• 新潟

2021 新潟ヒルクライム

開催月:

2021 新潟ヒルクライム.jpg

【 エントリーの際のご注意 】 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、新潟県内在住者限定のみエントリー可能です。

開催概要

イベント名称
2021 新潟ヒルクライム
開催期間

2021年9月5日(日)

応募締切り
2021年8月 1日
※募集定員に達し次第締切り
開催地

新潟県

参加資格

・新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、新潟県内在住者限定の開催とします。
・弥彦山スカイラインを完登し、かつ、安全に下山できる、小学生以上の者。(年齢区分は令和3年9月5日現在の満年齢・学年による)
・なお、競技参加選手は90分以内、ファンライド参加選手は150分以内に完登できないと審判長が判断した場合は、タイムアウトを宣告し、収容車に乗車していただく場合がある。
・使用する自転車・機材については、大会規則において別に定める。

開催種目・コース

【種目:競技(時間計測あり。表彰対象)】
カテゴリー
1)男性ロードA(ロードバイク・高校生以上29歳以下)
2)男性ロードB(ロードバイク・30歳以上39歳以下)
3)男性ロードC(ロードバイク・40歳以上49歳以下)
4)男性ロードD(ロードバイク・50歳以上59歳以下)
5)男性ロードE(ロードバイク・60歳以上)
6)男性ロードF(ロードバイク・中学生)
7)女性ロードA(ロードバイク・中学生以上39歳以下)
8)女性ロードB(ロードバイク・40歳以上)
9)小学生(高学年)(車種区分なし・性別区分なし・小学4年生~6年生)
10)小学生(低学年)(車種区分なし・性別区分なし・小学1年生~3年生)
11)フリー(ATB・ファットバイク・タンデム・ママチャリ・リカンベント等の、「本大会規則1.車両規制」に規定するロードバイク以外(性別区分なし・中学生以上))
12)小学生+伴走者
伴走者は(小学生参加者(上記(9)、(10))の伴走をする保護者等。タイム計測は行わず、表彰対象外(参加賞は除く)。提供されるサービスは、「本大会規則5.参加者へのサービス」のとおり)

【種目:ファンライド(時間計測なし。表彰非対象)】
・カテゴリーは設けません。
・ロードバイクのほか、ATB・ファットバイク・タンデム・ママチャリ・リカンベント等の,「本大会規則1.車両規制」に規定するロードバイク以外でも参加可能。e-BIKE 、電動アシスト車の参加も認める。
・運営管理上、計測チップを装着します。

※車種区分は「本大会規則1.車両規制」による(競技、ファンライド共通)
※未成年者の参加については、親権者の同意が必要。

▪コースの特徴
ヒルクライム競技、ファンライド共通
<中学生以上>
コース総長:約7.6km・獲得標高差:約520m・平均勾配:約5.5%(いわむろや付近~弥彦スカイライン間瀬口~だいろ坂~弥彦山山頂駐車場手前)

<小学生>
コース総長:約5.3km・獲得標高差:約420m・平均勾配:約7.9%(弥彦スカイライン間瀬口~だいろ坂~弥彦山山頂駐車場手前)

詳細・スケジュール

参加料

3,500円~12,000円

参加定員

[種目]350人(カテゴリー別の定員は設けません。)
[ファンライド]50人
※定員になり次第、締め切り

集合場所

新潟県新潟市西蒲区岩室温泉96番地1
岩室観光施設「いわむろや」(受付)

受付・開催スケジュール

6:30~7:30 参加者受付(いわむろや前)
7:50    スタート地点へ移動開始
8:00~8:30 スタート
※受付時間スタート時間は、居住地やゼッケン番号等によりグルーピングされ、異なる。申込者宛に後日通知するので、各自確認し、指定された受付時間を厳守すること。
11:00    競技終了 いわむろやまで下山開始
※下山終了後いわむろやにて昼食、預け荷物受け取り後解散

応募方法

スポーツエントリーのWebサイトからお申し込みください。
SPORT ENTRY

注意事項

1.車両規制
(1)前後にブレーキ、後輪にフリーホイールを装着した自転車であること。(固定ギア装着車での参加は認めない。)
(2)集団スタートのためハンドルバーのアタッチメンントの使用は認めない。(DHポジションでの走行不可)ただし、フラットバー装着車へのバーエンドバー装着は認める。
(3)ヒルクライム競技のクラスはe-BIKE、電動アシスト車での競技参加は認めない。ただし、ファンライド参加者および小学生の伴走者については使用を認める。

