「ヒルクライム」のサイクリングイベント情報(新着順)

  

1/45ページ(全448件)

信州高山ヒルクライムチャレンジ2021.JPG

信州高山ヒルクライムチャレンジ2021

昔、善行寺から草津を経て江戸へ行く街道が通っていた高山村。 そんなことを知ってか知らずか、長野県・群馬県にまたがる上信越高原国立公園の大自然に向かって延々と続く上り坂で寡黙にペダルを漕ぐ自転車乗りが増えています。 そんな知る人ぞ知る高山村での、全長20km超、標高差1300mの本格的ヒルクライムレースにぜひチャレンジしてみてください。 レース後も楽しい。8つの源泉の異なる温泉に浸かり、こちらも最近人気が上がっている、知る人ぞ知る高山村産ワインを楽しむのも乙。 高山村のヒルクライムでコロナ禍の鬱憤を晴らし心身ともに癒してください。 (コロナ対策を十分に行います。)

     

第8回 伊勢志摩スカイラインヒルクライムレース.jpg

第8回 伊勢志摩スカイラインヒルクライムレース

世界に誇れる自然環境の良さや、その恩恵を受けている食や文化、伝統などの素晴らしさを、大会を通じて全国へと発信すること。 そして人々の関心を伊勢志摩に集め、より多くの方々が伊勢志摩を訪れてくれることを目指しています。 またエコで健康的な乗り物としての自転車への関心を高めることで、自然環境や健康への意識の向上につなげ、自然を優先した交通網の整備や交通安全への取り組みの足掛かりにつなげていきます。

  

志賀高原ヒルクライム2021.jpg

志賀高原ヒルクライム2021

今年もシガヒルの季節がやってきた。 国道最高峰地点「渋峠」を目指したヒルクライムレース。 サイクリストなら誰もが耳にしたことある場所であり、ヒルクライマーの聖地とも言えるこの場所。 舞台となる志賀高原は、ゴールまでの13キロの中で地帯・林間・白樺・野原・山頂と標高ごとに様々な顔を見せてくれます。 国道292号線を封鎖し、頂上の渋峠までのヒルクライムレースという最高の舞台を用意しました。 自然豊かな志賀高原を走り、国道最高峰の「渋峠」に向けてこの日だけのレースをお楽しみください。 また宿泊地となる渋温泉郷や志賀高原リゾートではおいしい食べ物も沢山。 温泉で疲れたカラダを癒せる最高のロケーションをご用意。見どころ満載!

  

乗鞍ヒルクライム2021.jpg

乗鞍ヒルクライム2021

空に一番近いバイシクルロード・乗鞍エコーラインを会場とする「乗鞍ヒルクライム」。 ゴール地点の標高は2,720m、自転車レースとしては国内最高所を走る大会であり、ヒルクライムの醍醐味と自然豊かで雄大な乗鞍高原を国内外からの来訪者に感じていただき、自転車レースを通じ乗鞍高原および松本市を広く発信するとともに地域の活力向上を目指すものです。

  

やまなみ街道クライムライド 2021.jpg

やまなみ街道クライムライド 2021

自転車というツールを活かし、中国地方広域サイクリングコース「やまなみ街道(島根側)」、三瓶山周回道路周辺の山岳路という2つのヒルクライムコースと、江ノ川の景観が素晴らしい375号線などを夏の暑さの中、一気に走破するヒルクライムサイクリング。 夏の地産食材を使ったグルメを堪能しつつ、酷暑の中、クライマーの限界に挑戦する大会。同時に、沿道の地域住民との交流を図る。合わせて同伴家族に向けた夏のアクティビティやグルメ、温泉、などをアピールし、飯南町の交流人口の増加とやまなみ街道サイクリングの認知向上、飯南町サイクリング事業、観光振興の発展に貢献する。

  

ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2021.jpg

ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2021

このイベントは終了しています。

ヒルクライムレースの魅力が凝縮された本大会コースと自然豊かで雄大な美ヶ原高原を国内外からの来訪者に感じていただき、自転車レースを通じ松本市およびスタート会場の浅間温泉を広く発信するとともに、地域住民参画型の事業実施による地域活性化と活力向上を目指すものです。

  

旭ヶ丘ヒルクライムアタック2021.jpg

旭ヶ丘ヒルクライムアタック2021

北海道の雄大な自然を感じながら行われるヒルクライムレース。 規制された道路を駆け上がり最速でFinishラインを通過した者が栄冠に輝く。 全長5.0km 獲得標高260m 最大勾配11%超 短く厳しい戦いのなか最速に山頂にたどり着くのはだれだ!! (今回は新型コロナウィルス感染症対策のため、一斉スタートから10名ごとのグループ出走へ変更するほか、チップ計測からビデオ計測へ変更いたします。)

  

熊本地震復興祈念 阿蘇パノラマラインヒルクライム 2021.png

熊本地震復興祈念 阿蘇パノラマラインヒルクライム 2021

このイベントは終了しています。

全国からたくさんのエールをいただいたこと、改めて感謝申し上げます。 熊本地震でアクセスルートが崩壊、爪痕はとても大きいものでしたが、昨年、「JR豊肥線」「国道57号線」「二重の峠トンネル」が開通! そして3月には「新阿蘇大橋」が完成します! アクセスが飛躍的に改善し、阿蘇がもっと早く、もっと近くなりました。 全世界でコロナが猛威を振るっていますが、皆さまをお迎え準備は怠りません。 本大会では最大限のコロナ対策を実施、皆さまをお迎えしたい思い一心です。 この時期は草原絨毯が広がります。 ココロにエネルギーを。 さぁ雄大な阿蘇を走り抜けよう!

  

1/45ページ(全448件)