によるエコ環境への意識の向上と自転車のマナーアップ。 そして、これらがR260を新しい観光ルートのトライアングルの底辺に結びつくことを願っています。

万田発酵Presents グラン・ツール・せとうち2019.jpg

万田発酵Presents グラン・ツール・せとうち2019

●「サイクリングの聖地」と言われる「瀬戸内しまなみ海道」を満喫! 広島県尾道市から愛媛県今治市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」。 グラン・ツール・せとうちは、この「瀬戸内しまなみ海道」とその周辺をサイクリングで楽しめます。最長コースでは6の島と6つの橋を渡ることができます。橋には、自転車歩行者専用道路が整備され、海峡を自転車で渡ることができる世界的にも珍しいコースです。 ●瀬戸内のおもてなし コース沿線に設けられたエイドステーションでは、地元の方々が参加者のみなさんをおもてなしします。島に暮らす人々との交流もイベントの醍醐味です。

1

1/1ページ(全19件)