2.注意事項
(1)参加者受付が早朝からの時間となっているため、会場に向かう際には騒音を出さないなど、周囲に配慮し行動すること。
(2)受付会場からスタート地点へは、役員の指示に従いゆっくり自走で移動すること。
(3)検車は行わないが、使用する自転車には事前に必要十分な整備を行うこと。また、ヘルメット(布・皮革等製のカスクは不可)、グローブを適正に装着し、自己と他の参加者の安全を確保し得る服装・装備をすること。
(4)競技役員からスタート前に自転車の整備不良や服装・ヘルメット等の装備不良を指摘されたにもかかわらず是正されない場合は、スタートを認めない或いは失格としてレースから除外する場合がある。
(5)上記車両規制および下記申込規約に違反して競技に参加した場合は、競技が終了した後であっても失格を宣言し、記録を取消す場合がある。
(6)参加者・スタッフの安全を確保するため、当日の天候やコースの状況および関係諸機関の命令・勧告によっては主催者の決定によりレースの中止、中断、縮小等をする場合がある。
(7)本大会では参加者を被保険者として傷害保険に加入する。  大会参加中に転倒・衝突等の事故、怪我、その他により走行を中断した場合(一時中断を含む)は、必ず役員に届け出ること。
 ・死亡、後遺障害 5,000,000円(限度額)
 ・入院(日額) 5,000円
 ・通院(日額) 3,000円
 ・病気や自転車・用品の破損・紛失・盗難は保障対象外
※保険金の支払いに関して必要があるため、転倒・落車、参加者同士の衝突、大会関係車両や一般交通車両および歩行者との衝突等の事故が発生した場合は、速やかに役員に連絡し、状況を説明してください。
(8)本大会のコースは、佐渡弥彦国定公園区域を含むので、自然保護の観点からも会場周辺やコース途中でゴミや不要となったボトル等を投げ捨てたり、大会会場およびコース周辺の動植物を傷つけたりしないこと。
(9)競技途中でリタイアした場合及び審判員よりタイムアウトを宣告された場合は、その場のコース脇に留まり、最寄りの役員に申し出て収容車を待つこと。自己の判断で下山を開始しないこと。
(10)下山は、フィニッシュ後、山頂駐車場で適宜休憩後、スタッフの指示に従いながら、各自でコースを逆走(左側走行遵守)すること。
(フィニッシュライン等途中で留まることは禁止)
(11)事前に郵送されたゼッケン・計測チップは、参加者各自の責任においてしっかり装着すること。(ゼッケンは右腰に安全ピン4本で確実に止めること。計測チップはフロントフォークに固定し、周囲にカメラや携帯電話などタイム計測に支障をきたすものを装着しないこと。)
(12)本大会のタイム計測・記録の発表について、計測機材の故障、スタッフの過誤を理由として実行委員会が訂正する場合を除き、参加者の自己計測結果を根拠とする訂正には応じない。

▪新型コロナウイルス感染拡大予防対策
(1)次の事項に該当する場合は、自主的に参加を見合わせること。
(ア)体調がよくない場合(発熱、咳、咽頭痛などの症状がある場合)
(イ)同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
(ウ)過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航または当該在住者との濃厚接触がある場合
(2)大会当日、事前に郵送された「体調確認票」に記入のうえ、受付に提出すること。
(3)各自でマスクを持参し、競技や練習を行っていない際や会話をする際にはマスクを着用すること
(4)参加する前に、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストールするなどの通知サービスの活用を推奨する。
(5)こまめな手洗い、手指消毒を実施すること。
(6)他の参加者や応援者、大会スタッフ等との距離(できるだけ2mを目安に(最低1m))を確保すること。(競技中の追い抜き及び障がい者の誘導や介助を行う場合を除く。)
(7)緊急時を除き、大きな声での会話や応援はしないこと。
(8)競技中や練習中においても、咳エチケットを守り、つばやたんを吐かないこと。
(9)タオルの共用はしないこと。
(10)トイレや手洗い場所での手洗い後に使用するマイタオルを各自で持参すること。
(11)更衣室、屋内の休憩・待機スペースについて、密集を避けるため、一度に入室できる数を制限する場合がある。
(12)飲食を行う場合は、手洗い・手指消毒をした上で、周囲の人となるべく距離をとって対面を避け、会話は控えめにし、咳エチケットを徹底すること。(会話をする際はマスク着用)また、取り分けや回し飲みはしないこと。
(13)飲みきれなかったスポーツドリンク等は手洗い場等の指定場所以外には捨てないこと。
(14)ごみは各自で持ち帰ること。
(15)感染防止のために主催者が定めたその他の措置を遵守し、指示に従うこと。
(16)大会終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、主催者に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告すること。
(17)大会前後のミーティングにおいても、三つの密(密閉、密集、密接)を避けること。
(18)大会前後での懇親会の開催を控えること。

オフィシャル情報